このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地

Share

ここから本文です

CSエピソード ~お客様との成長日記~

私たちは、相手の立場に立って考え、行動する「お役立ち精神」でお客様に対応しています。
お客様の声に真摯に耳を傾け、お客様の状況を正確に把握し、お客様の立場で考え行動する。その結果お客様に満足していただけることが私たちの喜びです。お客様からいただいた声は、私たちの気づきになり、成長の糧となります。そして、私たちがお役に立てたかどうか評価していただくのはお客様です。
私たちはまだ成長の途中です。ここでは、全国で奮闘しながら成長していく社員のエピソードをご紹介いたします。

エピソード「お客様とともに新たな価値を生みだす」 NEW

自分自身の仕事にやりがいを持って取り組んでいる営業の井上。
あるお客様との出会いにより、彼女に新たな気持ちが芽生えた。
その出会いで彼女が手に入れたものとは・・・

エピソード「お客様との心のキャッチボール」

ダイレクトマーケティングセンターで働く大島は電話を通じてお客様に情報提供やご提案を行っている。
そんな彼が、ある出来事をきっかけに大きな転機を迎えることに・・・。
それは「お客様と心で向き合う」ことでした。

エピソード「壁を乗り越えた先にあるもの」

請求業務を担当する佐藤。
彼女がお客様と直接向き合うことで見えてきたもの。
それは、お客様の「本当の課題」でした。

エピソード「チームだから届けられる価値がある」

複合機やプリンターの運用・管理を担う藤岡、営業担当の池田、メンテナンス担当の黒澤。異なる役割を担うさまざまな社員が部門の枠を越えて協力し、お客様の業務を改善。チーム一丸となってお客様に向かうことの大切さを学びました。

エピソード「お客様と向き合うことで気付いた大切なこと」

アカウント・サポート・コンシェルジュとして働く前田は、あるお客様の一言をきっかけに自分自身の「本当の仕事」に気付かされ、単なる製品説明ではない「お客様価値」を追求した説明を日々実践しています。

エピソード「お客様に“パートナー”として認めていただいた瞬間」

営業の難しさを感じていた井上は、日々の訪問活動を通じて、「お客様を知り、お困りごとを共有し、それを解決すること」が自分の仕事であることに気づき、お客様から“パートナー”として認められるようになりました。

エピソード「あらためて感じた、お客様の立場で考えることの大切さ」

機器のメンテナンスなどを担当しているカスタマーエンジニアの村上は、お客様と接していく中で、「お客様の立場で考えることの大切さ」をあらためて教えていただきました。

エピソード「お客様に気づかせていただいたひとこと」

機器の修理受付を行っているリコーテクニカルコールセンターの吉田は、「お客様の立場で考え、お客様の心を感じる応対」を心掛けるようになるきっかけをお客様からいただきました。