このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
ここから本文です

CSRの考え方

リコージャパンは、地球・社会の持続的発展と自社の成長を目指し、社会的責任経営を実践しています。

リコーグループの経営理念やCSR憲章、行動規範にもとづき、誠実な企業活動、環境との調和、人間尊重、社会との調和の4分野を中心に、活動を推進しています。

企業行動のフレームワーク

リコージャパンのCSR活動は、リコーウェイを理念とした、グループ・グローバル共有の行動原則である、「リコーグループCSR憲章」と、「リコーグループ行動規範」がベースとなっています。

企業行動のフレームワーク

リコーグループCSR憲章

リコーグループは、社会から成長・発展を望まれる企業となり、経営のあらゆる側面から、グローバルな視点で「企業の社会に対する責任」(CSR)を果たすために、右の原則にもとづいて、各国の法令、国際ルールおよびその精神を理解し遵守するとともに、社会的良識をもって行動します。

誠実な企業活動

  1. リコーグループの各企業は、品質・安全・情報セキュリティ・信頼性を確保し、環境への配慮および使いやすさを追求した、世の中に有用な商品・サービスを、開発し提供する。
  2. リコーグループの各企業は、公正、透明、自由な競争を行うとともに、政治、行政、市民、及び団体とは、健全かつ正常な関係を維持する。
  3. リコーグループの各企業は、自社の情報およびお客様の情報の適正な管理と保護を徹底する。

環境との調和

  1. リコーグループの各企業は、環境保全を地球市民としての責務として受け止め、自主的、かつ積極的に取り組む。
  2. リコーグループの各企業は、環境に配慮した技術革新の推進と、環境保全の継続的な活動に全員参加で取り組む。

人間尊重

  1. リコーグループの各企業は、リコーグループの企業活動に関わるすべての人々の、安全で働きやすい職場環境を確保するとともに、すべての社員の、自主性と創造性の発揮できる豊かな個性を尊重する。
  2. リコーグループの各企業は、関係するすべての人々の人権を尊重し、また社内における差別のない明るい職場づくりを目指す。
  3. リコーグループの各企業は、強制労働・児童労働を認めず、人権侵害に加担しない。

社会との調和

  1. リコーグループの各企業は、「良き企業市民」として、積極的に社会貢献活動を行う。
  2. リコーグループの各企業は、国または地域の文化や習慣を尊重し、その発展に貢献する経営を行う。
  3. リコーグループの各企業は、広く社会とのコミュニケーションを行い、企業情報を積極的、かつ適切・公正に開示する。

CSRのフレームワーク

CSRの取り組みは「社会に対する基本的な責任」を果たす領域と、グローバルな社会課題に対して「“意志と責任”をもった社会貢献活動」と「事業活動を通じた社会的課題解決への貢献(CSV:Creating Shared Value)」の3つの領域を明示し、それぞれの領域を深化させていくことで、持続可能な社会と企業の成長を目指しています。

CSRのフレームワーク

リコーグループのマテリアリティ(重要社会課題)

リコーグループは、リコーウェイと経営戦略にもとづいて事業で取り組む5つのマテリアリティを設定しました。広く社会の課題に目を向け、新しい市場や提供価値を生み出すことが、社会の発展とリコーグループの成長につながります。

リコーグループは、持続可能な経済(Prosperity)、持続可能な社会(People)、持続可能な地球環境(Planet)の3つのPのバランスが保たれた社会(Three Ps Balance)を目指すべき社会として定義しています。Three Ps Balanceにおける5つの重要社会課題とSDGsの位置づけは下図のとおりです。

国連が2015年に採択したSustainable Development Goals(持続可能な開発目標)の略

SDGs

CSRの社内外への展開

リコージャパンは、OCeaN戦略の基盤を確固たるものにするため、CSRに取り組んでいます。

社員へ啓発・浸透を図るために新入社員には集合教育を実施。また、eラーニングや毎月のCSR-Weekセルフチェックなどを活用したり、取り組みを社内イントラネットで報告・共有することで全体のレベルアップにつなげています。

さらに、自分たちの実践事例を提供し、お客様の経営課題を解決するお手伝いをすることで、お役立ちをしようとしています。そこで、社員が自分たちのCSRの取り組みをお客様にお伝えできるよう、全国でCSR報告書をもとにした勉強会を実施しています。受講者数は全国で合計約2,300名(2017年5月現在)になり、社員が自社の取り組みを知るよい機会となりました。受講者からは「自分自身の理解が深まった」「世の中のためになる会社としての視点を大切にしたい」といった声が聞かれ、営業活動のなかでお客様へ取り組みを伝えています。

生物多様性保全活動では、社員はもとよりお客様や地域の方にも活動を広げています。また、東北の復興応援物産展や熊本のお菓子販売会などの企画を通じて、現地への支援の環を社会に広げています。外部団体への参加や積極的なベンチマーキング対応、セミナーでの講演や情報交換会の開催など、交流を活発化することで社外にも広がりが出てきています。

CSR勉強会の様子