このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu

Ridoc Document Router 入力支援オプション
(本製品は生産終了しております)

「Redoc Document Router」に入力支援オプションをアドオン。
文書の電子化・配信をますます効率化する便利な機能が活用できます。

「Ridoc Document Router入力支援オプション」は、シートやOCRフォームを使用して、大量の紙文書の電子化・配信、ペーパーレスFAXの運用などを、より効率的に行なうための機能です。たとえば、「あて先指定配信シート」により指定したあて先へ文書を振り分けて一度に送信が可能。「分割/仕切り配信シート」では、複数枚の文書を指定の枚数・場所で分割して配信できます。また「OCRフォーム」を使用すれば、検索用のタイトルやキーワードを抽出しながら文書の電子化が行なえます。さらに、お客様の業務に合わせて、これらの機能を組み合わせて活用することも可能です。

紙文書電子化の悩み

『大量文書を一度に電子化すると、PC上での仕分けが大変。
 しかし、1文書ごとに分割して電子化するのは、もっと大変。』

入力支援オプションで解決!

分割配信シート *や仕切り配信シート *により、
指定の枚数や任意の場所で分割しながら一気に電子化できます。

■分割配信シート

アンケートや契約書など1文書が一定の枚数で決まっている場合、分割配信シートに、その枚数をマークすることで、大量文書を自動的に分割して電子化できます。

例:2枚分割の場合

例:2枚分割の場合

■仕切り配信シート

1文書が一定の枚数ではなく、任意の場所で分割して電子化したい場合に使用。仕切り配信シートを文書に挿入することで、希望の場所で自動的に分割して電子化できます。

例:1枚/3枚で分割

例:1枚/3枚で分割

[ 活用のPOINT! ]

例えば、契約書、アンケート、申込書などの書類、配送伝票などの定型帳票の電子化に便利です。
  • *専用シートとなります。
 

ペーパーレスFAXの悩み

『受信文書を出力しないため用紙代は削減した。
しかし、振り分けオペレーターの人件費が必要。
担当者に自動配信できないだろうか?』

入力支援オプションで解決!

送信者があて先指定配信シート *で送りたい相手を指定。
 受信したFAX文書は自動的に振り分けられ、担当者に配信されます。

■あて先指定配信シート

送信者が、あて先指定配信シートでマークしたあて先へ、FAX文書を一度に配信することが可能。従来のように振り分けオペレーターが必要なく、TSI(発信元情報)やFコードによる振り分け設定も不要。ペーパーレスFAXシステム運用の経費削減、業務の効率化を実現します。

あて先指定配信シート

[ 活用のPOINT! ]
例えば、FAXによる受注業務が多い製造業、卸売業などで活用できます。
  • *専用シートとなります。
 

タイトル/キーワード登録の悩み

『紙文書を簡単に電子化できるようになったが、検索用の文書名、
 キーワードの入力は大変。自動的に抽出できないか?』

入力支援オプションで解決!

事前に設定した領域をOCR *1 。文書名やキーワードなど、
 検索したい項目の情報が自動的に登録できます。

■OCRフォーム *2

Ridoc Document Server/Ridoc Document Server Epの指定の文書タイプの検索事項に、指定した領域のOCR結果を自動的に登録できます。また、他のデータベースと連携させる場合は、OCR結果をCSVファイルに書き出すことができます。

OCRフォーム

[ 活用のPOINT! ]
例えば、仕様書、企画書、案内文書等の定型フォームを使用した書類や帳票の電子化に便利です。
  • *1活字のみの対応となります。 *2 用紙サイズは、A3(600dpiまで)です。

ページトップへ