このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地
ここから本文です

ワークスタイルの変革の必要性、5つの視点

いま、なぜワークスタイルの変革が求められるのか?

「ワークスタイルの変革」というキーワードが経済誌に取り上げられ、多くのビジネスシーンで語られるようになってきました。なぜ、今その注目度と必要性が高まっているのか?5つの視点からその理由を考えます。

企業が「グローバルな成長」を重視する時代に

企業が掲げる経営課題として、やはり「売上・シェア拡大」と「収益性向上」は常に上位に挙げられています。注目すべきは3位以下の項目で、以前は「財務体質強化」「ローコスト経営」など徹底したコスト削減の意識が見られましたが、現在はグローバルな経営や人材育成など、成長戦略を重視する意識へ切り替わってきています。リーマンショックなどの影響も和らぎ、多くの企業が「守り」から「攻め」の姿勢へ転換している様子がうかがえます。激化するグローバル競争の中、企業が攻勢へ転じるために、「ワークスタイルの変革」は重要な施策となっていくと考えられます。

ナレッジワーク(知的生産業務)へのシフト

日本の企業が、新興国との価格競争に陥ることなく、グローバル競争力を高めていくためには、これまで以上に付加価値の高い商品やサービス、事業を生み出す必要があります。そんな中、求められるのは、目の前の情報を処理するだけでなく、その情報をもとに新たな価値を生み出せるナレッジワーカーの存在です。そのためには、従来の価値観に囚われずに創造性を発揮できる働き方が求められます。

仕事や人材の多様化への対応

名刺を交換する時など、10年前には見かけなかったような肩書きや部署名を目にして、その多様さに驚かされることがあります。同じ企業内・部署内でも、関わるプロジェクトによって仕事の進め方が大きく異なるケースもあります。また、ダイバーシティやワークライフバランスなどの対応も、重要視されています。 ワークスタイルを画一的なフォーマットに当てはめて考えるのではなく、それぞれのビジネスの特性に合わせて、最適な体制と環境を構築していくことが、ますます大切になってきています。

画像:仕事や人材の多様化への対応

進化するIT技術の有効活用

ノートPCやタブレット端末などの情報通信デバイスの拡充、クラウドシステムの普及などにより、従来デスクで行っていた多くの業務処理は、今や固定された場所でなくても行えるようになりました。 進化し続けるツールをビジネスに活かすためには、それを扱うユーザーの側も、ワークスタイルを進化させていかなければなりません。

3.11以降、変化した働き方

東日本大震災に端を発した節電対応により、多くの企業は働き方の転換を迫られました。オフィスの稼働面積や稼働時間を減らし、限られた時間とリソースの中で成果を出す働き方を追求していく。その取り組みによって業務効率を高め、むしろ以前より生産性を発揮するになった企業も現れています。

画像:3.11以降、変化した働き方

RICOH SUMMARY

ビジネスを取り巻く環境は、常に留まることなく変化を続けています。企業の存続を賭けた闘いは、ある意味で生物界の生存競争よりも熾烈です。フォーチュン500に名を連ねるような大企業でさえ、その平均生存年数は40〜50年だと言われています。

ワークスタイルの変革を成し遂げ、変化に対応できた企業が、次の時代へと進む切符を手にすることができるのです。

オフィスを変える、働き方が変わる

リコーが提案するワークスタイル変革資料の無料ダウンロード。

資料をダウンロードする

テレビ会議・Web会議システム(アプリ版)無料体験実施中!

いまなら30日間無料体験いただけます。

詳細ページを見る

お問い合わせ

商品に関する質問、お見積依頼などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

ショールーム予約

実際に製品に触れ、ご体感いただけます。お気軽にご来場ください。

詳細はこちら