モダンPCへの移行の
ご相談・ご購入はこちら

リモートワークを
スマートに。モダン PC。

Windows 10、Microsoft 365、インテル vPro®プラットフォーム搭載のモダンPC1,2で、より強化されたプライバシーとセキュリティ機能を確保しましょう。

Windows 7 のサポートは終了しました
– Office 2010 のサポートはまもなく終了します。
Windows 10 Pro、Microsoft 365、インテル vPro® プラットフォーム2,3搭載のモダンPCへの移行をご検討ください。

vPro

Windows 10が搭載されたモダンPCへの移行は
リコージャパンにお任せください。

Windows 7のサポート終了後もPCはこれまで通り立ち上がり、使い続けることは可能ですが、
マイクロソフトからサポートが受けられなくなり、
お使いのPCがセキュリティリスクやウイルスに対し脆弱になる可能性があります。
また、Officeはいつでも最新バージョンを利用できる、
クラウドベースのOffice 365がおすすめです。

リコージャパンなら、モダンPCの導入からセキュリティ対策、Office 365まで、
最適な導入計画をご提案・支援いたします。
ぜひ、リコージャパンにご相談ください。

在宅勤務でもオフィスと変わらない生産性を実現!

モダンPCと周辺機器を組み合わせたおススメ構成をご提案いたします。

モダンPC + ディスプレイ + USBヘッドセット
特別価格
¥129,500
(税抜価格)~

+
+
  • VersaPro-J タイプVC

    NEC

    VersaPro-J タイプVC

    [PC-VJT10CGG63J6]

    様々なワークスタイルを支援する
    コンパクトモバイルPC

  • 21.5型ワイド液晶ディスプレイ

    アイ・オー・データ

    21.5型 ワイド液晶ディスプレイ

    [LCD-AH221EDB]

    マルチディスプレイで作業効率アップ

  • USB両耳小型オーバーヘッドタイプUSBヘッドセット

    エレコム

    USB両耳小型
    オーバーヘッドタイプ
    USBヘッドセット

    [HS-HP27UBK]

    雑音が入りづらくWEB会議を快適に

リコージャパンでは
他にも様々なモダンPCを取扱いしております

  • ThinkPad X1 Carbon

    Lenovo

    ThinkPad X1 Carbon

    Intel Core™ i5-8265U

    薄型、軽量デザイン。質量わずか約1.09kg、薄さ14.95mm。狭額縁を採用し、13型のフォームファクターに14型高解像度液晶を搭載
    持ち運び頻度が高く、かつ作業効率も求めるプロフェッショナルユーザーに最適な薄さと軽さを兼ね備えた持ち運びに便利なモデル

  • VersaPro-J タイプVG

    NEC

    VersaPro-J タイプVG

    Intel Core™ i5-8265U

    お客様のモバイルワークを支援する軽量&長時間駆動のフラッグシップモバイルノートPC
    ・最軽量時約785gの軽量ボディ
    ・標準バッテリで約13.3時間の駆動時間を実現(JEITA準拠)
    ・Webミーティングにおすすめのヤマハ製Audioエンジン™を標準搭載

  • LIFEBOOK U9310/DX

    富士通

    LIFEBOOK U9310/DX

    Intel Core™ i5-10210U

    軽くて薄くていつでもどこでも使えるこの1台がワーキングスタイルを大きく変えます!
    ・持ち運びも苦にならない、超軽量898g
    ・カバンに入れても邪魔にならない、薄さ15.5mm
    ・コンセントいらずの、長時間バッテリー約23.0時間駆動(JEITA2.0)

  • VersaPro-J タイプVC

    NEC

    VersaPro-J タイプVC

    Intel Core™ i5-10210Y

    様々なワークスタイルを支援するコンパクトモバイルPC
    ・12.5型ワイド・フルHD(1920×1080)高精細液晶
    ・B5サイズのコンパクト筐体
    ・Web会議に適した音響設定が可能なWebミーティングモードを搭載
    ・1kg未満の軽量設計、最薄部約18mmの薄さを実現
    ・収納式有線LANポート搭載

