このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu

Ridoc Document Server Ep
Version2/Version2タイプH (本製品は生産終了しております)

Ridoc Document Server Ep

内部統制にも役立つ全社的な文書の管理・共有環境を実現。
多彩な文書管理機能、高信頼性を備えたドキュメント管理システムです。

「Ridoc Document Server Ep」は、大規模なネットワークシステムにおける大量のドキュメントを蓄積・管理し、スムーズな共有環境を実現する統合文書管理システムです。最大1,500万文書 *という圧倒的な管理ボリュームと情報資産の有効活用を実現する優れた検索・管理機能、きめ細かなセキュリティ機能を装備。複数サーバー連携でのさらなる安定稼動、遠隔地との共有環境も実現可能。全社的な文書活用による業務の効率化、TCO 削減を推進します。さらに高度な文書管理機能で内部統制にも役立ちます。
  • *:「Ridoc Document Server Ep Version2 タイプH」の場合。

内部統制における運用イメージ

  • RidocエージェントエグゼをインストールするPCには、あらかじめRidoc Deskがインストールされている必要があります。
  • imagioエージェントスキャンからスキャンデータの登録を行なう場合は、事前にRidoc Document Server Epにスキャンデータの保存先となるキャビネット、フォルダを作成しておく必要があります。また、各キャビネットごとに文書タイプを設定しておく必要があります。

リコーが培った文書管理のノウハウと経験を活かし、
「Ridoc Document Server Ep」をベースに内部統制の強化をサポートします。

金融商品取引法(J-SOX 法)の施行やコンプライアンスの重視、ステークホルダーへの説明責任の高まりなど、内部統制の強化は、いま企業にとって避けられない重要な課題になっています。
リコーは、グローバル企業として早くから米国版SOX 法への対応をはじめ、グループ全体で内部統制整備を推進。「Ridoc Document Server Ep」は、これらの豊富なノウハウと経験を活かし、「Ridoc Document System」の各製品やデジタル複合機との優れた連携機能で、お客様の内部統制強化に最適な文書管理ソリューションを提供します。
例えば、内部統制基本三文書の一元管理により、業務の標準化、可視化など内部統制を支援し、企業の体質強化、価値向上に大きく貢献します。

内部統制整備の流れ

購入をご検討中のお客様へ

Ridoc Document Server Ep をご利用のお客様へ

関連製品

ページトップへ