このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地
ここから本文です

小売・流通業のコロナ禍での販売促進はデジタルサイネージ

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大により、小売・流通業はリアル店舗での集客や販売促進に窮しているため、お客様を安心・安全にお迎えし、購買を促すことが課題となっています。そのような中、小売・流通業の強い味方になるのが、デジタルサイネージです。店舗に訪れるお客様に対して「感染予防のお知らせ表示」で注意喚起したり、リアルタイムに混雑状況を表示して感染リスクを軽減したり、全店舗に最新情報やお買い得品情報を掲載したりすることができます。
そこで今回は、小売・流通業におけるコロナ禍での販売促進としてのデジタルサイネージ活用法をご紹介します。

withコロナ時代デジタルサイネージは小売・流通業の強い味方

世界的に猛威をふるい続けている新型コロナウイルス感染症。外出の自粛や在宅勤務によってまばらになった客足を、お店や売り場に呼び込み購買へとつなげるためには接客が必要となりますが、今注目されているのが「非対面での接客」です。

お客様が安心して買い物ができるように、接客スタッフとの接触の不安をできるだけ払拭するための、目に見える環境作りが欠かせません。また、現在では、「有人接客の代わりに」商品・サービス説明をする媒体が必要となります。

そのようなとき、役立つのが「デジタルサイネージ」です。

ここからは、どのようにデジタルサイネージがコロナ禍で小売・流通業に活用できるかをご紹介します。

有人接客の代わりに販売促進

これまでは、各商品・サービスの売り場にスタッフを配置して、実演販売や試食販売を行っていましたが、新型コロナウイルス感染症の流行にともない、接触や密になる可能性があるこれらの販売方法を取ることが難しくなってきました。

そのような課題を解決するのがデジタルサイネージです。店頭や売り場に設置することで、動画やスライドショー形式で商品・サービスのPRを「非接触」で繰り返し行うことができます。動きのあるコンテンツで人目を惹くことができ、また人による説明内容のばらつきを抑え、的確に情報を発信し続けることが可能です。コンテンツに音声も含めることで、より有人販売に近い形態をとることもできます。

感染予防のお知らせ表示で注意喚起、安心・安全をもたらす

店頭でまず重要になるのが、訪れたお客様に対して感染予防のお知らせコンテンツをデジタルサイネージで表示することです。例えば、次のコンテンツが考えられます。

  • ●3密回避・ソーシャルディスタンスを保つことを促す
  • ●マスク着用を促す
  • ●手指消毒を促す
  • ●店舗のコロナ対策の取り組みを伝える

画像:感染予防のお知らせ表示で注意喚起、安心・安全をもたらす

3密回避・ソーシャルディスタンスを保つことや、マスク着用、手指消毒など、新型コロナウイルス対策を呼びかけることで、お客様の店内における適切な行動を促します。また、店舗で実施している一定時間ごとの換気や消毒、従業員の検温などの感染対策についても積極的に情報発信することで、お客様に安心・安全を感じてもらうことができます。

リアルタイムに状況を表示して感染リスク軽減

リアルタイムに店内の状況や買い物に役立つ情報を表示することで、お客様に店舗をより安心・安全かつ便利に利用してもらうことができます。

●混雑状況や混雑する時間帯を表示して密を避けるよう促す

例えば、店内の混雑状況をリアルタイムで表示したり、混雑する時間帯を表示したりすることで、お客様に密な状態をできるだけ避けながら買い物をしてもらうことができます。

●在庫情報や売り切れ商品を告知して店内が混雑しにくいようにする

現在人気の高い衛生用品等、売り場に足を運ばなくとも、自分の欲しい商品の在庫があるかどうか、売り切れ品の状況などをデジタルサイネージで情報提供することで、お客様の無駄な行動を削減でき、店内の混雑緩和につながります。

●警戒レベルによって注意喚起の強弱をつける

混雑具合などから変わる、その日ごとの警戒レベルに合わせて、注意喚起を強めたり弱めたりすることで、お客様により安心安全かつ便利に買い物をしてもらうことができます。

全店舗に最新情報を掲載

全国各地に多くの拠点を持つチェーン店などの場合には、全店舗共通で感染対策や季節のお勧め商材などの情報を配信したいこともあるでしょう。

しかし従来の場合、看板の製造やポスターの印刷、各店舗への配送、各店舗での掲示、といった工程を踏む必要があり、時間も手間もかかります。一方、デジタルサイネージを設置しておけば、表示するコンテンツはインターネットを介して、遠隔から即座に全店舗への掲載が可能になるため、時間や手間の削減と共に、人的コストの削減にもつながります。

画像:全店舗に最新情報を掲載

まとめ

デジタルサイネージは、withコロナの状況でも、小売業や流通業の店舗や売り場で大いに活用できる有意義なツールです。

リコーのデジタルサイネージでは、さまざまなコンテンツを工夫の効いた表示方法で、リアルタイムに掲載することができます。全国の店舗に遠隔から即座に一斉配信することも可能です。また、店舗ごとに情報コンテンツを出し分けられますので、地域に即した情報提供もできます。
デジタルサイネージは、感染対策の周知や行動を促す情報コンテンツを、非対面・非接触で発信することができる、安心・安全のお店づくりの大きな助けとなるツールです。ぜひ、デジタルサイネージの活用を考えてみてはいかがでしょうか。

デジタルサイネージの活用方法 - CASE1 小売店舗で

デジタルサイネージまるわかりガイド

PDF版(全16ページ)無料ダウンロード

イメージ

デジタルサイネージの特長や活用目的、実際に導入されたお客様の声などを
わかりやすくまとめた “デジタルサイネージ まるわかりガイド” を
ご用意いたしました。ぜひご一読ください!

以下のような内容を掲載しています。

  • デジタルサイネージとは
  • コンテンツ配信の3つのパターン
  • 4つの活用法
  • 業種・業態別活用例
  • リコーのデジタルサイネージのご紹介
  • お客様の声

資料をダウンロードする