  • HP Elite Dragonfly/CT Notebook PC

    HP

    HP Elite Dragonfly/CT Notebook PC

    Intel Core™ i5-8265U

    すべてを軽くする。ビジネスの生産向上を追求した13.3インチプレミアムコンバーチブルPC
    ・唯一無二のデザイン CNC削りだしのマグネシウムボディに革新的な軽量設計を採用、999gの世界最軽量コンパクトビジネスコンバーチブルPC
    ・世界で最も安全なビジネスPC 
    ・30分で50%の高速充電可能な長時間バッテリーを搭載

  • ThinkPad L13

    Lenovo

    ThinkPad L13

    Intel Core™ i5-10210U

    社内モバイルやテレワークに必要な携帯性を兼ね備えた13.3型ディスプレイ搭載モバイルPC
    充実の機能とコストパフォーマンスを追求したThinkPad Lシリーズ
    薄型・軽量ボディー、長時間バッテリー駆動、急速充電機能を備え、 外出先や出張など、どこへでも気軽に持ち運ぶことができます

モダンPCと組み合わせてリモートワークを快適に!
おすすめ商品のご提案!!

このようなお困りごとはありませんか?

お困りごと1

カフェや電車移動中にメールや資料をすぐに確認したいとき、
周りの人にPC画面をのぞかれたくない!

のぞき見防止フィルター

のぞき見されても
他人に見られず安心!

のぞき見防止フィルター

・視認角度60°以外の位置からは見えない仕様
・ブルーライト約48%カット
・タッチパネルにも対応!

エレコム

[EF-PFS156W]
インチ:15.6
[EF-PFS133W2]
インチ:13.3

お困りごと2

社内メンバーとのWeb 会議は、関係のない人に聞かれたくない!
周りに迷惑をかけたくない!

USBヘッドセット

周りの迷惑にならない!

USBヘッドセット

・両耳小型オーバーヘッドタイプ
・USBタイプのためインターフェースを問いません
・ドライバ不要でPCに接続するだけですぐに使用可能です

エレコム

[HS-HP27UBK]
保証期間:6カ月

お困りごと3

ノートPCでのプレゼンはお客様へ画面を共有しづらく、
スムーズにいかない!

モバイルディスプレイ

外出先でもマルチディスプレイで
スマートにプレゼン!

モバイルディスプレイ

・薄さ約10mm、重さ約740g!手軽に持ち運べる
・HDMIケーブル(HDMI - ミニHDMI)、ACアダプタ標準添付
・使った後は畳んで収納できる!

アイ・オー・データ

[LCD-CF131XDB-M]
インチ:13.3
保証期間:3年間
入力端子:HDMI(ミニ)、USB Type-C※
※パソコンにDisplayPort Alt Mode対応のUSB Type-Cポートが必要です。

モダンPC活用で
場所にとらわれない働き方の実現

テレワークまるごとパック

会社に戻らないと仕事ができないため残業が増える。育児や介護のために自宅で働きたいけれどそのための環境がない。 このようなお悩みはありませんか?
リコージャパンは、テレワークに必要なモバイルPCとインターネット環境などをまとめてご提供いたします。

よく寄せられる質問への回答

インテル vPro® プラットフォーム搭載のモダン PC は、セキュリティーの強化、 パフォーマンスの高速化、7,9,15よりスピーディーなマルチタスク、7,8,9 長時間駆動のバッテリーで時間とコストを節約します。10

Windows 10、Office、インテル vPro® プラットフォームは、最新ソフトウェアと標準ハードウェアセキュリティー機能を組み合わせることで、ご使用の PC を保護します。1 ファイヤーウォール、セキュアブート、ファイルレベルの情報損失保護、インテル® ハードウェアシールドといったビジネスに不可欠な要素が装備され、サイバーセキュリティの脅威からユーザーを保護します。

Windows 10、Microsoft 365、インテル vPro® プラットフォーム搭載のモダン PC ならあらゆる働き方に寄り添います。モダン PC は 1.3 倍高速なマルチタスクを備え7,8,9 、ワールドクラスのビジネスソフトウェアツールとのスムーズな連携を実現します。高速スタートアップと長時間駆動のバッテリーを備えた10モダン PC なら、いつでも、どこでも高い生産性を発揮することができます。

最新の インテル vPro® プラットフォームを搭載したWindows 10 PC は、管理と更新を簡素化し、時間、コストの節約を可能に。PC 管理がより容易になります。

