このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地

Share

ここから本文です

テレビ会議・Web会議システム P1000 バージョンアップ情報

更新 2016/11/7更新
バージョン V1.3.2
著作権の所在 株式会社リコー
転載条件 転載禁止
バージョン確認とアップデート方法 ファームウェアバージョン確認とアップデートの手順は、こちらのPDFマニュアルをご参照ください。
対応機種 RICOH Unified Communication System P1000

更新情報

日付 Version 機能追加・修正の概要
16/11/07 V1.3.2 バージョンアップ内容
■機能追加項目
  • Apps for Windowsにローカル録画機能が追加されたことに伴いバージョンアップしました。会議中に録画を行っている拠点がある場合、画面に「他拠点録画中」のメッセージとアイコンが表示されます。
16/06/27 V1.3.1 バージョンアップ内容
■改善項目
  • サーバーのバージョンアップに伴い、アプリケーションもバージョンアップし対応しました。
15/08/26 V1.2.3 バージョンアップ内容
  1. 会議参加拠点数制限解除対応
    • 同時接続拠点数:20拠点の制約がなくなり、無制限となりました。
    • 21拠点以上の会議時に、会議参加拠点が全て表示されるようになりました。
  2. 拠点一覧表示処理の改善
    • 拠点一覧が表示されない問題に対応しました。
  3. ヤマハ製会議用マイクスピーカー“PJP-20UR”との接続性改善
    • ファームウェアバージョンアップ後、ヤマハ製会議用マイクスピーカー“PJP-20UR”の初期音量が非常に小さくなってしまう問題に対応しました。
15/04/27 V1.2.2 バージョンアップ内容
■機能追加及び改善項目
  1. 画面共有時に画面が切れる問題を修正しました。
  2. ホスト名の変更を行いました。
14/12/17 V1.2.1 バージョンアップ内容(ファームウェア共通)
■機能追加及び改善項目
  1. 他社製テレビ会議システム接続サービスに対応しました。
    P3000/S7000と同等の機能に対応します。
    ※DTMF機能には対応していません。
  2. アップデートデータの事前ダウンロード機能を追加しました。
  3. インフォメーションバナーを追加しました。
    P3000/S7000と同等の情報を表示できます。
  4. エラーダイアログにログ送信ボタンを追加しました。
  5. ログ声明文にDNSアドレスを追加しました。
  6. 外部モニタ接続時の黒枠表示を改善しました。
  7. 軽微な修正を行いました。
14/06/16 V1.1.1 バージョンアップ内容(ファームウェア共通)
■機能追加及び改善項目
  1. オートパワーオフ機能が実装されます。
    欧州ErP指令(Lot6)にも対応している機能です。
    拠点一覧画面を表示中に無操作時間が15分を経過したら、自動で電源OFF(消費電力0W)になります。
    拠点一覧画面を表示中の場合のみ機能します。
  2. ネットワーク接続テストのチェック項目が増えます。
    お知らせ機能で利用しているTCP80ポートの解放チェック機能が追加されます。
  3. ネットワーク設定が改善されます。
    特定の環境(プロキシにIPアドレス指定&DNSサーバが無い環境)で会議開始ができるようになります。
  4. 画面共有機能が改善しました。
    Googleマップのストリートビューを画面共有できます。
    • *Googleは、Google Inc.の商標です。
14/05/07 V1.0.4 バージョンアップ内容
■改善項目
  • OpenSSLの脆弱性への対応を実施しました。