このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地

Share

ここから本文です
2019年12月9日
リコージャパン株式会社

令和元年度「テレワーク先駆者百選 総務大臣賞」が授与されました

令和元年11月25日「『働く、が変わる』テレワークイベント」において、総務省が主催する「テレワーク先駆者百選」の表彰式が実施され、令和元年度「テレワーク先駆者百選 総務大臣賞」の表彰状が授与されましたので、お知らせします。

画像:テレワーク先駆者百選

「テレワーク先駆者百選」とは、総務省がテレワークの普及・促進を目的として、テレワークの導入・活用を進めている企業・団体を「テレワーク先駆者」とし、その中でも十分な実績を持つ企業・団体を「テレワーク先駆者百選」として公表しております。
リコージャパンは、令和元年度「テレワーク先駆者百選」に選定され、特に優れた企業・団体として、総務大臣賞を受賞いたしました。

令和元年度「テレワーク先駆者百選 総務大臣賞」において評価いただいた点
  • モバイルなどICTツールの積極的な活用と働き方の多様化による大幅な生産性の向上*
  • 全国のお客様向けにテレワークの実践事例を紹介するセミナーやライブオフィスの展開
  • 2018年の西日本集中豪雨や台風21号の際、テレワークを試行しBCP対策としての効果を確認
  • テレワーク活用による小規模小学校の遠隔合同授業支援の実施
  • *一人あたりの年間総実労働時間1,770時間(2016年度⇒2018年度:-97時間)

画像:寺田 稔 総務副大臣(左)より表彰状が授与される、リコージャパン 社長執行役員 坂主 智弘

寺田 稔 総務副大臣(左)より表彰状が授与される、リコージャパン 社長執行役員 坂主 智弘

表彰式に続いて、リコージャパンのテレワークにおける取組内容の紹介、およびパネルディスカッションが行われ、常務執行役員 人財本部 本部長 山田裕治が登壇いたしました。

画像:リコージャパンの取組を紹介する 常務執行役員 人財本部 本部長 山田裕治

リコージャパンの取組を紹介する 常務執行役員 人財本部 本部長 山田裕治

画像:パネルディスカッションの様子

パネルディスカッションの様子

リコージャパンはこれからも、“オフィス”を中心とした働き方ではなく、“働く人”を中心とした働き方を実践し、自ら実践することで得られたノウハウを全国各地で開催するセミナーやLiveOffice「ViCreA」にて、お客様へ提案してまいります。