これらの利点に加え、モダン PC には仕事が楽しくなるような優れた機能が数多く搭載されています。音声コントロール、高精度タッチパッド16、生体認証17、ペン入力の Windows Ink18 などの機能を活用し、生産性を高めましょう。

はい。互換性のあるWindows 7のPCをフルライセンスの要件に基づいてアップグレードできます。最新のハードウェア性能を活用するには、Windows 10が搭載された最新のPCに移行することをお勧めします。

はい、Windows 7を引き続きご使用いただけます。ただし、対象サポートは2020年1月14日に終了したため、お使いのPCはセキュリティ上のリスクに対してより脆弱となります。Windowsは引き続き機能しても、セキュリティや機能の更新情報が受け取れなくなります。

Windows 7はサポートが終了した後もライセンス認証のインストールや有効化が可能です。けれども、セキュリティ上のリスクやウィルスからデバイスを保護するために、MicrosoftではWindows 10にアップグレードすることをお勧めしています。

Windows 7デバイス上でのInternet Explorerのサポートは2020年1月14日に終了しました。Internet ExplorerはWindowsオペレーティング システムのコンポーネントとして、同じサポートのライフサイクルに従います。

仮想化ソリューションが適切とされる企業や組織には、Office 365 ProPlus向けに最適化されたマルチユーザーWindows 10エクスペリエンスを提供する唯一のクラウドベースのサービスであるWindows Virtual Desktopをご利用いただけます。これには無料のWindows 7拡張セキュリティ更新プログラムが含まれています。これらの拡張セキュリティ更新プログラムは、Windows 10への移行に十分な時間を必要とするWindows 7 (およびWindows Server 2008/R2 およびSQL Server 2008/R2)組織の最終手段として、個別に購入することも可能です。

拡張セキュリティ更新プログラムはボリューム ライセンス(VLSC)でご購入の場合、2019年4月1日以降ご利用可能となっています。拡張セキュリティ更新プログラムは 2019年12月1日以降クラウドソリューションプロバイダー (CSP) プログラムにてご購入可能です。

Microsoft では、お客様にはそれぞれ異なるアップグレードプロセスが存在することを認識しています。拡張セキュリティ更新プログラムは、サポート終了期限を経過し Windows 10への移行が不可能な PC 向けの最終手段として推奨するオプションです。Windows 7対象拡張セキュリティ更新プログラムは端末ごとに販売され、価格は 2023年1月まで毎年上昇します。

Windows 10が提供する最新のセキュリティ、生産性、管理機能は定期的に更新され、サポートされています。そのため、Windows 10、Microsoft 365 、及び最新のセキュリティ機能を含む Microsoft 365を搭載したモダンPCに移行することをお勧めしています。

有料の拡張セキュリティ更新プログラムの詳細については、よくある質問 (FAQ) をご覧ください。

引き続き Office 2010 をご使用いただけますが、サポートが終了すると、お使いの PC はセキュリティ上のリスクに対してより脆弱となります。
Office は引き続き機能しても、セキュリティや機能に関する最新情報を受け取れなくなります。

お客様がテクノロジー戦略を評価し、Office Home & Business 2019、または Microsoft 365の最新ソリューションがビジネスにいかに利益をもたらすかを考える貴重な準備機会となります。

2020年10月13日以降、Exchange OnlineのようなMicrosoft 365のサービスへの接続には対応できなくなります。生産性の低下を防ぐため、お客様はOffice Home & Business 2019、またはMicrosoft 365の最新バージョンにアップグレードする必要があります。

Office Home & Business2019は、サブスクリプションではなく、買い切り型のOfficeの最新バージョンです。これにより新しいインテリジェントツールや機能を従業員に提供し、関連する規制の保護とコンプライアンスを維持しながら、クラス最高の生産性を実現します。

Office Home & Business 2019は、最も安全な永続ライセンス版です。セキュリティ機能には、Office Home & Business 2019のアプリケーションと統合する Windows 10 Proの機能である Windows Information Protection (WIP) が含まれています。Office Home & Business 2019を含むオンプレミスバージョンのOffice には、Microsoftが提供しているインテリジェントセキュリティ機能のすべてが含まれているわけではありません。
Microsoftのインテリジェントセキュリティ機能の完全なスイートを探しているユーザーは、Microsoft 365ビジネススタンダード、または Microsoft 365サブスクリプションの選択を検討する必要があります。

