ソフトウエア資産管理(SAM)サービス

ソフトウェアメーカーからの監査対策はできていますか? ~ソフトウェア資産管理への第一歩 SAMサービス~

こんなお客様に

ソフトウェア資産棚卸サービス

お客様のPCにインストール済みの『利用ソフトウェア』と『保有ライセンス』の棚卸を実施して、マイクロソフトのライセンスのご利用状況を正確に可視化する棚卸サービスです。これにより、マイクロソフトのライセンスの過不足を正確に把握できます。

ソフトウェア資産棚卸サービス
手間のかかる台帳・ライセンス過不足表作成をリコーが代行いたします。

ソフトウェア資産アセスメントサービス

お客様の現在のソフトウェア資産管理レベルを評価する簡易コンサルティングです。10の成熟度質問項目について、ヒアリングを実施させていただき各項目ごとに4段階で評価をし、お客様のソフトウェア資産管理の成熟度を診断します。

ソフトウェア資産アセスメントサービス

■SAM成熟度質問項目

10の成熟度質問項目について、ヒアリングを実施させていただき、各項目ごとに4段階(前記)で評価をします。下表は10の質問項目についてISO19770-1(JISX0164-1)との関連性をまとめたものです。

アセスメント質問項目 ISO19770-1(大項目) ISO19770-1(中項目)
①組織体制 SAMの組織プロセス SAMの統制環境
②改善活動 SAMの計画立案および導入プロセス
③ハードウェアとソフトウェアのインベントリ情報の範囲 中核SAMプロセス SAMの在庫プロセス
④インベントリ情報の正確性
⑤ソフトウェアライセンスの保有記録 SAMの検証および順守プロセス
⑥インベントリ情報とソフトウェアライセンスの照合
⑦運用管理部門との連携 SAMの運用管理プロセスおよびインターフェース
⑧ソフトウェアの取得プロセス SAMの主プロセスインターフェース SAMのライフサイクルプロセスインターフェース
⑨ソフトウェアの展開プロセス
⑩ソフトウェアの廃棄プロセス

■成果物イメージ

成果物イメージ
お客様の現状レベルを明らかにし、またレベルアップするための改善ポイントを報告させていただきます。現状のSAM成熟度を客観的に把握することができ、今後どのような管理を行えばよいのかの指針を得ることができます。

パソコンを全社レベルで200台以上保有しているお客様が対象の無償サービスとなります。
※お客様の状況によりサービスが実施できない場合がございます。詳細はご相談ください。

お問い合わせ窓口

詳細情報をご希望の方は、下記窓口までお問い合わせください。
リコージャパンSAMサービス事務局


お問い合わせフォーム(SSL対応)

ページトップへ