このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
ここから本文です

大画面のディスプレイに映す

豊富なインターフェイスによる、高い互換性

豊富なインターフェイスに対応

パソコンやDVDプレーヤー、書画カメラなど、様々な機材の接続端子の種類が充実しているため、お客様が今お持ちの機材を最大限に活用していただくことができます。外部機材と掛け合わせることによって、利用の幅が広がります。

画像:豊富なインターフェイスによる、高い互換性

アプリケーションや機材と組み合わせて使えるタッチディスプレイ

たとえば、大会議室や受付、イベント会場でインフォメーションボードとして。たとえば、教育用アプリケーションと組み合わせた授業での利用といったように、すでにお使いのアプリケーションや機材と組み合わせて、タッチディスプレイとして幅広くご利用いただけます。

画像:アプリケーションや機材と組み合わせて使えるタッチディスプレイ1

インフォメーションボードとして

画像:アプリケーションや機材と組み合わせて使えるタッチディスプレイ2

教育用アプリケーションと組み合わせて授業に活用

直感的な、タッチ操作

ディスプレイに指で触れて、タッチ操作することが可能です。最大10点のポイントに同時に触れて操作できるマルチタッチ方式を採用しているため、複数人で書き込んだり、複数の指で操作することができます。

  • 実際の最大書込み数は、パソコン上で稼動させるアプリケーションの性能に依存します。
画像:直感的な、タッチ操作

映り込み防止で、大人数でも見えやすい

映り込み防止機能を搭載。後ろの席からもディスプレイを快適に見ることができます。

高性能スピーカー搭載

迫力サウンドの高性能スピーカーも搭載し、大人数の集まる場所での利用にも最適です。

ホワイトボードの画面を直接プロジェクターへ投影

インタラクティブ ホワイトボードにデジタル出力コネクタを装備。RICOH PJシリーズとケーブルを接続することで同じ画面を映し出すことが可能です。さらに画面上での書き込みや操作もリアルタイムで反映。広い会場でのセミナー・講演やプレゼンテーションに効果を発揮します。

画像:ホワイトボードの画面を直接プロジェクターへ投影

RICOH PJシリーズ (プロジェクター)

画像:RICOH PJシリーズ (プロジェクター)

世界最小*1・最軽量*1・最至近投写*1の超短焦点プロジェクター、これ1台でどんな会議室でも対応できるデスクエッジプロジェクター、教卓に置いて黒板へ大きく投影できる学校向け短焦点プロジェクターなどビジネスから学校向けまで、利用シーンにあわせて選べるラインアップをご用意しています。

商品詳細はこちら カタログダウンロード

  • *1ミラー反射式超短焦点ビジネスプロジェクターにおいて。(2017年2月現在。リコー調べ。)

4Kに対応、表現力もレベルアップ

  • フルHDと比較して4倍の解像度を表現できる4K対応画面を搭載
  • 84インチの大画面で映像や画像が見やすいので、大規模会議室や公共施設などの広いスペースにも最適
  • D8400のみ。コントローラー搭載時は、フルHD画像となります。

その他の特長をみる

インタラクティブ ホワイトボード(電子黒板)まるわかりガイド

「インタラクティブ ホワイトボードとは」から特長、各機能の紹介、課題別ソリューション、実際に導入されたお客様の声までをまとめた資料を無料でダウンロードいただけます。

資料をダウンロードする