このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地

Share

ここから本文です

お客様導入事例 有限会社 VS. Transport 様

トラックドライバーの働き方改革をクラウド型デジタルタコグラフで推進。
各種情報を正確に記録し、リアルタイムに運行状況を把握。
ドライバーの負担を軽減しながら、安全意識の向上、お客様の満足度向上を実現しています。

VS. Transport様は、より働きやすく魅力的な職場づくりを目指して、働き方改革に取り組まれています。アナログタコグラフでは正確な労務管理が難しいことから、デジタルタコグラフへの切り替えを検討。リコージャパンの補助金申請サポートを利用して、全てのトラックにクラウド型デジタルタコグラフを導入されました。
各種情報を正確に記録しデジタル化することで、これまで以上に効率的な管理を実現。日報作成に伴うドライバーの負担も大幅に削減されています。
さらに、リアルタイムな運行状況の把握によりお客様へのご案内スピードもアップ。
社内の意識や体制の改善に加えて、お客様満足度向上を実現されています。

画像:コンパクトなボディに多彩な機能を搭載したクラウド型デジタルタコグラフ
コンパクトなボディに多彩な機能を搭載したクラウド型デジタルタコグラフ

画像:乗車、休憩等、ドライバーはボタンを押して操作
乗車、休憩等、ドライバーはボタンを押して操作

課題と効果

【導入前の課題】

  • チャート紙からは、正確な走行時間、休憩時間等の把握が難しかった。
  • 日報作成に伴うドライバーの負担を軽減したかった。
  • 手作業によるミスを改善したかった。

【導入後の効果】

  • 時間や距離に留まらない多様なデータを収集できるようになり、情報の精度もアップした。
  • デジタル化により労務管理が効率化。日報も自動作成できるようになった。
  • 常にクラウドへ情報が送信され、その内容を事務所からリアルタイムで確認できるようになった。
  • 従業員の安全意識が向上している。
  • お客様のお問い合わせに迅速に対応できるようになった。

選定のポイント

  • オンラインセミナーで経済産業省の補助金について詳しい案内を受けた。
  • 補助金申請をサポートするサービスがあった。
  • 地域にリコージャパンの営業拠点があり安心感があった。

導入の背景

働き方改革に向けてデジタルタコグラフの導入を検討中、
補助金と申請サポートの話を聞き「今しかない」と思いました。

関東全域と北陸エリアを中心に、運送事業を展開されているVS. Transport様。協力会社との連携により、東北・関西・中京エリアほか全国への配送にも柔軟に対応し、取り扱う荷物は、工場で用いる機器から、家電、食品、日常品まで多岐にわたります。
お客様満足だけではなく、事業を支えるドライバーの働く環境、働きやすさ向上も非常に大切にされており、デジタルタコグラフ導入の背景にも、働き方改革への思いがあったそうです。取締役社長 吉澤真一様にお話しを伺いました。

「以前はアナログタコグラフを使用していたのですが、正確な運行状況の把握ができないことに加え、日報作成という本来の業務とは異なる部分でドライバーに負担をかけてしまうことに課題を感じていました。
アナログの場合、出庫の都度、手動でチャート紙をセットするため装着ミスが起こり得ますし、正しく装着しても数分単位での時間、正確な位置までは読み取れません。ドライバーは帰庫後、チャート紙をもとに日報を作成するのですが、グラフの分析には時間を要します。さらに、管理する側にとっても手書きの文字は読みにくいことがあり、効率的に管理するためにもデジタル化の必要性を感じていました。」

手作業によるミスを減らすのはもちろん、何よりもドライバーの負担を軽減したかったという吉澤様。デジタルタコグラフの導入は、リコージャパンから補助金の案内を受けたことが一番の決め手になったと振り返られます。

「当社は13トンの大型車から3トン車まで計15台のトラックを有しており、全台にデジタルタコグラフを搭載すると、数百万円以上かかります。導入したい気持ちはあってもすぐに決断できる金額ではない中、リコージャパンの営業マンから紹介され運輸業対象のオンラインセミナーに参加。そこで経済産業省の補助金について詳しい話を聞いたことが、大きな後押しになりました。導入するなら今しかない、と思ったんです。
リコージャパンは補助金の申請手続きもサポートしてくれるので、機器の選定から申請手続きまでまとめてお願いすることにしました。」

画像:有限会社 VS. Transport 取締役社長 吉澤 真一 様有限会社 VS. Transport
取締役社長
吉澤 真一 様

VS. Transport様のニーズを受け、リコージャパンはドライブレコーダー付きクラウド型デジタルタコグラフをご提案。補助金の申請手続きには、リコージャパンのサポートサービスをご利用いただきました。

「おかげ様で非常にスムーズに申請できました。必要な書類について分からないことがある時も、すぐに回答いただけて大変助かりました。手続きでストレスを感じることはなかったですね。」

