このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
ここから本文です

安否確認サービス2

災害時に必要な機能をフル搭載

緊急対策の議論や指示までできる
サイボウズスタートアップスの次世代型安否確認システム

安否確認サービス2

安否確認サービス2は、災害時の安否確認を携帯電話やパソコンで行うクラウドサービスです。単にメールの一斉送信をするだけではなく、災害時に必要な安否確認と情報集計、対策指示の3つの機能が含まれた次世代型の安否確認システムです。またそれらの機能を適切な範囲で、適切な権限管理のもと利用できるので、エンタープライズ企業でも安心してご利用いただけます。

社内ネットワークの障害時の緊急連絡用としてもご活用いただけるサービスです。

BCPの必要性

なぜ、今BCPが必要なのか

自然災害やパンデミック、サイバーテロなど企業を襲うリスクは多様化しています。また、近年は異常気象が増え、災害も増える傾向にあります。企業には災害時の混乱を最小限に留め、顧客サービスを継続的に提供するためのBCP(事業継続計画)が求められています。

企業を襲う災害による損失が余りにも大きいと、事業継続が不可能な事態に陥ります。このような事態を避けるために前もって対策を用意しておくことが必要です。そのためには、何が収益に深く関係する重要事業であるか、また、重要事業を復旧させるために必要な要素などをあらかじめ定義しておかないと、緊急時に順序を間違えたり、必要な措置を取らなかったりすることで、体力の少ない災害直後の時期に重大な危機に陥ります。それらを回避するためにBCPの策定が必要なのです。

重要なサービスを継続・想起復旧→信頼の獲得

『安否確認サービス2』でできること

災害時にはパニックに陥ります。だからこそ、一斉送信とそれに返答するだけの安否確認システムは災害時にほとんど意味をなしません。その名の通りの「安否確認」だけでは不十分で、コミュニケーションがとれることが必須となります。

従業員が無事で出社可能な状況か、負傷し出社不可能な状態にあるか、など従業員の状況に合わせて第二報、第三報を送る、といったコミュニケーションがとれて初めてBCPとして意味のあるものになります。

安否確認サービス2は、確実にコミュニケーションを取るための回答方法や、必要な人にだけ必要な通知を行うといったコミュニケーション機能を実装しながら、膨大なアクセスにも耐えうる構成で企業のBCP対策に貢献します。

災害・事故発生→1. 安否確認、2. 情報集計、3. 対策指示

災害時に必要なフル機能

安否確認機能

  • 地震や津波、その他の大災害時(大雨、暴風、高潮、波浪、暴風雪、大雪)の発生時に、予め登録いただいたプライベート連絡先に一斉送信します。
  • 大災害時にも連絡を取りやすくする、スマートフォン専用アプリが利用できます。プライベート連絡先に、災害に強いTwitterアカウントを登録することができます。
  • 気象庁の地震/津波情報/特別警報と連携し、自動一斉送信ができます。
  • 大量のメールをスパムメールと判定されないように短時間で送信することができます。
    ユミルリンク株式会社のCuenoteを利用しています。
  • 一般ユーザーは、パソコン、スマートフォン、携帯電話など、マルチデバイスで登録ができます。
  • 一般ユーザーは、ユーザーIDやパスワードを登録することなく、ダイレクトログインで登録ができます。
  • 安否確認の未回答者には、自動で再送信することができます。
  • 事前に登録した家族だけが使える家族掲示板を利用できます。
  • 一斉送信時に、家族安否機能の選択ができます。

安否確認機能


情報集計機能

  • 危機管理責任者やマネージャーの役割に設定したユーザーは、連絡状況を一覧表で確認することができます。
  • 全社集計、部署別集計、地域別集計を確認することができます。
  • 各設問/各回答の項目での該当者一覧を確認することできます。
  • 危機管理責任者やマネージャーには、一斉送信時に連絡状況の集計ページを案内するメールが送信されます。
  • 集計結果をCSVファイル形式で出力することができます。
  • 各設問/項目での該当者一覧を利用して、個別メールやメッセージが送信できます。
  • 危機管理責任者とマネージャーは、各ユーザーに代わって代理登録ができます。
  • 連続地震時には、合算集計により全対象者の最新状況を確認することができます。

情報集計機能


対策指示機能

災害時に必要と考えられる、災害状況から判断される最適なメンバーと対策を議論する機能『メッセージ』、途中経過を知らせる機能『掲示板』、結果を報告する機能『メール』の3つの異なる情報伝達機能が利用できます。

掲示板
従業員に対して、現在の状況を知らせることができます。またメール受信ができないときには、各自で状況確認する唯一の方法となります。各掲示内容に防災マニュアル等が添付でき、写真などの添付ファイルを含めた書き込みをすることができるので、広く現状確認を求めるような使い方に利用することができます。
メッセージ
対策を検討するのに特定メンバー間で議論できるアクセス権のかかった電子掲示板を作成することができます。書き込みのタイミングで、登録されたメンバーのプライベート連絡先に通知されますので、災害時でも安心して議論することができます。
メール
現状確認を取るために、設問を付けたメールを一斉送信したり、メッセージでの議論で決まった連絡事項などは設問を付けずに一斉送信連絡することができます。

対策指示機能


堅牢なインフラ構成

日本国内での大災害に備え、安否確認サービスのメインシステムはシンガポールに設置しています。バックアップとして日本とアメリカに待機サーバーを設置し、いかなる災害でもご利用いただけるようにシステムを構成しています。緊急時にも堅牢性をもって稼動できるよう、アクセスが集中した際や、地震や津波・特別警報が起きた際に自動的にサーバー拡張を行います。

堅牢なインフラ構成

ご利用価格(月額)

年額のご用意もございます。ご利用価格の詳細についてはお問い合わせください。

(税別)
月額利用料金 ライトプラン プレミアプラン ファミリープラン エンタープライズ
50ユーザー 6,800円 8,800円 10,800円 14,800円
100ユーザー 9,800円 12,800円 15,800円 19,800円
200ユーザー 12,800円 15,800円 18,800円 22,800円
300ユーザー 14,800円 18,800円 22,800円 26,800円
500ユーザー 18,800円 23,800円 28,800円 33,800円
700ユーザー 22,800円 27,800円 32,800円 37,800円
1,000ユーザー 26,800円 32,800円 38,800円 43,800円
いずれのプランも初期費用はかかりません。
登録できる上限ユーザー数と利用できる機能によって、プランが異なります。
動作環境はこちらでご確認いただけます。
1,000名以上のご利用をご希望の際は別途お問い合わせ下さい。

プランによる機能の違い

機能 ライトプラン プレミアプラン ファミリープラン エンタープライズ
手動による一斉送信
自動による一斉送信
連絡状況の自動集計
対策指示(掲示板等)
マルチデバイス表示
ファイルアップロード
家族間の安否確認
詳細な権限設定

オプションサービス

安心教育/設定サポート 100,000円(税抜)

1回2時間の教育や設定サポートを1回実施します。
東京23区以外は、交通費の実費が別途必要になります。

無料体験版お申し込み

30日間の無料体験版をお申し込みいただけます。

お問い合わせ

リコーワンストップくらうどに関するお問い合わせを受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

リコーワンストップくらうど
サポートデスク

TEL:050-3534-0775

受付時間:平日(月~金)9時30分~17時