このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
ここから本文です

リコー 他社製テレビ会議システム接続サービス(クラウドタイプ) 主な仕様

主な仕様

対応機種 P3500、 P1000、 P3000、 S7000
接続方式 H.323
映像符号化方式 H.264/AVC H.263
音声方式 G.711/G.722
データ共有方式 H.239
暗号化通信方式 H.235 AES(*1)
映像送受信仕様 最大受信 640 x 360/30fps(SD)
最大送信 640 x 360/30fps(SD)
通信速度
(RICOH データーセンター←→他社製テレビ会議システム)
推奨768kbps以上
開放が必要なポート
【RICOH Unified Communication
System端末側】
(RICOH Unified Communication
System → Ricoh データセンター)
プロキシを利用しない場合
/アウトバウンド
TCP : 80, 443, 5222, 17990, 17992
UDP : 50000 - 65535
TCP443 ポート通信を利用する場合(*2)
/アウトバウンド
TCP : 80, 443
プロキシを利用する場合
/アウトバウンド
TCP : 80, 443
インバウンド 不要
開放が必要なポート
【他社製テレビ会議システム側】
(RICOH データセンター
→他社製テレビ会議システム)
アウトバウンド 不要
インバウンド TCP : 1024-65535
UDP : 1024-65535
  • *1接続先機器がH.235 AESに対応していて機能が有効になっている場合のみ、通信が暗号化されます。
  • *2他社製テレビ会議システム接続サービスでは、P3500のみTCP443ポート通信に対応しています。

サービスご利用の留意点

  • 本サービスはP3500/P1000/P3000/S7000のみご利用可能です。本サービス料金とは別に、端末用サービス料が必要です。
  • RICOH Unified Communication Systemから他社機(MCU含む)へのみ接続が可能です。
  • 3拠点以上で会議を行なう場合はMCUが必要になります。
  • 他社製テレビ会議システムとの接続に関する会議ログ、利用時間提供はできません。
  • 従量制メニューをご選択時、他社機との会議における利用時間は課金しません。
  • アドレス帳の宛先登録は英数字のみとなります。
  • P1000/P3000/S7000からパスワード設定付きの会議室には入室できません。
※ご使用の機器や環境によってはご利用いただけない場合もございますので、予めご了承ください。

暗号化について

  • P3500/P1000/P3000/S7000とRICOH Unified Communication Systemクラウド間は、TLSで暗号化されます。
  • RICOH Unified Communication Systemクラウドと他社製テレビ会議システム間は、他社製テレビ会議システムの仕様・設定により異なります。
    -H.235 AES対応している場合、暗号化されます。
    -非対応の場合、暗号化されずに通信が行なわれます。

画像:暗号化について

テレビ会議・Web会議システム導入検討ガイド

従来のテレビ会議とWeb会議の違いや4つの導入パターン、実際に導入されたお客様の声などをまとめた資料を無料でダウンロードいただけます。

資料をダウンロードする