「お客様に“パートナー”として認めていただいた瞬間」

営業の難しさを感じていた井上は、日々の訪問活動を通じて、「お客様を知り、お困りごとを共有し、それを解決すること」が自分の仕事であることに気づき、お客様から“パートナー”として認められるようになりました。