このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地

Share

ここから本文です

リコーICT授業ソリューション

子どもたち1人1台タブレットPC整備に向け普通教室での授業スタイルを
カンタン・シンプル・スマートに実現

文部科学省が策定した「教育の情報化ビジョン」は、子どもたちの情報活用能力を育成しICT機器を利用/活用したわかりやすく深まる授業を実現するため、1人1台タブレットPCを持った新しい授業のあり方を提唱しています。しかし、実際にはコスト面や教師のスキルの問題によりなかなかICT機器の導入に踏み切れない学校が多くあります。
リコーのICT授業ソリューションは、豊富なラインナップのICT機器からお客様にあった機器の導入をご提案し、先進的な授業の実現に貢献いたします。

◎課題

● コストをたくさん掛ければICTを活用した授業が出来るのはわかるが、そこまで予算はとれない。

● 便利になるものの、教師によってはICTスキルが低いため使いこなせない。

● 上手く使えなかったら授業が止まってしまうため、なかなか今までの授業スタイルは変えられない。

◎解決策

『カンタン』『シンプル』『スマート』なICT活用授業を実現!

リコーのICT機器ラインナップより、導入したその日から先生・子どもたちがすぐに使える機器をご提供し学びのベース作りをお手伝いさせていただきます。機器の準備が難しく十分な学びの時間が取れない、休み時間だけでは準備が終わらない、導入した機器が使いづらいという声を解決します。コンパクトで持ち運びやすいラインナップなので、専用の教室がなくても必要に応じて普通教室や既存の特別教室に持ち込んで使うことができます。

Before
After

● いつもの授業にひと工夫して、子どもたちの集中力や理解度UP!

標本画像や作業のお手本などをプロジェクターや電子黒板の大画面で見せたり、タブレットで関連情報を調べて自主的により深く学んだりと、ICT機器の活用でより質の高い授業が実現できます。

● 子どもたちのことを第一に考えた学校用プロジェクター

投影面からわずか約80cmで80インチの大画面に写せるので、教卓や子どもたちの机を動かして大掛かりな準備をする必要がありません。また、ケーブルや排気口がすべてレンズ側になるよう設計されているので、前に座る子どもたちがつまずいて転んだり排気の騒音や熱風に悩まされることもありません。

● 誰でもすぐに、カンタンに使える

短焦点プロジェクターは専用の台いらずで直接教卓に置くだけでよく、パソコンにつなぐだけで自動で電源が入りすぐに投写ができます。「横台形補正機能」により、斜めに設置して投写してもスクエアな画像にしてくれるので面倒な設定も必要ありません。
インタラクティブホワイトボード(電子黒板)は専用のソフトをインストールする必要もなく特定のOSにも依存しないので、先生が用意する教材も子どもたちが持ってきた資料もPCやタブレットをケーブルにつなぐだけですぐに表示でき、書き込みができます。
リコーのICT機器は難しい操作が必要ないので、準備や設定に時間を取られず学習の邪魔をしません。

◎導入効果

● 子どもたちの集中力や授業の質の向上
● 子どもたちの自主的な学びを実現
● 機器の準備や教室移動にかかる時間の削減

◎商品構成

RICOH Interactive Whiteboard (電子黒板)

フルHDの高精細ディスプレイを搭載した電子黒板。
なめらかな書きごこちで細かい書き込みも自由自在です。

商品詳細はこちら カタログダウンロード

RICOH 短焦点プロジェクター (学校用)

教卓に置いて黒板へ大きく投写。
80インチの大画面を約80cmの距離から投写する学校向け短焦点プロジェクター。

商品詳細はこちら カタログダウンロード

お問い合わせ

ソリューションに関するお問い合わせをお気軽にご利用ください。

お問い合わせ