2024年6月24日リコージャパン株式会社 リコージャパン、POP作成支援システム「RICOH MightyPOP6」を提供開始

~小売業の市場ニーズの多様化に対応し、店舗販促強化と省人化に貢献~

リコージャパン株式会社(社長執行役員:笠井 徹)は、小売業のお客様の売上拡大、省人化に貢献するPOP作成支援システム「RICOH MightyPOP6」を6月24日より提供開始します。

「RICOH MightyPOP6」は、小売店におけるPOP作成業務をサポートするシステムで、初めてPOPを作成する方でも、商品特性に応じた多彩な表現を簡単な操作で実現できます。基幹システムやPOSシステムとのデータ連携により、最新の販売価格が自動的に反映されるため、POP作成時に生じる手入力を大幅に削減でき、販売価格などの情報転記ミスを防止します。

本バージョンから、デジタルサイネージや電子棚札といったデジタルメディア連携が可能となっており、促物の活用の幅をさらに広げることが可能になりました。用語チェック機能や多言語翻訳機能(オプション)も併せて活用いただくことで、用語選定や翻訳の作業も省力化します。

RICOH MightyPOP6が売場のDXを実現

RICOH MightyPOP6が売場のDXを実現

背景

近年、小売業へのニーズの多様化にともなう業務の複雑化を受け、DX化による売上向上・CX向上、および深刻な人手不足の解消への関心が今まで以上に高まっています。こうした中、店舗販促においても、紙POPに加えて電子棚札、デジタルサイネージをミックスした店舗販促の活用と、その業務の効率化が求められています。「RICOH MightyPOP6」は、これらのニーズに対応するためシステムを全面改良し、小売業の店舗販促をトータルで課題解決することで、お客様の売上拡大、省人化に貢献します。

商品名 RICOH MightyPOP6
(リコー マイティポップシックス)
発売日/
サービス提供開始
2024年6月24日(月)
価格 オープン価格
モデル構成 スタンドアローンタイプ
クライアントサーバータイプ
センターサーバータイプ ※2024年12月対応予定

関連リンク

  • 本ページに掲載されている会社名および製品名は各社の商号、商標または登録商標です。
PAGE TOP