このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
ここから本文です

RICOH ProcessDirector 前提環境

RICOH ProcessDirector V3.10

商品名 RICOH ProcessDirector V3.10
製品型番 5765-H30
品種コード Q50852 Q50851 Q50850
プラット・フォーム AIX® Linux® Windows®

ハードウェア

CPU 1.9GHz 以上のプロセッサー 1個以上 2.8GHz 以上のプロセッサー 1個以上 3.1GHz 以上のプロセッサー 1個以上
メモリー 8GB 以上* 8GB 以上* 8GB 以上*
ハードディスク 200GB 以上* 200GB 以上* 200GB 以上*
ディスプレイ 解像度 1,280×800 以上 解像度 1,280×800 以上 解像度 1,280×800 以上
その他 LAN 接続環境 LAN 接続環境 LAN 接続環境

ソフトウェア

オペレーティング
システム
基本サーバー および 2次サーバー(64-bit) 基本サーバー および 2次サーバー(64-bit) 基本サーバー(64-bit)
IBM®AIX 7.2 TL3 SP3 以上 Red Hat®Enterprise Linux(RHEL)8.1-8.x最新版
Red Hat® Enterprise Linux (RHEL)7.6-7.x最新版
CentOS Linux 7.7 for x86_64
SUSE® Linux Enterprise Server (SLES)15 SP1以上
SUSE® Linux Enterprise Server (SLES)12 SP4以上
Windows Server2022
Windows Server2019
Windows Server2016
webブラウザー Mozilla Firefox® 最新サービスレベル/Google Chrome 最新サービスレベル/Chromium Edge 最新サービスレベル
Viewer Adobe® Reader®9.0、X、XI
  • 記載スペックは稼働環境上、必要最小限の要件を記載しています。導入時には最新情報をご確認いただき、十分な稼働環境をお選びください。
  • 次の機能(オプショナル・フィーチャー又は、ベースフィーチャーに含まれる機能)の使用時は16GB以上のメモリーが必要です。[自動ベリフィケーション・アーカイブ・インサーター・AFPサポートの各オプション・PDFドキュメントサポート機能]
  • Transforms(Postscript®/PDF to AFP, PCL to AFP, SAP to AFP)オプション使用時は、追加メモリーと追加ディスクが必要となります。詳細はお問い合せください。
  • AFPデータに対応するには、AFPサポート・オプションが必要です。

Adobe Acrobat®用 RICOH ProcessDirector プラグインの前提環境

RICOH ProcessDirectorで、インデキシングによる文書管理を行うためには、Adobe Acrobatを稼働させるパソコン(またはサーバー環境)をご用意頂き、インデキシングツールとして機能するプラグインソフトウェアを導入頂く必要があります。

ソフトウェア OS: Windows® 10/Windows Server 2019/Windows Server 2016
Adobe Acrobat X(バージョン10.1.1以降)/XI/2017またはDC Professional
Java Runtime Environment (JRE) バージョン1.8 64ビットバージョン
ハードウェア 1024 × 768ピクセル以上のモニター解像度
最小2GB以上のRAM ※処理する文書数に応じて、ハードドライブ空き容量およびメモリーの追加が必要です。
  • 同パソコン(又はサーバー)は、以下の理由から、LAN経由でRICOH ProcessDirectorに接続できる必要があります。
  • - Plug-inソフトの導入は、Webブラウザーを使い、RICOH ProcessDirector にログインし、管理画面からダウンロードして行います。
  • - 導入後も、制御ファイルを作成する度に、 RICOH ProcessDirector にアップロードしますので、その際には、ファイル転送をできる必要があります。

主なサポートプリンター*1

〈連続紙AFP対応プリンター*2

シリーズ モデル
RICOH Pro VCシリーズ
(フルカラー)
RICOH Pro VC70000  RICOH Pro VC60000
RICOH Pro VC40000  InfoPrint 5000
InfoPrint 基幹業務出力機
(モノクロ)
InfoPrint 4100  InfoPrint 100  InfoPrint 75
RICOH Pro Fシリーズ
(モノクロ)
RICOH Pro F2130Y/F2130  RICOH Pro F2120Y/F2120

〈カット紙AFP対応プリンター*2

シリーズ モデル
RICOH Pro シリーズ
基幹業務出力機(モノクロ)
RICOH Pro 8320Y/8320HT/8310Y/8310HT
RICOH Pro 8220Y/8220HT/8210Y/8210HT
RICOH Pro 8120Y/8120HT/8110Y/8110HT
RICOH/InfoPrint
基幹業務出力機(モノクロ)
RICOH SP 8400 IPDS
InfoPrint SP 8200 DN1

〈AFPプリンターエミュレーションソフトウェア*3

シリーズ モデル
RICOH TotalFlow-ER
/ WPM 電子帳票出力
または、
PCプリンターへの出力
TotalFlow-ER AFP Emulator for Web
TotalFlow-ER AFP Emulator for Print
WPM AFP Emulator for AIX

〈カット紙PDFプリンター〉

シリーズ モデル
RICOH Pro Cシリーズ
(フルカラー)
RICOH Pro C9200/C9210  RICOH Pro C9100/C9110  RICOH Pro C7210/C7210S
RICOH Pro C7200/C7200S  RICOH Pro C7110/C7110S  RICOH Pro C7100/C7100S
RICOH Pro C5300S/C5310S  RICOH Pro C5200S/C5210S  RICOH Pro C5100S/C5110S
RICOH Pro シリーズ
(モノクロ)
RICOH Pro 8320S/8310S/8300S  RICOH Pro 8220S/8210S/8200S
RICOH Pro 8120S/8110S/8100S  RICOH Pro 6100/6100HT
  • * 1: - 上記以外にもサポートされるプリンターはございます。お手持ちのプリンターについては、当社担当営業宛お問い合わせ下さい。
  •   - 接続プリンター・モデル(エンジン)の印刷スピードレンジに応じ、RICOH ProcessDirector側には、プリンター接続フューチャーが必要となります。
  • * 2: - IPDSモデルおよび、IPDSオプション対応モデル
  •   - AFPの仕様を満たすAFP(IPDS)プリンターは、 RICOH ProcessDirector のAFP サポートフィーチャーを前提にサポートされます。
  •   - AFPプリンター側の制限により、 AFP サポートフィーチャーで提供される一部のAFP機能が使えない場合があります。
  • * 3: - IPDS(AFPプリンター)をエミュレーションするソフトウェア
  •   - RICOH ProcessDirector のAFP サポートフィーチャーおよび、WPM/ER連携フィーチャーを前提にサポートされます。
  •   - AFPプリンターエミュレーションソフト側の制限により、 AFP サポートフィーチャーで提供される一部のAFP機能が使えない場合があります。
  •   - TotalFlow-ER AFP Emulator for Print を搭載するPCから、接続するプリンターへの印刷は、通常のWindows®の印刷ドライバーによる印刷となります。よって、IPDSプリンターの持つ障害時の自動リカバリーなどの機能は提供されません。

互換性、制限事項、パフォーマンスおよび考慮点も含めた詳細の稼働環境については、弊社にお問い合わせください。

  • AFP, InfoPrintは、株式会社リコーの米国およびその他の国における商標です。
  • AIX, IBM, z/OS, Power Systems は、International Business Machines Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
  • Adobe, PostScriptはAdobe Systems Incorporatedの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
  • Windows, Windows serverは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
  • Linuxは、Linus Torvaldsの米国およびその他の国における登録商標です。
  • Red Hatは、Red Hat Incの米国における登録商標です。
  • その他の製品名、会社名、およびサービス名等は、それぞれ各社の商標または登録商標です。