このページの本文へこのサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
ここから本文です

ニュースリリース

朝日生命がお客様サービスの向上に向けてタブレットPCを導入

2017年2月20日
朝日生命保険相互会社
富士通株式会社
富士通クライアントコンピューティング株式会社
リコージャパン株式会社

  • 10.1型タブレットPCの導入により、お客様からのご照会・ご要望に対する迅速な対応を可能とするとともに、いつでも・どこでもご契約のお手続きができるようにするなど、お客様ニーズに対応できる仕組みを実現
  • お客様情報保護の強化に向けて、遠隔データ消去機能に加え、生命保険業界では初めて手のひら静脈を使ったスライド式静脈認証機能を搭載
  • 操作性に優れた大型フルカラータッチパネルを搭載したプリンタの導入により、印刷業務を効率化

Ⅰ.迅速な対応によるお客様サービスの向上に向けて

朝日生命保険相互会社(代表取締役社長:佐藤 美樹 以下、当社)は、お客様の多様なニーズにスピーディーにお応えするため、全国約1万2千名の営業職員がお客様へのプレゼンテーションや各種お手続きに使用している営業用パソコンを平成30年1月よりリプレイスすることを決定しました。

当社では、シンプル・迅速・正確な手続によるお客様サービスの向上を目指し、これまでも、設計書や「保険加入の電子手続き」の画面デザインにおいて第三者機関である「UCDA」の意見を取り入れるなど、お客様視点に立ったサービスのご提供に取り組んでまいりました。

※平成27年12月に「保険ご加入の電子手続」の画面デザインにおいて、一般社団法人ユニバーサル コミュニケーション デザイン協会よりUCDA認証「伝わるデザイン」を取得しました。

今回のタブレットPCの導入により、従来は書面で行っていた新契約手続きを電子化し、お手続きをシンプル化するとともに、ご契約成立までの日数を大幅に短縮します。また、タブレットPCのセキュリティ性能を強化することで、お客様情報を一時的にタブレットPCに保存できるようになります。これにより、ホストコンピュータと通信しなくても新契約手続きを行えるため、“いつでも、どこでもご契約いただける”ようになります。

また、平成31年1月には、保全・支払請求などのお手続きも電子化し、即時性を高め、お客様の利便性向上を実現します。

引き続き、お客様視点に立ったサービスの提供により、サービス品質の向上に取り組んでまいります。

<「タブレットPC」全体写真>
<「タブレットPC」全体写真>

Ⅱ.10.1型液晶の最新タブレットPC

今回のタブレットPCは、外出先での活用が前提となることから、小型のスライド式静脈認証機能を搭載し、セキュリティ強化を図ります。富士通株式会社(代表取締役社長:田中 達也)および富士通クライアントコンピューティング株式会社(代表取締役社長:齋藤 邦彰)が、デザイン・使い易さ・信頼性、さらにはセキュリティを考慮し開発しました。

【特長】

お客様を訪問して営業活動を行う上で重要となる、使いやすさ・コンパクトかつ軽量・内蔵型生体認証・高いセキュリティを兼ね備えたタブレットPCとなっており、お使いいただくお客様の利便性を追求しています。

  • 紙に書くようなスムーズな書き心地の電子署名を実現するLCDパネルと専用ペンを採用
  • お客様訪問先へ持ち運びやすいコンパクトな10.1型液晶パネル搭載で約680gの軽量化を実現
  • あらゆる利用シーンを想定した耐落下・耐振動・耐圧迫試験等の厳しい品質基準をクリアした高い堅牢性
  • 端末に内蔵された小型スライド式静脈認証センサーを新規に採用し、お客様をお待たせしないスピーディーな認証と高いセキュリティ性能を両立
  • 万が一の紛失時も、遠隔操作でデータ消去が可能な「CLEARSURE 3G/LTE」を搭載
<小型スライド式静脈センサー拡大写真>

Ⅲ.大型カラータッチパネル搭載のカラープリンタ

タブレットPCのリプレイスに合わせて営業所で利用する次期カラープリンタには、リコージャパン株式会社(社長執行役員:松石 秀隆)からリコー製の「RICOH SP C841」を採用しました。使いやすさを追求した優れた操作性と、大量出力業務に応える高速・高耐久性、優れた環境性能を備えているプリンタとなります。

同製品は、現行機「IPSiO SP C821」の約12倍となる10.1インチのWSVGA大型フルカラータッチパネル「MultiLink-Panel」を搭載することで、営業職員の操作性を大幅に向上しています。アニメーションガイダンスや印刷表示、設定項目のステップ数削減などにより、快適なプリント環境を実現します。

10.1インチWSVGA大型フルカラータッチパネル「MultiLink-Panel」を搭載。フリックやピンチイン・ピンチアウト、ドラッグなど、直感的に操作可能です。これまでにない、ひとつ上の使いやすさを実現します。

RICOH SP C841 「MultiLink-Panel」

画像:MultiLink-Panel

また、インターネット経由で出力機器の状態や利用状況を常時監視するリコーのリモート管理サービス「@Remote(アットリモート)」を活用することで、消耗品の自動配送、および機器故障時の自動通報に対応します。

さらに、印刷された帳票をプリンタ内で中綴じステープル(=製本化)して出力するフィニッシャーを継続して採用することで、募集資料を印刷する際に誤って他の帳票が混入することや、募集資料の不備を無くすことが可能となります。

これにより、機器の運用管理を含めた印刷関連業務の効率化を図り、お客様へのスピーディーなご提案を可能にします。

このニュースリリースの詳細はこちら(PDF)

本件に関するお問い合わせ先

【報道関係】

朝日生命保険相互会社 経営企画部(広報担当)
 TEL:03-4214-3041(直通)

富士通株式会社 広報IR室
 TEL:03-6252-2174(直通)

富士通クライアントコンピューティング株式会社
 TEL:03-6721-5894(直通)

リコージャパン株式会社 コーポレートコミュニケーション部
 TEL:050-3534-0811(直通)



| リコーグループについて |

リコーグループは、ドキュメントマネジメントシステム、ITサービス、プロダクションプリントソリューション、ビジュアルコミュニケーションシステム、デジタルカメラ、産業用製品·サービスなどを世界約200の国と地域で提供するグローバル企業です(2016年3月期リコーグループ連結売上は2兆2,090億円)。

創業以来80年にわたり、高い技術力、際立った顧客サービスの提供と、持続可能社会の実現への積極的な取り組みを行ってきました。

想像力の結集で、変革を生み出す。リコーグループは、これからも「imagine. change.」でお客様に新しい価値を提供していきます。

より詳しい情報は、こちらをご覧ください。
http://jp.ricoh.com/

このページの内容は発表時のものです。
既に販売終了になっている商品や、内容が異なっている場合があります。