このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地
ここから本文です

【連載】インダストリー4.0、第4次産業革命でもっと忙しくなる!Vol.2
~日々の業務で設計開発者を苦しめるお悩みごととその解決策とは?~

先日のシステムコントロールフェア、ロボット展ではインダストリー4.0やIoTをテーマにした展示が非常に多く見受けられ、会場も大変にぎわっておりました。
これらの製造業の変革、産業構造の変化が実現すると、当然のことながら製品も高度化していきます。そうなると設計開発、製造、販売、保守など製品に関わるすべての業務が複雑化して難しくなります。インダストリー4.0やIoTは技術の話になりがちですが、実は「人の働き方はどうなるのか?どんな形に業務が変わっていくのか?」といった人の問題も重要です。

鍵を握る設計開発者リーダークラス人材のお悩みごととは?

前回コラムでご紹介の通り、製造業の就業人口は2000年から減少を続けており、ベテラン技術者の引退も重なり、設計開発リーダークラスの方に大きな負荷が掛かっています。

第4次産業革命と言われるような製造業を巡る大きな産業構造の変化が進むなか、こうした人材をいかに効率的に活用するか、限られた時間をどう使うか、という点が大きな課題になっています。

そんな、ただでさえ忙しく貴重な人材である設計開発者リーダークラス人材の業務負荷をさらにあげてしまうお悩みごととはいったいどんなことでしょうか?
また、その課題を解決するための手法とはどのようなものでしょうか?

マンガ形式でご紹介しておりますので、右のリンクよりご覧ください。

「あー、そういうことよくあるよね・・」と思わずつぶやいてしまったあなた!

ぜひ一度リコーのビジュアルコミュニケーションソリューションをご検討ください!
ショールーム見学や体験セミナーもご用意していますので、お気軽にご参加ください。

詳細はこちら

ショールーム見学・お問い合わせ

ショールーム予約

実際に製品に触れ、ご体感いただけます。お気軽にご来場ください。

詳細はこちら

お問い合わせ

商品に関する質問、お見積依頼などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