このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地
ここから本文です

リコーのテレビ会議・Web会議システムが選ばれる理由

ポイント1

ポイント2

ポイント3

ポイント4

ポイント1 直感的な操作で、誰でも簡単に使える

3ステップの簡単操作

難しい操作は全く必要ありません。使い方は簡単。電源を入れて表示されたリストから接続したい相手を選ぶだけ。システム担当者に頼らず、だれでも簡単に使えるので、必要な時にすぐに打合せを開始できます。

画像:3ステップの簡単操作

資料や現物の映像を簡単に共有

パソコンをUSBケーブルで接続するだけで、会議につながっている全てのメンバーとパソコンの画面を共有可能。また、端末のカメラで商品などの実物を写すこともできるので、同じ画像を見てイメージを共有できるため、効率的かつ円滑なコミュニケーションを実現できます。

  • スマートデバイスでの画面共有は、受信のみとなります。
  • 他社製テレビ会議システムとの画面共有は、他社機側がH.239に対応している必要があります。

画像:資料や現物の映像を簡単に共有

ポイント2 専用回線&MCU不要

専用回線不要、インターネット接続でつながる

クラウドサービスだから、インターネットさえあれば、どこでも*コミュニケーションが可能です。

自社と外出先や取引先を、インターネットを利用して簡単に接続。本社と支店の打ち合わせに社外から参加できます。在宅勤務や外出先からも、オフィス内にいるようなコミュニケーションが可能です。

  • *リコーのテレビ会議・Web会議システム(RICOH Unified Communication System)は、インターネット接続環境、電源・出力機器(一部機種を除く)が必要です。

画像:専用回線不要、インターネット接続でつながる

専用会議室が不要

さまざまな場所に持ち運んで使えるポータブル型なので、場所に捉われない、Face to Faceのコミュニケーションを実現します。さらに省スペース型の超短焦点プロジェクターと組合せて使えば、ミーティングスペースなど、空いた場所ですぐに打合せができます。

画像:専用会議室が不要

同時接続数は無制限

多拠点接続を標準機能として提供。従来のテレビ会議システムには不可欠だったMCU(多拠点接続装置)が不要*となるため、大幅なコスト削減が可能になります。また最大9拠点を同時表示。発話者をクローズアップして表示するなど、さまざまな画面表示が可能です。
*リコー他社製テレビ会議システム接続サービスのご利用時に3拠点以上接続する場合は、MCU(内蔵可)が必要となります。
※スマートデバイスでの同時表示可能拠点数は最大4拠点となります。

画像:同時接続数は無制限

ポイント3 高品質&セキュリティも安心

映像が途切れにくい

ネットワーク状況に合わせて、最適な解像度やフレームレートを自動調整。途中で映像が固まったり、途切れたりしにくいので、ストレスなく打合せができます。

強固なセキュリティ

画像:強固なセキュリティ

映像・音声データを暗号化する通信方式により、途中で盗聴されても復元はできません。またアドレス帳に登録されたIDからのコール(会議接続の開始)しか受けない仕組みとしています。アドレス帳への登録は、Web上の管理ユーティリティを用いて相手端末へ登録リクエストを送信することで行ない、相手側でそのリクエストを承認することで、双方のアドレス帳に登録されます。

  • 他社機接続では、接続先機器がH.235 AESに対応しており機能が有効になっている場合のみ、通信が暗号化されます。

ポイント4 選べるラインナップ

利用シーンによって選択

リコーのテレビ会議・Web会議システムはご利用のシーンに合わせ、専用端末とパソコンやタブレットで使えるアプリケーションの2タイプをご用意。
会議室やミーティングスペースでは、ポータブル専用端末から接続。工場や店舗、仮設事務所での打合せではタブレットを。自席や自宅、移動先からはいつも利用しているパソコンから会議に参加。全てが同一プラットフォーム上で利用可能です。

他社製テレビ会議システムともつながる

画像:他社製テレビ会議システムともつながる

リコー製テレビ会議・Web会議システムを、すでに導入済みの他社製テレビ会議システムと接続できるサービスをご用意。クラウド上でのサービスご提供により特別な機器やソフトウェアを必要としません。

  • 他社製テレビ会議システムがH.323で運用され、インターネットにアクセスできる必要があります。ネットワークの状況、他社機の設定によっては、接続できない場合があります。
  • リコー他社製テレビ会議システム接続サービス(クラウドタイプ)は、P3500/P1000/P3000/S7000でご利用可能です。

テレビ会議・Web会議システム導入検討ガイド

従来のテレビ会議とWeb会議の違いや4つの導入パターン、実際に導入されたお客様の声などをまとめた資料を無料でダウンロードいただけます。

資料をダウンロードする