このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー
ここから本文です
RICOH Contract Workflow Service
画像:きっかけは法務から。そして会社が変わる。大企業の経営を支える法務部門、その業務を支援するのが RICOH Contract Workflow Serviceです。

法務部門の”お困りごと”をContract WorkFlow Service解決

「法務支援クラウド(RICOH Contract Workflow Service)」は、相談内容や回答内容を記録し、法務担当者間でのナレッジとして共有することで相談回答の効率化を実現するとともに、契約管理機能により契約期限管理、契約満了前の通知を行うこともできる法務業務の統合支援ツールです。以下の“お困りごと”に心当たりのある際は、ぜひお気軽にご相談ください。

法務部門のよくあるお困りごと

画像:問合せ対応に日々追われている 契約書フォームの請求が多い

問合せ対応に日々追われている

契約書フォームの請求が多い

 
詳しく見る
「簡易審査機能」

画像:特定の人に問合せが集中している 個々の問合せを誰が担当しているか分からない

特定の人に問合せが集中している

個々の問合せを誰が担当しているか分からない

 
詳しく見る
「担当割当機能」

画像:過去の契約の経緯が分からない、探せない 同じ内容の相談なのに担当により回答がまちまち

過去の契約の経緯が分からない、探せない

同じ内容の相談なのに担当により回答がまちまち

 
詳しく見る
「相談一覧機能」

画像:細かいメールのやり取りが記録出来ない 関連するメモや資料が探せない

細かいメールのやり取りが記録出来ない

関連するメモや資料が探せない

 
詳しく見る
「コメント機能」

RICOH Contract Workflow Serviceが解決します!

「簡易審査機能」で相談要否の分別が可能に! 「担当割当機能」で法務担当者間の負担を分散! 「相談一覧機能」で過去の相談履歴を一元管理
画像:法務相談機能
画像:簡易審査機能

「簡易審査機能」で
相談要否の分別が可能に!

法務担当者が個別に回答する内容ではない問合せを、簡易な設問から定型文や雛形提供などの自動応答で対応法務担当者の負担が軽減できます。

画像:担当割当機能

「担当割当機能」で
法務担当者間の負担を分散!

簡易審査機能で絞られた問合せは更に内容に応じた担当者や対応件数の少ない担当者等に割り当てる事で業務量の調整が可能です。

画像:相談一覧機能

「相談一覧機能」で
過去の相談履歴を一元管理!

別の法務担当者が担当した過去の相談案件のやりとりを確認することができ、契約更新業務がスムーズに。

画像:コメント機能

「コメント機能」で
すべての関係者のやり取りを履歴保管!

回答前の資料不足の連絡や、関連部門とのやり取りなどもシステム内で行うことで、関連情報として管理することができます。

「コメント機能」で全ての関係者のやり取りを履歴保管!
画像:契約審査機能
画像:コメント機能

「簡易ワークフロー」で
押印依頼や承認の記録も残せます!

完了した相談を審査依頼時に案件と紐づけすることで、法務部門を介在することなく契約審査機能でスムーズに締結できます。

電子契約連携機能

クラウドサインまたは「DocuSign」(2021年8月24日より)とのシームレスな連携機能がご利用頂けます。

新機能!電子契約連携機能

法務相談、契約審査の社内プロセスが完了すれば、システムの切り替えやログインをすることなく、RICOH Contract Workflow Serviceからクラウドサインまたは DocuSign (2021年8月24日より)に電子契約依頼を行うことができます。

※別途クラウドサインまたはDocuSignのご契約が必要となります。

AI条項チェックツール

リコー独自の自然言語処理技術「ディープアライメント™」を活用した
契約書条項比較支援機能を提供

AI条項チェックツール

自社が作成した契約文面と、契約当事者の相手方から提示された契約文面の条項・条文を自動比較でき、「契約書面の確認プロセス」の業務負荷を大幅に軽減できます。特に自社と相手方の契約書双方の条項の読込み時間の短縮化や、条項・条文比較時のチェック漏れ抑止に貢献します。

※AI条項チェックツールはRICOH Contract Workflow Serviceのオプション機能となります。