このページの本文へこのサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
ここから本文です

ニュースリリース

リコージャパン、福島県田村市都路地区で復興支援活動を実施

~ 2015年は子どもを主役に、地域を元気に~

2015年12月24日
リコージャパン株式会社

リコージャパン株式会社(社長執行役員:佐藤邦彦)は、社員で構成した『RICOH JAPAN Volunteer Team』による東日本大震災の復興支援活動の一環として、2015年12月4日から6日の3日間、福島県田村市都路(みやこじ)地区において地域のコミュニティの再生支援活動を実施しました。この活動は、昨年から数えて8回目となり、参加した社員ボランティア(事務局含む)は延べ100名となります。

福島県田村市都路地区東部は、2014年4月に福島第一原発の20km圏内で初めて避難指示が解除された地域です。田村市から委託(事業名:田村市復興応援隊事業)を受けて都路地区の自立再生を支援する特定非営利活動法人コースター(代表理事:岩崎大樹氏)とともに、2014年は7月から12月まで4回にわたって、地域住民の方々と地域の自然・行事・食文化等を介した交流を通して、地域コミュニティの再生を支援してきました。そして2015年は住民の方々と田村市復興応援隊との三者で「Team 都路 2015」を結成し、地域の魅力や先人の知恵を次世代に伝承することでコミュニティの活性化を図ることを目的に、田村市内の小中学生を対象として「都路ふるさと塾」と称した活動を行ってきました。

「都路ふるさと塾」の活動は、2015年6月の第1回目では座学と畑作業を通して、子どもたちに里山と農業の魅力を伝え、8月の第2回目では地域の祭りで郷土料理の紹介とリコーの紙アプリを出展して祭りを盛り上げました。10月の第3回目には子どもたちと住民と一緒になって都路地区の郷土料理づくりを行ってきました。そして12月の第4回目は、子どもたちに地域の食と昔ながらの遊びを伝え、地域に愛着をもってもらうことを目的に活動を行いました。市内の小中学校へチラシを配布し参加を呼び掛けたところ、29名もの子どもたちが集まりました。子どもたちは大豆に関する知識を学んでから豆腐づくりを体験し、しめ縄やうぐいす笛、焼き芋づくりも興味津々で取り組みました。「難が転じて 苦難が去る」といわれる縁起物の『九猿(くさる)』も教わりながら真剣になって作りました。終了後は子どもたちから「楽しかった」「面白かった」「貴重な経験ができた」という感想を聞くことができました。また、昨年は都路地区の景色や行事の写真を題材に選び、今年は子どもたちが夏休みの宿題として描いた絵を題材にしたカレンダーを制作し、都路地区の全世帯に配布しました。これは住民の方々が集まる拠点にも掲示されています。あわせて郷土料理を中心としたレシピカードを作成し、多くの人に広めてもらうため商店などに配布しました。

共に取り組んだ田村市復興応援隊によると、これまでの計8回の活動を通して、住民の方々と地域の行事の実施や食文化の伝承などさまざまな交流をしてきた結果、この活動に関わった住民の方々が元気になり、徐々に前向きに行動するようになってきたということです。

リコージャパンでは、これまでも東日本大震災の復興支援活動として、『RICOH JAPAN Volunteer Team』を結成し、宮城県石巻市で計15回にわたり、漁業活動の支援を中心に活動してまいりました。また、岩手、宮城、福島の被災三県の産業復興を応援する物産展をグループで計24回開催しています。甚大な被害をもたらした東日本大震災から5年が経過しようとしていますが、被災地の復興はまだ道半ばという認識のもと、リコージャパンは今後も復興支援活動を継続的に実施していく予定です。

豆腐づくりに興味しんしん

参加した子どもたちと集合写真

都路全世帯に配布したカレンダーには子どもたちが描いた絵を掲載

地元の郷土料理のレシピカード

Team 都路 2015メンバー(都路住民、田村市復興応援隊、リコージャパン)

 

 

本件に関するお問い合わせ先

『報道関係からのお問い合わせ先』
コーポレート本部 コーポレートコミュニケーション部
TEL:050-3534-0811
E-mail:rj_ccd@ricoh-japan.co.jp


| リコーグループについて |

リコーグループは、オフィス向け画像機器、プロダクションプリントソリューションズ、ドキュメントマネジメントシステム、ITサービスなどを世界約200の国と地域で提供するグローバル企業です(2015年3月期リコーグループ連結売上は2兆2,319億円)。
人と情報のかかわりの中で新しい価値を生む製品、ソリューション、サービスを中心に、デジタルカメラや産業用の製品など、幅広い分野で事業を展開しています。高い技術力に加え、際立った顧客サービスや持続可能社会の実現への積極的な取り組みが、お客様から高い評価をいただいています。
想像力の結集で、変革を生み出す。リコーグループは、これからも「imagine. change.」でお客様に新しい価値を提供していきます。
より詳しい情報は、下記をご覧ください。
jp.ricoh.com/

このページの内容は発表時のものです。
既に販売終了になっている商品や、内容が異なっている場合があります。