このページの本文へ このサイトのメインメニューへ

RICOH

モノ売りに終始せず、
お客様ありきの発想で、
お悩みに寄り添っていく。
そんなマインドを大切に、
新規開拓の道でNo.1を目指したい。

槇 麗星 Reia Maki

東京支社 港営業部

文学部国文学科卒

Profile

2016年入社。
港営業部 港CCS1グループに配属となる。

営業としての力を磨き、
試すには最高の会社だと思う。

就職先としてリコージャパンを選んだ理由を
教えてください。

私は就職活動を始めた時から営業職志望でした。それは、学生時代のアルバイトを通じて、自分には、お客様と接しながら毎月、数値目標の達成に向けて動いていく仕事が合っていると思ったから。リコージャパンへの入社を決めたのは、営業スキルが身につけられることと、数字で結果が見えるところに惹かれたのが理由です。

営業スキルを身につけられる会社は他にもあると思いますが、
なぜリコージャパンだったのですか?

実は、就職活動中はメーカーを中心に企業研究を行っていたのですが、メーカーの場合は、営業と他の職種の人たちがグループで活動する働き方がメインのように見受けられました。それに対して販売会社であるリコージャパンの営業は、単独でお客様訪問をする機会が多いですし。企画提案に関しても、自分の力で勝負していけると思ったんです。また、リコージャパンはマルチベンダーなので、さまざまなメーカーの商材の中からお客様に最適なものを提案できるのも魅力的だな、と。

会社の雰囲気などに関して、
何か感じたことはありますか?

面接を受けるたび、人の良さをひしひしと感じました。私たちの時は、面接の後に個別の面談もあったのですが、その場では選考とは関係なしに、就職活動中の私を元気づけるような言葉もかけてくださって。ここまで親身になってくれる会社は他にはないだろうな、と思いました。実際に入社してからも、職場の上司や先輩は面倒見のいい人ばかりなので、困った時にはいつでも相談できますし。とても理想的な教育環境だと感じています。

お客様との第一接点を担う仕事。
重責ゆえにやりがいも“大”。

現在の仕事内容を教えてください。

入社1年目から、港区の新規顧客開拓を専門に行うグループで、赤坂・青山地区を担当し、複合機をはじめとするリコー製品や、パートナー企業のPC、ネットワーク機器、什器など、多種多様な商材の提案に取り組んでいます。

新規開拓はどのような流れで行うものなのですか?

赤坂・青山地区の法人は、セキュリティレベルの高いビルに入居しておられるケースが多いため、訪問前に必ず電話でアポイントを取ることが必要です。そこでまず、上場企業のリストなどを利用してアプローチ先を探すとともに、過去に他の営業がそのお客様を訪ねたことがあるか、といった活動履歴を確認してから架電します。訪問前にはお客様の注力事業をリサーチするなど、事前準備にもこだわっています。

初回訪問時のポイントになることは
何ですか?

新規開拓をする者にとっては、2回目の訪問ができるかどうかが、一つのハードルになってきます。初回訪問時には、お客様のお話を注意深く伺いながら、何に興味をお持ちかを探りあて、「次回はこの資料を持ってきます。」という風に、必ず宿題を持ち帰るようにしています。担当エリアには、IT系のベンチャー企業なども多数あり、商談中にはシステム関係の専門用語も当然のように出てきます。そうしたお客様ともスムーズな会話ができるよう、知識量を増やすことが目下の最大の課題ですね。

仕事をしていてやりがいに感じることは?

新規開拓担当の営業は、お客様と最初に接点を持つポジションです。私とのやりとりが、リコージャパンの評価・印象に直接つながることには責任の重さを感じますが、その分やりがいも大きくて。日々、新しいお客様にお会いできるのは楽しいですし、取り組みの成果が数字に表れるところにも充実感がありますね。

新規開拓は他社との競合になるケースも多いのではないですか?

確かに多いですね。他社との競合がある時は、相手よりも秀でた提案をしなければ、お選びいただけないわけです。例えば複合機などに関しても、私たち営業がお客様のご使用場面を事細かく想像し、コンサルティングができるところが、リコージャパンの特徴です。会社の強みを活かしながら提案し、新規の受注に結びつけている形です。

お客様と真摯に向き合い、
ご要望には迅速にレスポンス。

これまでの仕事の中で印象に残っている出来事を教えてください。

一番の思い出は、やはり初めての受注ですね。あれは入社1年目の秋のこと。不動産投資会社様に複合機2台のご契約をいただくことができました。初回以外はアドバイザーの先輩に同行をお願いし、長時間にわたる商談を何度も重ねた案件だっただけに、お客様から決定のご連絡をいただいた時は嬉しくて…。喜びで体が震えるほどでした。

成約が得られると、
仕事にも一層張合いが出ますよね。

新規開拓を任せてもらっているやりがいが、一段と増しました。そして努力を続けた結果、翌年の春には、自分一人の力で健康食品会社様の新規開拓を実現! PCやネットワーク機器、インタラクティブホワイトボードなどをお納めすることができたんです。過去に他の営業担当者が1、2年通いながらもお取引ができていない先だったため、できるだけ接点を多く持つことや迅速なレスポンスを心がけながら、真摯な対応を続けたことが、開拓のカギだったように思います。

新人の頃、先輩からはどんな指導を受けていたんですか?

モノ売りに終始するのではなく、お客様のお悩みに寄り添える営業となれるよう指導を受けました。今も商談中の緩急や、案件決定までのスピードの速さ、公私のメリハリのつけ方など…、学ぶことばかりです。

尊敬できる人たちに出会えて良かったですね。

ええ、本当に。また、リコージャパンの営業スタイルは十人十色なので、私の性格に向いている、こうありたいと思う理想像を間近で見られるという意味においても、恵まれた環境だなと感じています。

これから実現したい夢や目標を聞かせてください。

目標は、知識が豊富で、お客様との距離を縮めるスピードが誰よりも速い営業になることと、複合機の成約台数で全社1位を取ることです。高い目標ではありますが、何事もNo.1を目指していかないと、成長スピードが遅くなると思うので。常に上に向かって研鑽し、営業力を養っていきたいと考えています。

Message

リコージャパンは約20,000人にのぼる社員の一人ひとりが、自分らしく仕事に取り組んでいる会社です。このように多様なスタイルや価値観が共存している環境に身を置くことは、想像以上に刺激的だと思います。採用選考だけでもリコージャパンの社員の多様性を感じられるはずなので、エントリーしてみてはいかがでしょうか。

OFF TIME

今は毎週末、熱心に料理教室へ通っています。実家暮らしで自炊の機会が少なかったため、料理を趣味と呼べるようになりたくて。それ以外では、学生時代の友人と美味しいご飯を食べに行くなど、ゆったりとした時間を過ごしています。別の営業部にいる同期の仲間に声をかけ、楽しくお酒を飲みながら情報交換することもありますね。

Other Contents

Work  仕事情報