紙だけじゃない!PODで使える販促効果の高い素材3選

From: ダイレクトマーケティングラボ

2021年02月02日 00:00

この記事に書いてあること

販促・マーケティング担当者の仕事に求められるものは、市場の状況やトレンドによって変化。顧客ニーズが多様化する中、売上アップと仕事の効率化を実現する施策に悩んでいませんか?そんな方のために、販促・マーケのよくあるお悩みと解決策をお伝えします。

販促物の定番といえば、チラシやポスター、POPなど。用途に合わせて紙の種類を使い分けることで、販促効果を高めることができます。POD(プリント・オン・デマンド)で印刷できる用紙は多岐にわたりますが、一方で、紙以外の素材で便利な販促物を作ることはできるのでしょうか。

訪問先に持参するお土産を買いに立ち寄った洋菓子店や商店街の抽選会で、魅力ある販促物に出会うことができました。

透明シールでガラスの質感を損なわずに販促

西村:

わ~、このお店のお菓子、全部おいしそうですね!どれがいいかな……。ショーケースに貼ってある透明な素材のシールは、ガラスの質感を損なわないからキレイでいいですね。

マネージャー:

これは、エヴァタックの透明タイプね。透明のシールなら、ショーケースに差し込む店内の照明を遮らずに商品の販促ができるから、とてもおすすめよ。不透明のシールはショーケース内に影を作って、せっかくのお菓子が見えにくくなってしまうから注意が必要ね。

西村:

なるほど。透明だとシールをベタッと貼ってある感がないし、スッキリした印象になるのもいいですね。ガラスドアに透明のエヴァタックで営業時間を貼ったり、オフィスのガラス扉に「会議室A」というエヴァタックを貼ったりするのはどうですか?

マネージャー:

いいアイデアね!ガラスの向こう側が見える状態をキープしたまま貼れるのは、けっこう大事なポイントね。ガラスに貼っても部屋の中の様子を遮らないのも、エヴァタック透明タイプならではの魅力よ。エヴァタックなら剥がし跡も残らないから、頻繁に貼り換える用途にもぴったりね。

ガラスなど平滑面に貼れて、剥がし跡が残らないシール紙・エヴァタック。透明タイプは、ガラスケースやガラスドアなど、光や視線の遮りを抑えたい場所での訴求に便利です。

耐水性があるため、生鮮食品売場など水気の多い場所でも安心して使えます。

エヴァタックの透明タイプで作られたPOP

ミシン入り吹き出しPOPで手軽にアイキャッチ!

西村:

このお菓子の見本に貼ってあるPOPは、ラミフリーの吹き出しタイプPOPですね。いつもマネージャーに教えてもらってばかりの僕でも、さすがにこれはわかりますよ!

マネージャー:

正解!吹き出しタイプのPOPは、シンプルだけど効果的なアイキャッチよ。季節のおすすめや一押し商品など、売り出したいものにワンポイント的に付けることで、お客さんの目をパッと引くことができるわ。

西村:

確かに、全部に「おすすめ!」と貼ってあると、買う方もどれがいいのか迷っちゃいます。販促物の効果を最大限に発揮するためにも、狙いを絞って貼るのがベストですね。

マネージャー:

販促物全般に言えることだけど、使いすぎるとごちゃごちゃして商品の魅力がわかりにくくなるのよ。その点、このお店はすっきりした印象のエヴァタックの透明タイプと、存在感が強いラミフリーPOPを効果的に使い分けているから上手ね。ほら、この『季節のおすすめ』の栗のお菓子がおいしそうよ。やっぱり販促はこうでなくちゃ。お土産はこれにしましょう!

ラミネート加工をすることなく、印刷するだけで耐水性のある販促物を作れるラミフリー。特殊フィルムでサンドしてあるため、メニューなど人が触る販促物も水やアルコールで拭けて安心です。

吹き出し型やテーブルテント、スイング型などのミシン目が入ったタイプなら、カット作業の手間なく、印刷後に手で取り外すだけで簡単にPOPが作れます。

ラミフリーの吹き出しPOPで作られたセールのシール

ロゴ入り袋やクリアファイルもPODで簡単に作れる

西村:

お菓子屋さんがくれた抽選券で引いた福引、外れて残念ですね……。参加賞はクリアファイルかぁ。

マネージャー:

あら、いい参加賞じゃない。クリアファイルはいくつあっても困らないし捨てられにくいから、実は販促効果抜群のノベルティなのよ。社名や商品ロゴをプリントするだけじゃなくて、商品の写真も入れられるから宣伝の幅が広がるわ。この素材はミルキーホルダーね。直接PODでプリントできる素材よ。

西村:

へえ~。素材の色が白くて不透明だから、書類を挟んだときに情報がほどよく隠れて使いやすそうですね。

ミルキーホルダーで作られた販促クリアファイル

ミルキーホルダーは、クリアホルダーの状態のままPODで印刷ができる素材。オリジナルのクリアホルダーを、自社で簡単に作れます。

マネージャー:

そうよ。だから、展示会なんかで資料を挟んで渡すのもいいわね。それに、クリアファイルを入れてもらったこのバッグも凝ってるわ。これはバッグに自分で印刷できるピカーソという素材を使っているわね。

西村:

え、バッグも自分で作れるんですか?

マネージャー:

ええ。ピカーソ de プリントはあらかじめ袋状になっているから、印刷してすぐに使うことができるの。抽選会みたいなイベントだけじゃなくて、営業訪問時の会社案内や、展示会のお土産を入れる袋を社名入りにすれば、宣伝効果がさらに高まるわ。

ピカーソdeプリントは、A4サイズの手提げ袋や底付きバッグ、ブックカバーなど、成型されたアイテムにPODで印刷ができる不織布。組み上げ作業をすることなく、販促効果の高い持ち帰りバッグが作れます。

ピカーソdeプリントの不織布バッグ

まとめ

西村:

オリジナルのクリアホルダーや不織布バッグも自分で作れるんですね!印刷といえば紙というイメージについ引っぱられてしまいますけど、いろいろなものに印刷ができるなんて、新しい発見です。工夫したら他にも活用できそうだ。

マネージャー:

今回紹介した素材はもちろん、うちの会社にもあるRICOH ProC5300Sで印刷ができるわ。多種多様な印刷物を必要な数だけ印刷できるのは、PODの最大のメリットよ。それにしても、この商店街の方々は販促物作りのポイントを押さえていて、私も勉強になったわ。

西村:

そうですね。今日は、いろいろなお店で楽しく勉強できました!すぐに仕事に活かせそうだ。これからも外出するときは販促担当者目線を持ちながら歩いて、もっといろんなことを知りたいです。

マネージャー:

ふふふ……楽しみながら学ぶことが、成長の近道ね!普段の仕事でもその熱意、忘れないでほしいわ。さあ、お客様先へ向かいましょう!

記事タイトルとURLをコピーしました!

https://www.ricoh.co.jp/magazines/direct-marketing/column/o00010/

業種別で探す

テーマ別で探す

お問い合わせ

ダイレクトマーケティングラボに関連するご質問・お問い合わせは
こちらから受け付けています。お気軽にご相談ください。

お問い合わせ

ダイレクトマーケティングラボ

https://www.ricoh.co.jp/magazines/direct-marketing/

「ダイレクトマーケティングラボ」は、マーケティングに関連する用語の解説や販促に役立つ情報をわかりやすくご紹介しています。

お問い合わせ

リコージャパン株式会社

東京都港区芝3-8-2 芝公園ファーストビル

お問い合わせ先:ダイレクトマーケティングラボ 編集部 zjc_direct-marketing@jp.ricoh.com