このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地
ここから本文です

いま、なぜ働き方改革が求められるのか?

働き方改革成功のカギはどこにある?

2016年8月、内閣改造により働き方改革担当大臣が設置され、9月には働き方改革実現会議が発足するなど、働き方改革は国を挙げて取り組むべき課題となっています。
企業に目を向けても、とある調査では、働き方改革の必要性を感じている日本企業の割合は8割以上であり、在宅勤務、フリーアドレス、時短勤務といった多様な勤務形態や、社内の組織や企業を超えたコラボレーションなどへの関心は高まっていることがうかがえます。
しかし、同調査で「新たな働き方を実施している」と回答したのは3割強に過ぎず、必要性はわかっていても実施は進んでいないのが実状です。

従来の働き方が通用しなくなった「4つの背景」

2016年8月に発足した改造内閣では、政策の大きな柱の1つとして「働き方改革」を打ち出しています。日本が抱える社会構造や労働環境における実状により、従来の働き方が機能しなくなってきたことが、いまや働き方改革が国家戦略として扱われるようになった原因です。

画像:従来の働き方が通用しなくなった「4つの背景」

働き方改革の目的は「企業の競争力、価値を高める」ことにあり

日本の企業を取り巻く4つの実状からわかるように、このままでは国際競争力はますます低迷し、ひいては企業価値も低下してしまいます。新しい働き方は「労働者の生活の充実」だけでなく、「企業の競争力・価値の向上」のためにも必要とされているのです。

画像:働き方改革の目的は「企業の競争力、価値を高める」ことにあり

これまでの“働き方”を変えるむずかしさ~働き方改革を阻む“3つの壁”

働き方改革は「企業の競争力、価値を高める」ことこそ目的となります。しかし“変革”のためには、企業が変えていかなければならない3つの“壁”も存在します。そのため「必要性はわかっていても、新しい働き方が実現できない」というジレンマに陥ってしまいます。

画像:これまでの“働き方”を変えるむずかしさ~働き方改革を阻む“3つの壁”

働き方改革の“カギ”はコミュニケーション

働き方改革は、企業全体を大きく変えることから、取り組むべき点が多々あります。しかし、その中で優先順位をつけるならば、働き方改革を行う本来の目的を、いかに実現するかというスタンスで考えるのが近道です。

今回ご紹介する資料では、客観的なデータに基づいて働き方改革が求められる必要性を改めて確認したうえで、働き方改革の推進を阻む課題を解説。さらに、成功へ導くための注目ポイントである“コミュニケーション”について考えていきます。

統計資料なども用いながら、客観的に解説しているので、働き方改革推進のための稟議書作成などにも役立ちます。働き方改革推進にお悩みの方は、是非ご参考ください。

画像:ワークスタイル変革(働き方改革)を成功に導くカギとは

ワークスタイル変革(働き方改革)を成功に導くカギとは

「組織を変えるコミュニケーションの新しいカタチとは」。働き方改革を成功へ導くための注目ポイントをまとめた資料を無料でダウンロードいただけます。

資料をダウンロードする