このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
ここから本文です

RICOH TAMAGO Handouts

画像:RICOH TAMAGO Handouts

RICOH TAMAGO Handoutsはご提供を終了しました。

RICOH TAMAGO Handoutsとは

パワーポイントやWebページの内容をプリントアウトして見たり、皆に配付して議論したりしたいけど、紙に印刷するのはもったいないし、ファイルに変換してiPadに送ったりするのも手間だし・・・とお困りのことはありませんか?
RICOH TAMAGO Handouts は、お使いの様々なパソコンアプリから“印刷”するだけで、WiFi経由でiPad/iPhoneにカンタン・ダイレクトに文書配付できるアプリケーションです。

なお、RICOH TAMAGO Handoutsは、皆様のレビュー、ご要望により、改善を図っていきます。是非、レビュー報告をお願いします。
多くのご意見をお待ちしております。

画像:RICOH TAMAGO Handoutsを使うとこんなに便利

RICOH TAMAGO Handoutsの特長

印刷感覚でカンタン文書配付

PCアプリケーションから専用プリンタドライバーを通して、“印刷処理”するだけでiPad/iPhoneに簡単に文書配付できます。
配付先のiPad/iPhoneの登録も、PC上に表示されたQRコードをiPad/iPhoneのTAMAGO Handoutsで読むだけでOK。

複数のiPad/iPhoneに一括配信

一回の印刷処理で複数の配付指定先への一括配信が可能で、会議中/直前に複数メンバーに必要な文書を配付する場合などに便利。
さらに同一ネットワーク内(同じ社内ネットワーク環境など)であれば、違う階や事業所のiPadなどへも事前登録さえされていれば配信できます。

iPad/iPhoneに文書保管し、どこでも文書表示

お客様先でネットワークがつながらないような場合でも安心してiPadを使ったペーパーレスのプレゼンテーションができます。

システム構成

配信PC側に印刷ドライバー「RICOH TAMAGO e-Distribution」と配信アプリ「RICOH TAMAGO PassIt」、受信iPad/iPhone側の「RICOH TAMAGO Handouts」の3つのアプリケーションで構成されます。
また、クラウド上で配信PCと受信側iPad/iPhoneのペアリングの管理とiPad/iPhoneへの配信通知を行います。
実際の文書データは、配信PCと受信iPad/iPhone間で行われます。

画像:図3:RICOH TAMAGO Handoutsを使うとこんなに便利

使用方法

1.iPad/iPhoneの情報登録

  1. PC側でTAMAGO PassITからQRコードを表示します。

    画像:PC側でTAMAGO PassITからQRコードを表示します。

  2. Phone/iPadのTAMAHO Handoutsのペアリングを選択し、QRコードリーダーを表示します。
    PCに表示されたQRコードを読み込みます。

    画像:iPhone/iPadのTAMAHO Handoutsのペアリングを選択し、QRコードリーダーを表示します。

  3. PC側のTAMAGO PassITの設定画面で更新を押下し、iPhone/iPadの端末名が表示されれば完了です。

    画像:PC側のTAMAGO PassITにiPhone/iPadの端末名が表示されれば完了です。

2.PCからの文書配信

ドライバー経由で印刷するアプリケーションから印刷処理を行います。
プリンターに「RICOH TAMAGO e-Distribution」を選択し、印刷を実行します。
送信デバイス選択のプロパティが表示されますので、送信するiPad/iPhoneを選択します。
すると、iPad/iPhone側に文書が配信されます。

画像:PCからの文書配信

3.Pad/iPhoneでの操作

配信された文書は、タッチすると表示されます。拡大縮小、ページめくりを行うことができます。
OpenINの機能を装備していますので他のアプリに文書を渡すことも可能です。

画像:Pad/iPhoneでの操作

4.iPad/iPhoneからPC側の配信文書の閲覧

同一ドメインに文書公開されているPCがあれば、画面左のデバイス表示部に表示されます。
デバイスを選択すると、文書一覧が表示され閲覧することができます。

画像:iPad/iPhoneからPC側の配信文書の閲覧

動作環境

iPad
iPhone
対応OS : iOS7以降
PC 対応OS:Windows7以降
ネットワーク 無線LAN(Wi-Fi)-IEEE 802.11a/b/g/n(iPadのWi-Fi接続環境に準じる)
インターネット接続:PC端末、QRコード読み込み時のiPad/iPhone
注意制限事項
  1. IEから、インターネット上のWebサイトを印刷するためには、保護モードを解除しないとできません。保護モードは”インターネットオプション””セキュリティ”タブにある。「保護モードを有効にする」チェックを外す必要があります。
  2. 送信に成功したのに受信側でダウンロードできないときは、配信側のPCのWindowsファイアーウォールでPassItアプリケーションがブロック状態になっていないか確認してください。ブロック状態だと、ファイルの転送が行えないので、ブロックを解除してお使いください。
  3. TAMAGO Passit内では、IEのプロキシー設定を参照しています。プロキシーを利用している環境では、必ず、IEでProxy設定を行ってください。
  4. 一度配信された文書は、同一ドメイン内のすべてのHandoutsをいれたiPad/iPhoneから閲覧することが可能となります。公開されている文書を消すためには、ログインユーザーの”マイドキュメント”内に”RICOH TAMAGO Handouts”フォルダ以下のファイルを削除すると公開されなくなります。
  5. サポート対象外ですが、Windows XP,Windows2003Serverの場合、
    Windows Imaging Component
    http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=32
    の事前インストールが別途必要です。その後配信アプリのインストールを行ってください。