Office 365は、最高の成果を生み出す力になります。Office 365サブスクリプション プランでは、常に最新版のOfficeアプリケーション(Word、Excel、PowerPoint、Outlook、Publisher、Access)を使用することができ(PublisherとAccessはWindows PCのみ)、追加のOneNote機能にもアクセスが可能です (機能はそれぞれ異なります)。Microsoft 365は、PC、Mac、Androidタブレット、Android フォン、iPad®、iPhone®などの複数のデバイスにインストール可能です。さらに、Microsoft 365では、OneDriveのクラウドストレージ、自宅でのSkype通話プラン、および高度なOutlook.comセキュリティなどのサービスを利用できます。Office 365サブスクリプションの有効期間中は、常に最新バージョンのOfficeアプリケーションを使用できます。

Office Home & Business 2019は、1回限りの購入による永久ライセンスで、永続版のOfficeアプリケーション(Word、Excel、PowerPointなど)が含まれており、1台のWindows PC、またはMacで使用できます。これらのアプリケーションは自動的には更新されません。最新バージョンを入手するには、新しいバージョンの発売時に改めてOfficeを購入する必要があります。1回限りの購入による永続ライセンス版のOfficeアプリケーションの最新バージョンは、Windows版とMac版のOffice Home & Business 2019です。以前のバージョンとしては、Office 2016、Office 2013、Office 2011 for Mac、Office 2010、Office 2007、Office 2008 for Mac、Office 2004 for Macがあります。1回限りの購入による永続ライセンスのOfficeには、Microsoft 365で利用できるサービスは含まれていません。

デバイスにインストールし、ライセンス認証した後のMicrosoft 365の使用にはインターネットへの接続は必要ありません。ただし、Microsoft 365のインストールとライセンス認証、更新のインストールや、支払い管理には、インターネットアクセスが必要となります。OneDrive デスクトップアプリをインストールしている場合を除き、OneDriveに保存されたドキュメントへのアクセスには、インターネットアクセスが必要です。ただし、Officeアプリケーション(Word、PowerPoint、Excel など)のインストール後は、オフラインでの使用が可能です。

Microsoft 365のバージョンを最新の状態に保ち、自動アップグレードを活用するには、定期的にインターネットに接続する必要があります。インターネットに未接続の状態が39日以上続くと、アプリケーションは機能制限モードとなり、製品エラーが表示されることがあります。Officeアプリケーションを再び有効化するには、インターネットに再接続し、Microsoft 365にサインインします。サインインの方法を見る

