このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地

Share

ここから本文です
2018年10月18日
リコージャパン株式会社

厚生労働省「イクボスアワード2018」特別奨励賞を受賞

リコージャパン株式会社は、厚生労働省が主催する「イクボスアワード2018」において、当社社員が特別奨励賞を受賞したことをお知らせいたします。

同省では、イクメン(育児を積極的に行う男性)を応援し、男性の育休取得を促進する「イクメンプロジェクト」の一環として、働きながら安心して子供を産み育てることができる労働環境の整備推進を目的に、模範となる企業を「イクメン企業アワード」、個人を「イクボスアワード」として表彰しています。

今回5回目となる「イクボスアワード」は、部下の仕事と育児の両立を支援する管理職(イクボス)を募集し、表彰するものです。当社は、部下からの推薦により選ばれたイクボス数名を応募し、そのうちの1名が特別奨励賞を受賞しました。

厚生労働省「イクボスアワード2018」

受賞者
リコージャパン株式会社
山口支社 事業戦略部 部長 藤井 隆弘
受賞理由
過去の様々な職種経験を活かし、特定の従業員が業務過多とならないよう仕事の再分配を実施するとともに、社外との連携にも素早く対応し、部下の仕事の円滑化に尽力。また、部下からの業務効率につながる提案を積極的に取り入れており、支社の業績計画達成及び増収増益に貢献(2018年度上期)。
地域の祭り、災害復旧ボランティア、生物多様性保全活動へ参加し、その経験を部署内で共有することで、部下のワークライフバランスへの意識を高めている。

イクボスアワード表彰式で、厚生労働省 根本大臣(右)より表彰状を授与イクボスアワード表彰式で、
厚生労働省 根本大臣(右)より表彰状を授与

アワード受賞者記念撮影 後列右側がリコージャパン 藤井 隆弘アワード受賞者記念撮影
後列右側がリコージャパン 藤井 隆弘

取組内容をプレゼン取組内容をプレゼン

リコージャパンでは、社員一人ひとりが働きやすく働きがいがあると実感できる職場になるためには、マネジメント層の理解が必要と考え、役員をはじめ全組織長によるイクボス宣言を実施しています。

ダイバーシティ(多様性)を理解し、人を活かすマネジメントができる「イクボス」の育成により、ワークとライフを両立した働きやすい環境づくりの推進に、今後も取り組んでまいります。

以上