モダンPCへの移行の
ご相談・ご購入はこちら

モダンPCで
ビジネスを加速

Windows 10 への移行・PC導入は
リコージャパンにお任せください

Windows 7のサポートは終了しました。
Office 2010のサポートはまもなく終了します。
古いデバイスではビジネスの保護はもちろんのこと、効率よくビジネスを展開することはできません。
今こそ、Windows 10、Office、インテル vPro®プラットフォーム搭載のモダン PC*1に移行しましょう。

Windows 10が搭載されたモダンPCへの移行は
リコージャパンにお任せください。

Windows 7のサポート終了後もPCはこれまで通り立ち上がり、
使い続けることは可能ですが、マイクロソフトからサポートが受けられなくなり、
お使いのPCがセキュリティリスクやウイルスに対し脆弱になる可能性があります。
また、Office 2010 のサポートも、2020年10月13日に終了します。
いつでも最新バージョンを利用できる、クラウドベースのOffice 365がおすすめです。

リコージャパンなら、モダンPCの導入からセキュリティ対策、Office 365まで、最適な導入計画をご提案・支援いたします。
ぜひ、リコージャパンにご相談ください。

VAIO Pro PJ

VAIO

VAIO Pro PJ

Intel Core™ i5-8265U

■日本製! ボディ素材に軽くて頑丈なカーボンを採用
・12.5型で約888gの超軽量ボディ
・頑丈設計で、徹底した品質試験を実施
■スリムなボディーにビジネス定番端子をフル搭載
・拡張性に優れたUSB Type-Cに加え、アナログRGB、HDMI、LAN端子も搭載
・フルピッチキーボードで作業効率アップ
■モバイルバッテリー(Type-C)からの給電も可能
・一般的なモバイル製品向けの5V充電器から給電も対応
■LTE対応モデルも選択可能
・Wi-Fiルータやテザリング不要

  • LIFEBOOK U939/C

    富士通

    LIFEBOOK U939/C

    Intel Core™ i5-8265U

    軽くて薄くていつでもどこでも使えるこの1台がワーキングスタイルを大きく変えます!
    ・持ち運びも苦にならない、超軽量777g
    ・カバンに入れても邪魔にならない、薄さ15.5mm
    ・コンセントいらずの、標準バッテリー約9.5時間駆動(JEITA2.0)

  • LIFEBOOK U939/CX

    富士通

    LIFEBOOK U939/CX

    Intel Core™ i5-8365U

    軽くて薄くていつでもどこでも使えるこの1台がワーキングスタイルを大きく変えます!
    ・持ち運びも苦にならない、超軽量898g
    ・カバンに入れても邪魔にならない、薄さ15.5mm
    ・コンセントいらずの、長時間バッテリー約21.0時間駆動(JEITA2.0)

  • VersaPro-J タイプVG

    NEC

    VersaPro-J タイプVG

    Intel Core™ i5-8265U

    お客様のモバイルワークを支援する軽量&長時間駆動のフラッグシップモバイルノートPC
    ・最軽量時約785gの軽量ボディ
    ・標準バッテリで約13.3時間の駆動時間を実現(JEITA準拠)
    ・Webミーティングにおすすめのヤマハ製Audioエンジン™を標準搭載

  • HP Elite Dragonfly/CT Notebook PC

    HP

    HP Elite Dragonfly/CT Notebook PC

    Intel Core™ i5-8265U

    すべてを軽くする。ビジネスの生産向上を追求した13.3インチプレミアムコンバーチブルPC
    ・唯一無二のデザイン CNC削りだしのマグネシウムボディに革新的な軽量設計を採用、999gの世界最軽量コンパクトビジネスコンバーチブルPC
    ・世界で最も安全なビジネスPC 
    ・30分で50%の高速充電可能な長時間バッテリーを搭載

  • ProBook 430 G6/CT

    HP

    ProBook 430 G6/CT

    Intel Core™ i5-8265U

    業界初で唯一のMBR/GPT自動修復機能、ウィルスやマルウェアによる不正なBIOS書き換えまたは破損からシステムを保護するなど多彩なセキュリティ機能で安全なビジネスをサポート

  • ThinkPad X1 Carbon

    Lenovo

    ThinkPad X1 Carbon

    Intel Core™ i5-8265U

    薄型、軽量デザイン。質量わずか約1.09kg、薄さ14.95mm。狭額縁を採用し、13型のフォームファクターに14型高解像度液晶を搭載
    持ち運び頻度が高く、かつ作業効率も求めるプロフェッショナルユーザーに最適な薄さと軽さを兼ね備えた持ち運びに便利なモデル