1. IT修復を必要とするセキュリティイベントは、Windows 10で最大33%削減または回避されます。The Total Economic Impact of Microsoft Windows 10、Forrester、2016年。絶対的なセキュリティを提供できる製品やコンポーネントはありません。
2. 別売り。
3. The Total Economic Impact of the Intel vPro® Platform、2018年12月 Forrester実施調査インテルはForrester Consultingに依頼し、アメリカ、イギリス、ドイツ、日本、中国でインテル vPro®プラットフォームを使用する中規模企業 (従業員数100名以上 1、000名以下) の256人のIT マネージャー対象に調査を実施しました。そのうち75%が、インテル® Core vPro® プロセッサーとWindows 10を搭載し PCは以前よりも安全であるという見解に「同意」または「強く同意」しています。intel.com/vProPlatformTEIで全調査結果をご覧ください
4. 情報漏洩危険度指数、データ、漏洩源等別の侵害ケース、2018年のデータはhttps://breachlevelindex.com/でご覧ください。
5. データ漏洩/侵害調査報告書、Verizon 2019。
6. 第8世代 インテル® Core vPro® i7-8665Uプロセッサーおよびインテル® Core vPro® i5-8365Uプロセッサー 
7. パフォーマンス実績は、2019年3月21日および2019年4月3日に実施したテストに基づくもので、公開中のセキュリティー・アップデートが全て適用されているとは限りません。詳細については、公開されている構成情報をご参照ください。 絶対的なセキュリティを提供できる製品はありません。性能に関するテストに使用されるソフトウェアとワークロードは、性能がインテル マイクロプロセッサー用に最適化されていることがあります。SYSmarkやMobileMarkなどの性能テストは、特定のコンピューター・システム、コンポーネント、ソフトウェア、操作や機能に基づいて行ったものです。結果はこれらの要因によって異なります。製品の購入を検討される場合は、ほかの製品と組み合わせた場合の本製品の性能など、ほかの情報や性能テストも参考にして、パフォーマンスを総合的に評価することをお勧めします。パフォーマンスやベンチマークの結果に関する詳細は、http://www.intel.com/benchmarksをご参照ください。
8. マルチタスクの測定値は、Officeをマルチタスキング処理した場合の、第8世代インテル® Core i7-8665Uと第6世代インテル®Core i7-6600Uとの比較。スライド20枚、2.35MBのMicrosoft PowerPointの.pptプレゼンテーションファイルを解像度 1920x1080、 映像コーデック H.264、 動画ファイル形式MP4のビデオプレゼンテーション(30MB)としてエクスポート。ビデオプレゼンテーションを再生しながら 1)801ページ、 6.49MBのMicrosoft Wordの.docxドキュメントファイルを3.7MBのPDFファイルに変換し、2)68.4MBのMicrosoft Excel の.xlsmマクロ有効ブックを再計算。
9. 更新時の新しい構成: インテル® Core i7-8665U プロセッサー、PL1=15W TDP、4C8T、ターボ時最大4.8GHz、グラフィックス: インテル® UHD グラフィックス 620、メモリー: 2x4GB DDR4-2400、ストレージ:512GB インテル760p SSD、OS:Microsoft Windows* 10 RS5 Build バージョン 1809 (Build 1763v1)、BIOS:x177、MCU: A8 VS。インテル® Core i7-6600U プロセッサーを搭載したOEM システム、PL1=15W TDP、2C4T、ターボ時最大3.9GHz、インテルHDグラフィックス 620、ディスプレイ:14インチ、解像度1920x1080、メモリー:8GB DDR4、ストレージ:256GB SSD、バッテリー容量: 36 WHr、OS:Microsoft Windows* 10 Pro RS5 Buildバージョン 1809 (Build 1763v292)、BIOS:v1.0.1、MCU:C2。
10.バッテリー駆動時間:インテル® Core i7-8665Uプロセッサーを搭載した試作OEMシステム上で実行した MobileMark*2018のワークロードでの測定によると第8世代インテル® Core™ i7-8665Uは1日中使用できる最大11時間のバッテリー持続時間を実現。PL1=15W TDP、4C8T、ターボ時最大4.8GHz、グラフィックス:インテル® UHDグラフィックス620、ディスプレイ:解像度1920x1080の14インチ画面; メモリ:16GB; ストレージ:Hynix 256 GB、バッテリーサイズ:52 WHr、OS:Windows®10 Pro、BIOS:v.1.0.1、MCU:AA ディスプレイの輝度はDC電源で150nitに設定されています。
システムのワイヤレスネットワークアダプターがオンになっており、インターネットに接続されていないワイヤレスネットワークに関連付けられています。
11.2018年Techaisle 実施調査、SMB PC Study
12.記載されているコスト削減シナリオは、特定の環境における特定のインテルベースの製品が今後のコストに影響を与え、コスト削減を実現する方法の例として挙げられています。状況は異なる場合があります。インテルは、いかなるコストまたはコスト削減も保証いたしません。
13.The Total Economic Impact of theインテル vPro® Platform、2018年12月Forrester実施調査
インテルはForrester Consultingに依頼し、アメリカ、イギリス、ドイツ、日本、中国でインテル vPro®プラットフォームを使用する中規模組織(従業員数100名以上1,000名以下)の256人のITマネージャーを対象に調査を実施しました。そのうち77%は、インテル vPro®プラットフォームとWindows 10を搭載した、コンピューターは以前よりも管理がし易いと「同意」または「強く同意」しています。
Intel.com/vProPlatformTEIで、全調査結果をご覧ください
14. Windows 7アプリの99%はWindows 10と互換性があります。一部のハードウェア/ソフトウェア要件が適用されます。また、デバイスや市場によりご利用いただける機能が異なる場合がありますのでご了承ください。インターネット接続環境が必要です。互換性とインストールに関するその他の重要情報は、デバイス製造元のWebサイトおよびwww.windows.com/windows10specsをご覧ください。
更新には追加要件が適用される場合があります。
15.システムパフォーマンス: 第8世代インテル® Core i7-8665Uプロセッサーと第6世代インテル® Core i7-6600UプロセッサーでSYSmark* 2018を実行し、それぞれの測定値を比較しています。
SYSmark*2018は、ベンチマーク・コンソーシアムのBusiness Applications Performance Corporation(BAPCo)により公開されています。SYSmark は、実際のシナリオ (生産性、創造性、応答性) を使用してWindows*デスクトップ・アプリケーションのパフォーマンスをテストしています。このシナリオで使用されたメインストリーム・アプリケーションには、Microsoft Office*、Adobe Creative Cloud*、Google Chrome* があります。各シナリオでは、個々の指標を測定して総合スコアを集計しています。 16.タッチパッド専用のハードウェアが必要です。
17.指紋リーダー、発光IRセンサー、またはその他生体認証センサーを含む特別なハードウェアが必要です。
18.Windows Inkには、タッチ操作対応のタブレットまたはPCが必要です。ペンアクセサリは別売りの場合があります
19.Microsoft TeamsにはMicrosoft 365サブスクリプションが必要です。プランを比較する

