このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地

Share

ここから本文です

メンテナンス・障害情報

リコーデジタルサイネージサーバーVersion 2.2.0.3バージョンアップ
STB (SKNET BOX/RDS SH BOX/RDS XM BOX/Type1/Type2) バージョンアップ

更新
  • サーバー2020年9月30日 15:00
  • STB2020年9月30日 18:00 以降
バージョン
  • 1)リコーデジタルサイネージサーバー:Version2.2.0.3
  • 2) STB(セットトップボックス)
    • SKNET BOX 3GモデルVersion 2.3
    • SKNET BOX WiFiモデルVersion 2.3
    • RDS SH BOXVersion 2.3
    • RDS XM BOXVersion 2.3
    • Type1 Version 2.2
    • Type2Version 2.4
バージョンアップ内容
  • STB動作の安定性を向上しました。

【バージョンアップの対応方法】

リコーデジタルサイネージサーバーとSTB(SKNET BOX/RDS SH BOX/RDS XM BOX/Type1/Type2)の両方を
バージョンアップする事で、バージョンアップ内容の機能がご利用できるようになります。

  • 1)リコーデジタルサイネージ サーバーのバージョンアップ方法
    お客様による作業は発生いたしません。
    2020年9月30日15:00以降にログインするとVersion 2.2.0.3の機能がご利用できるようになります。
    ※サーバーの停止はおこなわれません。
  • 2)STBバージョンアップ方法
    2020年9月30日18:00以降、STBが電源ONかつネットワーク接続状態であれば、
    順次アプリケーションが自動でアップされます。
    バージョンアップ後は自動でSTBの再起動が行われます。

※STBの電源がOFFになっていた場合は、電源をONすると、自動でバージョンアップが開始されます。

【注意事項】

・バージョンアップ中は、しばらくホーム画面のままとなり、お客様の設定されたコンテンツは表示されません。

・バージョンアップ完了までの推定所要時間は20秒~5分です。(ネットワーク環境等により変動します)