このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地

Share

ここから本文です

TotalFlow 統合印刷基盤

システム構成図

帳票の印刷状況を分かりやすく表示

印刷の受付から、印刷の進捗状態、印刷完了まで、帳票ごとに印刷状況を表示。また帳票の表示画面は、プリンター別やジョブの状態別などにカスタマイズでき、全体の印刷状況を視覚的に確認できます。

再印刷と印刷データのバックアップが可能

業務アプリケーションを再実行することなく再印刷が可能。印刷ジョブはページ指定再印刷や、バックアップを保存することができます。

印刷前のプレビュー確認、テスト印刷で印刷ミスを防止

本番印刷前に、印刷するデータの内容、印字位置やセットする用紙を事前に確認することができます。 また、テスト印刷時にスタンプ印字機能を使用することにより、本番印刷とテスト印刷を区別することができます。

セパレーターの挿入により仕分けが容易

セパレーターやセパレーションマーク※1により、オペレーター仕分けがより容易になります。セパレーターには詳細な印刷ジョブ情報を印刷できます。

画像:セパレーターの挿入により仕分けが容易

高速プリンターを効率的に運用可能

振り分け条件により、自動的に指定プリンターに印刷ジョブの振り分けが可能。複数のプリンターを運用して効率的な分散印刷が行えます。
[振り分け条件]ジョブ名、出力クラス名、FCB名、用紙形式コード、用紙サイズなどの設定値

拠点ごとに印刷環境のセキュリティを向上

拠点のプリンターに対して状態監視やジョブ操作が可能で、セキュリティを向上することができます。

通知機能でイベントに即時に対応

メール送信やアプリケーション起動による通知が可能です。これによりプリンターエラー発生時や、用紙架け替え時などに即時に対応することができます。

  • アプリケーションサーバーからの出力時、PostScriptで出力する場合はWindows標準PostScriptドライバーを、RPCSで出力する場合はWindows用RPCSドライバーを使用してください。
  • ※1PDFダイレクト印刷時はセパレーションマークは使用できません。

購入をご検討中のお客様へ