このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地

EMPOWERING DIGITAL WORKPLACES パートナー会

EMPOWERING DIGITAL WORKPLACESパートナー会のご案内

お客様の生産性革新へ。
パートナーとリコーの新しい共創の形です。

リコーは、EMPOWERING DIGITAL WORKPLACESの取り組みのひとつとして、
オフィスにとどまらず広く現場や社会に新たな知的創造と生産性革新の価値を実現するために、
ICT*1やIoT*2に対応したビジネス基盤
「EMPOWERING DIGITAL WORKPLACESプラットフォーム」を提供します。
そして、「EMPOWERING DIGITAL WORKPLACESパートナー会」は、
このプラットフォームを通じ、様々なエッジデバイス*3とパートナーエコシステムの
コラボレーションを強化し、働く現場とオフィスの業務の自動化、省力化を実現するとともに、
お客様の生産性革新のお役に立つことを目的としています。
日本のオフィスを、現場を、社会を元気にするビジネスの種を、ご一緒に育てていきませんか。

*1 Information and Communication Technology(情報通信技術)
*2 Internet of Things(モノのインターネット)
*3 IoT(Internet of Things)のコンセプトは、複合機などのオフィス機器、パソコン、スマートフォン、デジカメ、ロボットなどあらゆるモノがインターネットにつながり、情報のやり取りをすることで、モノのデータ化、自動化等が進展し、新たな付加価値を生み出すというものです。ここでいう「モノ」にあたる機器類をエッジデバイスと呼んでいます。

EMPOWERING DIGITAL WORKPLACES
パートナー会の活動概要

●個々の開発あるいは共同開発のための情報交換
●パートナー間の情報共有
●事例発表会・展示会などの企画・実施
●リコー・リコージャパンへの支援相談
●プロモーション

「はたらく」を
よりスマートに。

EMPOWERING DIGITAL WORKPLACES とは?

リコーは、お客様に提供する価値として「EMPOWERING DIGITAL WORKPLACES」を掲げています。

リコーはこれまで主にオフィスで働くお客様をサポートしてきました。
これらのお客様のどの業種にも、オフィスがあり、現場があります。例えば、製造業のお客様には工場という現場があります。物流業のお客様には倉庫、教育機関の現場は学校、医療機関の現場は病院。そしてそれぞれの現場には、現場固有の業務があります。さらには、技術の進歩や近年の働き方改革に伴い、働き方が多様化することで、お客様の働く場所も広がり、社会のあらゆる場所で働くことが可能になりつつあります。

この、物理的に離れて働く人が「互いにつながり、働く人の知的創造を支える空間」、それがデジタルワークプレイスです。私たちリコーは、ワークプレイスをデジタルの力で強化し、エンパワーすることで、お客様の “「はたらく」をよりスマートに” することに貢献してまいります。

EMPOWERING DIGITAL WORKPLACES 概念図

ワークプレイスをデジタルの力でエンパワーし、
お客様の生産性を革新するための
プラットフォームを用意しました。

EMPOWERING DIGITAL WORKPLACESプラットフォームとは?

中小企業の生産性革新に向けた
新たなビジネスモデルを創出するプラットフォームです。

多くの企業、とくに中小企業では、紙文書をはじめ、手書きメモ、音声記録、ビデオ映像、プリント写真などの様々なアナログ情報を扱う業務が依然として残り、ICT活用による生産性向上に向けての大きな課題となっています。そこでリコーでは、中小企業の生産性革新をサポートするため、これらのアナログ情報を素早く、簡単にデジタル情報に変換する「EMPOWERING DIGITAL WORKPLACESプラットフォーム」を用意しました。

「EMPOWERING DIGITAL WORKPLACESプラットフォーム」は、お客様に対して販売・サポートを行うための仕組み・機能を組み合わせたビジネス基盤です。様々なエッジデバイスを通して取得されたアナログ情報は、連携アプリケーションによってデジタルデータに変換され、エコシステムとつなぐことでデジタルワークプレイスを実現します。このエッジデバイスと連携するアプリケーションをパートナーの皆様と共に構築することで、中小企業を中心とした様々な業種にわたるお客様の業務を自動化・省力化し、生産性革新に貢献することができます。「EMPOWERING DIGITAL WORKPLACESプラットフォーム」は、中小企業向けの新たなビジネスモデル創出の基盤となります。

概念図:EMPOWERING DIGITAL WORKPLACESプラットフォームの構造と目指すもの パートナー/リコーの開発アプリケーションとエッジデバイスとの融合を実現するオープンなプラットフォームを日本国内で展開し、中小企業の生産性革新に貢献

EMPOWERING DIGITAL WORKPLACES
プラットフォームが提供する価値

  • 1. パートナーアプリケーションの付加価値向上

    アプリケーションを利用するためにデジタル情報入力が必要ですが、紙文書などのアナログ情報はまずデジタル情報に変換しなければなりません。このフロントエンド処理が簡素化されますので、アプリケーションの付加価値が向上し、活用がより促進されます。

  • 2. コンポーザブル・アプリケーション

    EMPOWERING DIGITAL WORKPLACES プラットフォームで提供する、アナログからデジタルに変換する様々なコンポーネントを利用できます。そしてそのコンポーネントを組み合わせてワークフローを作成する開発ツールを提供しますので、簡単かつ短時間でのアプリケーション開発を実現できます。

  • 3.拡がるエッジデバイス

    EMPOWERING DIGITAL WORKPLACES プラットフォームを介して、オフィスと働く現場の様々なエッジデバイスにつながります。

パートナーにとっての
ビジネスメリット

  • 図形 価値創造

    パートナー製品の付加価値向上

    EMPOWERING DIGITAL WORKPLACES パートナーシップのもと、パートナー、リコーが相互にコラボレーションし、それぞれの強みを生かしたソリューション開発とお客様への価値提供を進めるなかで、パートナー製品の付加価値をより高めることができます。

  • 図形 ビジネスモデル創出

    豊富なエッジデバイスを活用した新たなビジネスモデルの創出

    パートナーが開発したアプリケーションは、EMPOWERING DIGITAL WORKPLACESプラットフォームを介して、例えば新世代複合機に対応すると、それ以外の様々なエッジデバイスにも短期間で簡単に対応することができるようになります。自社、他社を問わずエッジデバイスとアプリケーションが連携することで、ビジネスチャンスが拡大します。

リコーは、EMPOWERING DIGITAL WORKPLACESパートナー会を通じて、皆様とのパートナーシップを強化するとともに、お客様課題に応じたアプリ開発、業務の自動化・省力化、販売・サポートを促進し、中小企業の生産性革新のお役に立ちたいと考えています。皆様のご参加をお待ちしています。

お問い合わせは
こちらから