空間データ作成/利活用AIソリューション

建物空間をデータ化。
設備も資産も
すぐに見つかる、伝わる。

建物の3Dモデリングと生成AIで、
現況の理解を支援。

最新のお知らせ

2023年11月16日

リリース

ランディングページを公開しました

2023年10月01日

リリース

実証実験の受付を開始しました

空間データ利活用とは

BIMや図面などで情報整備されていない既存建物や、改修前後の部屋内、設備、資産はもちろん天井裏の配管も3次元復元してバーチャル空間として再現。
現地に行かずどこにいてもPCやタブレットから空間を閲覧でき、測距、メモやコメントによるやりとりの記録、既存台帳システムとの連携、各種AIによる業務の自動化や作業支援などを提供します。

※AI機能については順次追加予定

導入による効果例

  • 建物の管理品質向上

    建物の管理品質向上

    現地へ行く回数や人数を最低限に抑えることができ、空間データによる迅速な随時確認で管理品質の向上に貢献します。

  • スムーズな識合わせ

    スムーズな認識合わせ

    空間データによっていつもの見慣れた見た目で視覚的に探したり、既存の台帳からリンクして確認したり、立場の違う人同士でも早く正確に認識合わせがしやすくなります。

  • 効率的な計画検討と実施

    効率的な計画検討と実施

    設備の詳細情報や過去経緯への素早いアクセス、シミュレーションなどの事前確認ができるので、短期間で精度の高い工事計画作成、実施ができます。

活用シーン例

  • オフィスビル

    オフィスビル

  • 病院・学校・研究施設

    病院・学校・研究施設

  • ホテル・商業施設

    ホテル・商業施設

  • 工場・プラント

    工場・プラント

運用・サービス

資産・設備・エネルギー・スペース活用・
清掃・警備・災害対策

維持保全

日常点検・定期点検・保守・修繕・改修

特長

  • アプリインストール不要、webブラウザーで閲覧可能

    アプリインストール不要、
    webブラウザーで閲覧可能

  • 空間データ内の該当箇所に採寸やメモを記録

    空間データ内の該当箇所に
    採寸やメモを記録

  • 今お使いの各種台帳と紐づき空間データと台帳の相互活用

    今お使いの各種台帳と紐づき
    空間データと台帳の相互活用

  • 開発中 自動分類・モデル・台帳化

    開発中

    自動分類・モデル
    ・台帳化

  • 開発中 自動計測

    開発中

    自動計測

  • 開発中 搬入経路シミュレーション

    開発中

    搬入経路シミュレーション

サービスご利用の流れ

STEP 1

トライアルのお申し込み

トライアルを申し込む

STEP 2

サービスを選ぶ

ご希望のサービス内容をお選びいただきます。
空間データ作成のための一連の作業は
全て弊社にて実施致します。

空間データ作成サービス

撮影

撮影

※既にお持ちの空間データも使えます

矢印
データ処理

データ処理

矢印
台帳などの紐づけ

台帳などの紐づけ

データ利活用サービス

BIM(ifc)作

BIM(ifc)作

各種AI処理

各種AI処理

STEP 3

空間データのご活用開始

webブラウザーで閲覧できるビューワーからご活用ください。

詳しい資料のご依頼・
お見積り相談・お問い合わせ

お問い合わせ

FAQ

A:撮影費用+月額サブスクリプションが基本です。詳細はお問い合わせください。

A:インターネットにつながる一般的なPCであれば動作可能です。

A:計測データを取得した機材によります。

A:可能です。位置合わせして再表示し、更新前後をそれぞれ確認できます。

A:台帳の現況に応じて方法を提案いたします。ご相談ください。

A:可能です。ご相談ください。

A:屋外のデータ取得ができれば表示可能です。

A:将来的な連携を考えています。