インテルのテクノロジーを使用するには、対応したハードウェア、ソフトウェア、またはサービスの有効化が必要となる場合があります。
絶対的なセキュリティを提供できる製品やコンポーネントはありません。
実際の費用と結果は異なることがあります。

© Intel Corporation。
インテル 、インテル ロゴ、またその他のインテル の名称は、インテルコーポレーション、又はその子会社の商標です。

■パフォーマンスが向上
・性能の測定結果は2019年3月21日および2019年4月3日時点のテストに基づいています。また、現在公開中のすべてのセキュリティ アップデートが適用されているとは限りません。詳細については、公開されている構成情報を参照してください。絶対的なセキュリティを保証できる製品はありません。 性能に関するテストに使用されるソフトウェアとワークロードは、性能がインテル マイクロプロセッサー用に最適化されていることがあります。SYSmark やMobileMark などの性能テストは、特定のコンピューター システム、コンポーネント、ソフトウェア、操作、機能に基づいて行ったものです。結果はこれらの要因の変更によって異なることがあります。製品の購入を検討される場合は、他の製品と組み合わせた場合の本製品の性能など、他の情報や性能テストも参考にして、パフォーマンスを総合的に評価することをお勧めします。パフォーマンスおよびベンチマークの結果についての詳細は、http://www.intel.com/benchmarksをご参照ください。

・バッテリー駆動時間: インテル® Core™ i7-8665U プロセッサーを搭載した試作OEMシステム上で実行したMobileMark* 2018 のワークロードでの測定によると第8世代インテル® Core™ i7-8665U は1日中使用できる最大11時間のバッテリー持続時間を実現。PL1=15W TDP、4C8T、ターボ時最大4.8GHz、グラフィックス:インテル® UHDグラフィックス620、ディスプレイ:解像度1920x1080の14インチ画面、メモリー:16GB、ストレージ:Hynix256GB、バッテリーサイズ:52WHr、OS:Windows® 10 Pro、BIOS:v.1.0.1、MCU:AAディスプレイの輝度はDC電源で150nitに設定されています。システムのワイヤレスネットワークアダプターがオンになっており、インターネットに接続されていないワイヤレスネットワークに関連付けられています。

■セキュリティ関連業務が最大33%削減
・ Windows 10では、ITスタッフによる復旧作業を要するセキュリティ関連業務が最大33%削減または回避。「The Total Economic Impact™ of Microsoft Windows 10」2016年Forrester社実施調査。https://query.prod.cms.rt.microsoft.com/cms/api/am/binary/RWrHjm。絶対的なセキュリティを保証できる製品はありません。

日本マイクロソフト株式会社
所在地: 〒108-0075 東京都港区港南2-16-3 品川グランドセントラルタワー
Tel: 03-4332-5300