このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地
ここから本文です
balloon

働き方改革

コミュニケーション
スタイルの変革

会議のスタイルをもっと自由に、コミュニケーションを思い通りに。

画像:会議のスタイルをもっと自由に、コミュニケーションを思い通りに。

「会議室が空いていない…」「移動やスケジュール調整に時間がかかってしまう…」「出先の社員や在宅勤務者とのコミュニケーションが減ってしまう…」 このようなお困りごとはありませんか?
実は私たちリコージャパンも、同じ課題を抱えていました。私たちは様々なシステムを検討し、自ら導入を進めることで、従来の形式にとらわれない、自由でスマートな会議スタイルを構築。こうした社内で培った実践をもとに、会議にまつわる様々な課題の解決とコミュニケーションの変革を支援するソリューションをご用意しています。

リコージャパンの場合

いつでも利用できる会議スペースにプロジェクター電子黒板

リコージャパンでは単焦点プロジェクターを設置した会議スペースを活用することで、省スペース・短時間での打ち合わせを実現しています。会議室が空いていないときや時間がないときも、執務エリアの空きスペースなどを活用した気軽なミーティングを可能にし、業務効率と意思決定スピードを向上させています。

画像:会議スペースにいつでも利用できるプロジェクターや電子黒板を_01

また、インタラクティブホワイトボード(電子黒板)を各ミーティング用スペースに配置。「大画面で情報共有がスムーズにできる」「画面に直接書き込むことで議論を見える化できた」「書き込んだ画面を保存して、メール送信が可能なので、議事録をまとめる時間を短縮できる」など、社内の評判も上々です。

画像:会議スペースにいつでも利用できるプロジェクターや電子黒板を_02

遠隔拠点同士の会議には、テレビ会議システムを利用

リコージャパンでは遠隔地にいる社員同士のミーティングが必要な際、テレビ会議システムを積極的に活用しています。
他拠点との会議や、複数部門を交えての会議でも、データを共有しながらディスカッションすることで、リアルタイムでスムーズな意思疎通を可能に。コミュニケーションの質の向上と、時間の有効活用を実現しています。

具体例としては、毎週月曜日に本社と全国約70拠点をつないでテレビ会議を実施。移動時間やスケジュール調整にかける手間やコストを削減しながら情報を共有しています。また、経営方針や最新トピックスなどをダイレクトに発信し、社内の意思共有をよりスムーズなものにしています。

さらに、万一、大規模自然災害が発生した際も、被災地域の状況を瞬時に確認することができ、的確な対応・指示が可能です。災害復旧の段階においても、積極的に活用しています。

画像:遠隔拠点同士の会議には、テレビ会議システムを利用

外出先でも、在宅勤務中でも参加可能。場所にとらわれない会議スタイル

リコージャパンでは、日常的にテレビ会議を活用しています。外出中や、在宅勤務中の社員も、ノートPCやスマートフォンのアプリを利用してミーティングに参加できるため、いつでも、どこでも、相談や報告が可能に。
社員一人ひとりにとって無理のない働き方を支援しながら、意思決定スピードの向上に成功しています。

画像:外出先でも、在宅勤務中でも参加可能。場所にとらわれない会議スタイル

リコージャパンのおすすめソリューション

会議変革パック

ちょっとしたスペースでの打合せから在宅勤務時の遠隔会議など、情報共有や意思決定のスピードアップを図ることができます。

報連相コミュニケーション強化パック

いつでもどこでも社内外の相手と迅速に連絡をとり、セキュアで無駄のないコミュニケーションを実現することで業務生産性を向上をさせることができます。

働き方改革ならリコージャパンにぜひ、ご相談ください。

働き方改革に関するご質問・お問い合わせはこちらから受け付けています。お気軽にご相談ください。