  • ThinkPad X390

    Lenovo

    ThinkPad X390

    Intel Core™ i5-8265U

    13インチディスプレイを12インチクラスのボディに凝縮し、モビリティ性能もアップ
    高いパフォーマンスに加えて、モバイル性も進化した13.3型PC

モダンPC活用で
場所にとらわれない働き方の実現

テレワークまるごとパック

会社に戻らないと仕事ができないため残業が増える。育児や介護のために自宅で働きたいけれどそのための環境がない。 このようなお悩みはありませんか?
リコージャパンは、テレワークに必要なモバイルPCとインターネット環境などをまとめてご提供いたします。

よく寄せられる質問への回答

インテル vPro® プラットフォーム搭載のモダン PCならセキュリティの改善 (セキュリティ関連業務が 33%低減)、7 パフォーマンスの高速化 (65%向上)、3,5,13 スピーディーな処理 (マルチタスク機能が 1、3倍も高速化)を実現し、3,4,5終日安心して仕事ができる長時間駆動のバッテリー6でコストと時間が節約できます。

はい。互換性のあるWindows 7のPCをフルライセンスの要件に基づいてアップグレードできます。最新のハードウェア性能を活用するには、Windows 10が搭載された最新のPCに移行することをお勧めします。

はい、Windows 7を引き続きご使用いただけます。ただし、対象サポートは2020年1月14日に終了したため、お使いのPCはセキュリティ上のリスクに対してより脆弱となります。Windowsは引き続き機能しても、セキュリティや機能の更新情報が受け取れなくなります。

Windows 7はサポートが終了した後もライセンス認証のインストールや有効化が可能です。けれども、セキュリティ上のリスクやウィルスからデバイスを保護するために、MicrosoftではWindows 10にアップグレードすることをお勧めしています。

Windows 7デバイス上でのInternet Explorerのサポートは2020年1月14日に終了しました。Internet ExplorerはWindowsオペレーティング システムのコンポーネントとして、同じサポートのライフサイクルに従います。

仮想化ソリューションが適切とされる企業や組織には、Office 365 ProPlus向けに最適化されたマルチユーザーWindows 10エクスペリエンスを提供する唯一のクラウドベースのサービスであるWindows Virtual Desktopをご利用いただけます。これには無料のWindows 7拡張セキュリティ更新プログラムが含まれています。これらの拡張セキュリティ更新プログラムは、Windows 10への移行に十分な時間を必要とするWindows 7 (およびWindows Server 2008/R2 およびSQL Server 2008/R2)組織の最終手段として、個別に購入することも可能です。

拡張セキュリティ更新プログラムはボリューム ライセンス(VLSC)でご購入の場合、2019年4月1日よりご利用可能です。拡張セキュリティ更新プログラムは 2019年12月1日よりクラウドソリューションプロバイダー (CSP) プログラムにてご購入可能です。

Microsoftでは、お客様にはそれぞれ異なるアップグレード プロセスが存在することを認識しています。拡張セキュリティ更新プログラムは、サポート終了期限を経過しWindows 10への移行が不可能なデバイス向けの最終手段として推奨するオプションです。Windows 7対象拡張セキュリティ更新プログラムはデバイスごとに販売され、価格は2023年1月まで毎年上昇します。 Windows 10が提供する最新セキュリティ、生産性、管理機能は定期的に更新され、かつサポートされています。そのため、Windows 10、Office 365、最新セキュリティ機能を含む Microsoft 365を搭載したモダン PCへの移行をお勧めします。

Office 2010を引き続きご使用いただけますが、サポートが終了すると、お使いのPCはセキュリティ上のリスクに対してより脆弱となります。Officeは引き続き機能しても、セキュリティや機能に関する最新情報を受け取れなくなります。

自社の技術戦略を評価し、Office 2019 およびOffice 365でのビジネス向け最新ソリューションから得られる利益について考えるには、今が絶好のタイミングです。  

2020年10月1日以降、Exchange Online のようなOffice 365のサービスへの接続には対応できなくなります。生産性の損失を防止するために、Office デスクトップ アプリを含むOffice 365プランにアップグレードしてください。

非サブスクリプション型Officeの最新バージョンであるのがOffice 2019です。Office 2019が提供する新しいインテリジェントなツールと機能を社員はフルに活用でき、同時にビジネスの保護とコンプライアンスも確保しながらクラス最高の生産性を実現します。

