このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地
ここから本文です

TAMAGO Teaching Assistant System

画像:TAMAGO Teaching Assistant System 受動的授業でない双方向能動的学習環境の実現

TAMAGO Teaching Assistant System

受動的授業でない双方向能動的学習環境の実現

RICOH TAMAGO Teaching Assistant Systemとは

タブレット、クラウド、マルチメディア(映像、音声など)を活用したRICOHがご提案する新たなアクティブラーニング、言語教育の学習をサポートするシステムです。

RICOH TAMAGO Teaching Assistant Systemは、Apple社App Storeより、無償でダウンロードしてご利用いただけます。

※右側のリンクよりダウンロードください。

※Apple、Appleのロゴ、iPhone、iPod touchは米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。iPadはApple Inc.の商標です。

RICOH TAMAGO Teaching Assistant Systemの特長

導入事例紹介
学校法人佐野学園 神田外語大学 様

私は、英語通訳法という科目でこのシステムを利用しています。授業では、学生が、英語のメッセージを聞いて日本語へ、日本語のメッセージを聞いて英語へとそれぞれ訳出し、そのパフォーマンスを録音して再生、評価するという流れで通訳訓練を行っています。
このシステムでは、それぞれの通訳課題を学生が訳出すると、その通訳パフォーマンスは、すべてクラウドサーバにアップロードされ、教師用PCから確認することができます。学生の通訳パフォーマンスは、教師用のPCで管理できるので、学生の通訳をすぐ教室のスピーカーで全員に聞かせて、その出来映えについて、コメントをすることができます。一つの教材について、A,B,Cという異なる学生の通訳パフォーマンスを流し、クラス全員で互いのパフォーマンスを聞き比べる事もできます。もちろん、個々の学生がシステムを使って、自分で通訳訓練をすることも簡単にでき、一つの通訳課題を複数回練習することや自分の能力に応じて通訳時間の長さを調節することなども可能です。このシステムを使うにも特別な知識などは不要で、PCの操作も簡単です。効果的な通訳訓練ができるよう、よく考えられたシステムになっていると思います。

画像:神田外語大学 曽根 和子先生 神田外語大学
曽根 和子先生

画像1:学校法人佐野学園 神田外語大学 様

画像2:学校法人佐野学園 神田外語大学 様

システム構成

画像:システム構成

動作環境

教員用PC

環境

推奨

OS

Windows 10 Pro 64bit

ブラウザー

Google Chrome

学生用端末

環境

推奨

端末

第4世代 iPad(2012年11月発売 ·LTE+Wi-Fi™モデルおよびWi-Fi™モデル) iPad Air/Air 2 (LTE+Wi-Fi™モデルおよびWi-Fi™モデル) iPad mini/mini 2/mini 3/mini 4(LTE+Wi­Fi™モデルおよびWi-Fi™モデル) iPad Pro (LTE+Wi-Fi™モデルおよびWi-Fi™モデル)

OS

i0S 10以降

アプリケーション

RICOH TAMAGO Teaching Assistant

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせ下さい。

メールアドレス
tamago-support@nts.ricoh.co.jp