導入の効果

多様な情報が収集できるようになり、精度もアップ。
ドライバーの負担軽減や、安全意識向上を実現しています。

VS. Transport様は、所有する全トラックのタコグラフをアナログからデジタルに切り替えられ、現在15台すべてに、ドライブレコーダー付クラウド型デジタルタコグラフを搭載されています。アナログからの切り替えにより、運行状況の把握、管理はどのように改善されているでしょうか? 引き続き吉澤様にお話しを伺いました。

「走行時間、休憩時間、待機時間など、チャート紙では読み取れなかった細かな点まで、様々な時間を正確に記録し見える化できるようになりました。具体的な数値がデータとして管理できるようになると、どこに課題があるのかも明らかになり、改善に向けた取り組みが進めやすくなります。

また、必要なデータをすぐに抽出できるので、定期的な監査などにおいても帳票類をスムーズに用意することが可能です。日常業務に加えてこうした調査に対応しやすくなった点にも、アナログからデジタルへ切り替えたメリットを感じています。」

課題だった日報作成に伴うドライバーの負担も大幅に軽減されているそうです。

「以前は細かい時間・休憩場所などは、ドライバーの記憶を頼るしかなかったところ、デジタルタコグラフなら、『休憩』『待機』などボタンを押すだけで正確な時間、位置情報とともにクラウドへ記録されます。帰庫後は、クラウドに保存されたデータから日報を自動作成できるので、ドライバーが手書きで日報を作成する手間が一切なくなりました。拘束時間が削減され働きやすさの向上につながっていると思います。」

画像:大きくて見やすいボタンは、手袋をしていても操作しやすい仕様。
大きくて見やすいボタンは、手袋をしていても操作しやすい仕様。

画像:クラウド上の情報を集計し、日報として書き出すことが可能。
クラウド上の情報を集計し、日報として書き出すことが可能。

クラウド型のデジタルタコグラフでは、時間や速度のほか、急加速・急減速、アイドリング情報、さらにETCとの連携により高速道路の料金もクラウド上に記録され、いつでもどこからでも確認することが可能です。吉澤様は、リアルタイムに運行状況を把握できるようになったことが、全社的な安全意識向上につながっているとおっしゃいます。

「事務所のPCでデジタルタコグラフの管理画面を開いておけば、トラックの帰庫を待つことなく、運行状況をリアルタイムに把握できるのが良いですね。常に画面を見ていなくても、何かあればアラームで知らせてくれるのも助かります。例えば、4時間連続走行時にはドライバーに休憩を促すアラームが鳴るのですが、同じアラームが管理画面からも鳴るので、ドライバーはもちろん、事務所にいるスタッフも安全運転やエコドライブに対する意識が自然と向上。会社全体の意識が変化した結果、無駄なアイドリングが減り、燃費向上を実現できました。」

デジタルタコグラフの活用が、
お客様の満足度向上、安心感向上にもつながっています。

デジタルタコグラフの導入により、社内だけではなく、お客様に対する効果も実感されているそうです。

「お客様から事務所へトラックの到着時間についてお問い合わせいただくことがあります。これまでは、いったんお客様の電話を切りドライバーに確認した後、折り返し電話をする必要があったのですが、現在は管理画面を開くだけで、どのトラックがどこにいるのかすぐに分かりますので、お客様をお待たせすることがありません。電話をつないだままご案内できるようになりました。お客様のニーズに迅速に対応できるようになったと同時に事務所スタッフの手間も削減され、まさにWin-Winですね。

『デジタルタコグラフ=運行管理がしっかりしている』というイメージをお持ちのお客様は多いですが、実際のところデジタルタコグラフの有無で、管理体制には大きな違いがあると思います。
デジタルタコグラフを搭載していることをお客様にお伝えして、信頼や安心感を高めていけたらと思っています。」

これからも働き方改革を追究していきたいとおっしゃる吉澤様。今後に向けた取り組みや思いについて伺いました。

「デジタルタコグラフを導入して本当に良かったと思っています。まだ活用しきれていない部分もあるのですが、働き方改革を推進するツールになると確信しています。今後も働きやすく魅力的な環境づくりに努め、会社を、お客様企業を、そして社会全体を物流で盛り上げていけたらと思っています。

リコージャパンは幅広い商品やサービスをお持ちであることに加え、地域に根差した営業マンがいる安心感があります。引き続き様々な相談にのってもらえると嬉しいですね。」

画像:有限会社 VS. Transport 取締役社長 吉澤 真一 様

有限会社 VS. Transport
取締役社長
吉澤 真一 様

ダウンロード

この事例を印刷用にダウンロードしてご利用いただけます。PDF版(2.94MB)

PDFダウンロード

お客様プロフィールと導入商品

お客様情報

■お客様名称:有限会社 VS. Transport 様

■事業内容
関東全域と北陸エリアを中心に運送事業を展開

画像:有限会社 VS. Transport 様

導入製品

■DTS D2D (株式会社トランストロン)


  • 本ページ記載の会社名および製品名は、それぞれ各社の商号、商標または登録商標です。
  • 本ページに掲載されている情報は、2021年6月現在のものです。