このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
ここから本文です

「お客様の声」からの改善事例 2

プリンタードライバーをダウンロードしたいが、どのOSバージョンを選べばいいかわからない【「お客様のご利用OS」の自動表示機能】

お客様の声

  • パソコンを入れ替えた。ホームページからプリンタードライバーをダウンロードしたいが、どのOSのものを選べばいいのかわからない。
  • プリンタードライバーをインストールする際、「ランゲージモニターの導入に失敗しました」というエラー表示(注)が出る。

改善内容

ご利用パソコンのOSバージョンに対応したプリンタードライバーのリンクを自動表示、推奨ドライバーを迷わずダウンロードできるようにしました【「お客様のご利用OS」の自動表示機能】

プリンタードライバーのリンクを自動表示、推奨ドライバーを迷わずダウンロードできる「お客様のご利用OS」の自動表示機能を、2014年1月から弊社プリンタードライバーのダウンロードページで提供開始いたしました。

改善機能のご紹介

「お客様のご利用OS」の自動表示

プリンタードライバーのダウンロード画面を閲覧しているパソコンのOSバージョンが自動的に認識され、画面上に対応ドライバーのリンクとともに表示されます。

「お客様のご利用OS」の自動識別表示は、Microsoft Internet Explorerでのみ表示されます。

お客様のメリット

利用しているパソコンのOSバージョンを確認する手間が省け、自動表示された対応ドライバーのリンクをクリックするだけで、適切なドライバーを迷わずにダウンロードできます。また異なるOSのドライバーをインストールし、エラー(注)になることもなくなります。

(注)
「ランゲージモニターの導入に失敗しました」というエラー表示についてMicrosoft Windows XP 以降のパソコンをお使いの場合で、OSバージョンに合わないプリンタードライバーをインストールすると、このエラーが表示されることがあります。詳細についてはこちらをご覧ください。