このページの本文へ このサイトのメインメニューへ

RICOH

リコージャパンでは、若手社員が一日も早く活躍できるように、
若手のための充実した育成プログラムを整備しています。

リコージャパンでは、全社員に充実した社会人生活を送ってほしいと考えています。仕事の時間が充実し、やりがいを持って取り組むことができるように、一人ひとりをサポートする育成プログラムを整備しています。

若手社員の育成のための取り組み

「お客様価値向上に向けて、最前線で成果を出す自律型人財の育成」というコンセプトのもと、若年次社員を対象に、職種別プロフェッショナルとしての目指す姿や成長過程で必要な経験、育成ポイント、サポート項目を設定し、計画的な育成に取り組んでいます。

若年次社員の早期育成に向けた仕組み

新入社員共通研修
ビジネスマナーや職場でのコミュニケーション力など、社会人として必要な基礎知識を学んでいただく研修です。また、新入社員が同じ時間をともに学ぶことで、仲間意識を醸成することができる大切な機会でもあります。
新人フォロー研修

入社1年目の社員を対象にした研修です。この研修は、1年間の仕事を振り返って、これから活躍するためのスキルを身につけることを目的としています。新入社員同士でディスカッションも交えながら、一人ひとりが自律型人財になるための機会として実施しています。

3年目社員研修
3年目の社員を対象とした研修です。1日目には問題を発見し解決する能力の開発と、周囲を巻き込む方法を学びます。2日目は、その実践を通じて、自己の現状理解とともに成長ポイントを把握し、職場で学びを実践するためのアクションプランを作成するという密度の濃いカリキュラムで構成されています。

アドバイザー制度

先輩社員と新入社員が2人3脚で日々の業務に取り組むことで、新入社員の一日も早い一人立ちを促すことを狙いとした制度です。
また、新入社員の育成を通じて、先輩社員自身の成長につなげることも目的としています。

Other Contents

Human policy  育成と制度