工程情報をRFIDを使って正確に取ることで生産性向上実現

header_deco01

RFIDシステム導入事例中央電子株式会社

header_deco01

ポスト型RFIDリーダーとリコーRECO-Viewを使って、工程の詳細な見える化・業務効率化に成功。

ここが解決のポイント

header_deco01
  • 作業実績データがリアルタイムに、正確に取得できるようになります。

    movie

    弊社製品RECO-Viewを使用することでお使いのカンバン・現品票を無理なく電子化・工程管理に使用可能です。
    RECO-Viewなら、作業指示書を置いて「着手」、指示書を抜いて「完了」のシンプル作業で完結。作業者がわざわざ日報を入力する等手数を増やさずに工程実績取得が可能です。

  • 工程間中間情報を取得することで実績詳細を把握でき、
    改善ポイント・事実を確認可能です。

    movie

    工程内に着手完了ポイントを設定することで中間情報の実績も取得が可能。工程管理システムを導入することで実績の可視化・情報の共有化が図れるようになります。

  • ロスタイムも見える化できるので、迅速なフォローが可能となった。

    movie

    「着手」「完了」以外の例えば「中断・休憩・トラブル対処時間」も収集できるため、工程内で何が起こっているかより見える化が可能となります。

本展示会にご来場いただいたお客様だけの特典

header_deco01
  • RFIDソリューションを使った改善がイメージができる
    「リコーRFIDソリューション事例集」をプレゼント 特典
特典申込 カタログダウンロード