このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地

Share

ここから本文です

特集1 中小企業の課題解決

お客様に寄り添い、最適なITソリューションで中小企業の課題解決に貢献
SDGs 8

日本にある企業のうち、99%以上を占める中小企業※1。日本経済の基盤を形成する存在でありながら、大手企業以上に人手不足が深刻化しています。リコージャパンはこの状況を喫緊の課題として認識し、全社を挙げてその解決に取り組み、中小企業を起点とする地域の活性化、持続可能な社会の実現を目指しています。

※1
出典:中小企業庁「2019年版中小企業白書」

中小企業が抱えている経営課題へのアプローチ

写真:石井 正樹
販売事業本部 山口支社
事業戦略部 事業戦略グループリーダー
石井 正樹

中小企業で常態化している人手不足。特に山口県は後継者不在率が75%以上※2に達し、全国でも特に深刻な事態となっています。地元企業が抱えるさまざまな課題と向き合ってきた石井正樹は、人手不足を解消するツールとしてIT活用が叫ばれているものの、興味があっても導入に踏み切れない企業も多いと言います。

「大企業に比べて中小企業の労働生産性の伸び率は低く、その背景にはIT活用の遅れがあると言われています。中小企業の経営者様からは、導入コストへの懸念に加えて、『IT』といっても何をどう活用すればいいのか分からない、導入しても使いこなせるか不安だ、といった声をよくお聞きします」

こうしたなかで転機となったのが『IT導入補助金』※3の存在です。この制度を活用したご提案を通じて、お客様企業に寄り添う意識や、地元企業の発展に対する責任感が一層高まったと、石井は振り返ります。

「IT導入補助金の申請においても、課題と導入ツール、効果が明確に結びついていなければ生産性向上は望めません。ですから、経営力向上計画や事業計画を策定する過程で、課題から効果までの道筋を丁寧に整理していきました。こうした作業には、ITのみならず企業経営の知識が不可欠です。そこで私自身は『ITコーディネータ』の資格を取得し、さらに、申請の過程で中小企業診断士など専門家とのネットワークも生まれ、お客様に安心してご相談いただける体制、経営課題に応える基盤を構築することができました」

地元企業の経営課題解決に向けて、山口支社が一丸となってご支援したことで、2018年度は83件の採択に貢献しています。

※2
出典:帝国データバンク「特別企画:2017年山口県後継者問題に関する企業の実態調査」
※3
中小企業を対象に、生産性向上に役立つITツール導入において、費用の一部を国が補助する制度。補助を受けるには、IT導入補助金事務局に登録された「IT導入支援事業者」とパートナーシップを組み申請、認定される必要がある。リコージャパンは「IT導入支援事業者」となっている。

リコージャパンの総合力で地元企業を起点に地域創生にも貢献

写真:馬越 久美
販売事業本部 山口支社
事業戦略部 事業戦略グループ
馬越 久美

中小企業へのアプローチには、リコージャパンが築いてきたノウハウ、強みが凝縮されていると、お客様の交付申請をサポートしてきた馬越久美は言います。

「リコージャパンが取り扱う商品・サービスは多岐にわたり、それぞれに運用実績があります。だからこそ業種を問わず、幅広い中小企業の経営課題に即したトータルなご提案ができるのです。課題からゴールまでのアプローチも単純ではありません。例えば、労働生産性の向上なら、利益率向上と労働時間削減の両面からのご提案といったことが可能です」

さらに、お客様の事業を通じて、間接的に多様な社会課題の改善に貢献できるのもリコージャパンの特徴であると石井は続けます。

「先日、お客様企業を訪問した際、地域の子どもたちを招いた職場見学会に、リコージャパンより提供させていただいたITツールが使われている様子を見て、私たちの日々の仕事が地域社会に広がっていることを肌で感じることができました。

地元企業には、地域活性化に積極的な経営者の方が多くいらっしゃいます。山口支社としても、地域経済の原動力である中小企業を盛り上げることを通じて、地域全体の活性化、持続可能な社会の実現に貢献していくことを目指していきます」

「IT導入補助金」を活用したご提案事例

株式会社はつもみぢ様

1819年創業の酒蔵、株式会社はつもみぢ様。1年を通じて日本酒を製造する四季醸造を行い、こだわりの純米酒を少量ずつ丁寧に醸造されています。

はつもみぢ様では、日本酒ブームが世界に広がっていくビジネスチャンスに、効果的な情報発信を図りたいと「IT導入補助金」を活用。ホームページのリニューアルを行いました。酒造りへのこだわりや、新酒のご案内を多言語でタイムリーに発信されています。

ホームページのリニューアル後はお客様からのお問い合わせが増加。また、印象的なPRによってブランド力の向上にもつながり、従業員募集にも効果を発揮しています。

株式会社はつもみぢホームページ

季節ごとに変わるおすすめ商品、期間限定商品の情報もタイムリーに更新。酒蔵見学の受付も行っている。

VOICE

IT導入には信頼できるパートナーの存在が不可欠です

写真:原田 康宏  様
株式会社はつもみぢ
代表取締役社長 杜氏
原田 康宏

IT分野の技術革新は目覚ましく、次々と登場する新商品、新サービスの中から自社に最適なものを選ぶのは困難です。だからこそ、IT導入においては、どの企業とパートナーシップを結ぶかが非常に重要だと考えています。地元で信頼のおける富士事務器さんと、全国で幅広い実績をお持ちのリコージャパンさんのタッグには、安心してお任せすることができました。

リコージャパン=オフィス機器というイメージが強かったのですが、IT導入補助金を機に、企業経営や地域活性のご相談もさせていただくようになりました。今後も、地元企業、地域社会の活性化に一緒に取り組んでいけたらと思います。