このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
ここから本文です

テレワーク~Web会議を活用した多様な働き方

テレワークとは?

テレワークは、ICT(情報通信技術)を活用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方のことを言います。企業に勤務する被雇用者が行うテレワーク(雇用型)の主な形態は以下3つとなります。

①在宅勤務

自宅を就業場所とするものです。

②モバイルワーク

施設に依存せず、PCやモバイルを活用し、いつでも、どこでも仕事が可能な状態なものです。

③施設利用型勤務

サテライトオフィス、テレワークセンター、スポットオフィス等を就業場所とするものです。

出典:総務省ホームページ/テレワークの意義・効果
(http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/telework/18028_01.html)

ワークスタイル変革や、ICTの発展により多様な働き方が実現され始めています。

画像:テレワークとは?


テレワークが注目される時代背景とコミュニケーション課題

2011年の東日本大震災以降、柔軟な働き方をしたいという企業が増えています。また、女性の社会進出が増えたことで、家事や子育てと両立した在宅勤務の形も注目されています。ワークスタイルが多様化する今、テレワークや在宅勤務の推進において、場所に捉われない働き方が増えています。しかし、離れた拠点で働く人といかに効率的にコミュニケーションを確保するかが課題となっています。

Web会議システムを使うことで、時間と場所に捉われない働き方が実現でき、コスト削減はもちろん、 社員の満足度向上による人材の確保が期待できます。

画像:テレワークが注目される時代背景とコミュニケーション課題

テレワークのメリットとデメリット

場所に捉われない「テレワーク(在宅勤務)」ですが、メリットもあればデメリットもあります。ここでは簡単にご紹介したいと思います。


テレワークの課題と解決策

誰でも簡単に使えるテレビ会議・Web会議システムでFace to Faceのコミュニケーション!
場所に捉われないコミュニケーションが、ワークスタイルを変えます。
● 外出が伴う会議への参加はWeb会議に変更!移動時間やコストを削減

ノートPCやタブレットがあればすぐに会議ができます。移動に関わるコスト削減はもちろん、移動による疲れやストレスからも解放されます。

● 万全のセキュリティ

映像・音声データを暗号化。事前に設定し、端末相互に認証された場合のみ接続が許可される仕組みとなっているため、重要かつ機密性の高い会議にも、安心して参加できます。

● 映像がとぎれにくい

ネットワーク状況に合わせて、自動で最適な解像度やフレームレートにできます。Web会議の途中で映像が固まったり、途切れたりしにくいので、ストレスなく打合せができます。

Before
After

導入効果

  • ● 移動に関わるコスト削減
  • ● 多様なワークスタイルへの対応
  • ● 社員の満足度向上

ショールーム予約

実際に製品に触れ、ご体感いただけます。お気軽にご来場ください。

詳細はこちら

テレビ会議・Web会議システム(アプリ版)無料体験実施中!

いまなら30日間無料体験いただけます。

詳細ページを見る