Office 365では、最大限の成果を実現します。Office 365サブスクリプション プランでは、常に最新版のOfficeアプリケーション (Word、Excel、PowerPoint、Outlook、Publisher、Access) を使用することができ (PublisherとAccessはWindows PCのみ)、追加のOneNote機能にもアクセスが可能です (機能はそれぞれ異なります)。Office 365はPC、Mac、Android™ タブレット、Androidスマートフォン、iPad®、iPhone®など、複数のデバイスにインストール可能です。さらに、Office 365では、OneDriveのクラウドストレージ、家庭で使用できるSkype通話プラン、Outlook.comの高度なセキュリティなどのサービスを利用できます。Office 365サブスクリプションの有効期間中は、常に最新バージョンのOfficeアプリケーションを使用できます。
Office 2019は1回限りの購入による永久ライセンスで、永続版のOfficeアプリケーション (Word、Excel、PowerPoint など) が含まれており、1台のWindows PCまたはMacで使用できます。これらのアプリケーションは自動的には更新されません。最新バージョンを入手するには、新しいバージョンが発売されたときに改めてOfficeを購入する必要があります。1回限りの購入による永続ライセンス版のOfficeアプリケーションの最新バージョンは、Windows版とMac版のどちらもOffice 2019です。以前のバージョンとしては、Office 2016、Office 2013、Office 2011 for Mac、Office 2010、Office 2007、Office 2008 for Mac、Office 2004 for Macがあります。1回限りの購入による永続ライセンスのOfficeには、Office 365で利用できるサービスは含まれていません。

Officeをデバイスにインストールし、ライセンス認証した後であれば、Officeの使用にはインターネットへのアクセスは必要ありません。ただし、インストールとライセンス認証、および更新プログラムのインストールや支払い管理にはインターネットへのアクセスが必要になります。OneDriveデスクトップ アプリをインストールしている場合を除き、OneDriveに保存されたドキュメントへのアクセスには、インターネット アクセスが必要です。 ただし、Officeアプリケーション (Word、PowerPoint、Excelなど) のインストール後は、オフライン使用が可能です。
また、購入したOfficeを常に最新の状態に保ち、自動アップグレードを利用するには、定期的にインターネットに接続する必要があります。インターネットに接続しない状態が39日以上続くと、アプリケーションは機能制限モードとなり、ライセンスのない製品というエラーが表示される場合があります。Officeアプリケーションの全機能を再び使用できるようにするには、インターネットに再接続し、Office 365にサインインします。

* 1 別売り。

■パフォーマンスが向上
・性能の測定結果は2019年3月21日および2019年4月3日時点のテストに基づいています。また、現在公開中のすべてのセキュリティ アップデートが適用されているとは限りません。詳細については、公開されている構成情報を参照してください。絶対的なセキュリティを保証できる製品はありません。 性能に関するテストに使用されるソフトウェアとワークロードは、性能がインテル マイクロプロセッサー用に最適化されていることがあります。SYSmark やMobileMark などの性能テストは、特定のコンピューター システム、コンポーネント、ソフトウェア、操作、機能に基づいて行ったものです。結果はこれらの要因の変更によって異なることがあります。製品の購入を検討される場合は、他の製品と組み合わせた場合の本製品の性能など、他の情報や性能テストも参考にして、パフォーマンスを総合的に評価することをお勧めします。パフォーマンスおよびベンチマークの結果についての詳細は、http://www.intel.com/benchmarksをご参照ください。

・バッテリー駆動時間: インテル® Core™ i7-8665U プロセッサーを搭載した試作OEMシステム上で実行したMobileMark* 2018 のワークロードでの測定によると第8世代インテル® Core™ i7-8665U は1日中使用できる最大11時間のバッテリー持続時間を実現。PL1=15W TDP、4C8T、ターボ時最大4.8GHz、グラフィックス:インテル® UHDグラフィックス620、ディスプレイ:解像度1920x1080の14インチ画面、メモリー:16GB、ストレージ:Hynix256GB、バッテリーサイズ:52WHr、OS:Windows® 10 Pro、BIOS:v.1.0.1、MCU:AAディスプレイの輝度はDC電源で150nitに設定されています。システムのワイヤレスネットワークアダプターがオンになっており、インターネットに接続されていないワイヤレスネットワークに関連付けられています。

■セキュリティ関連業務が最大33%削減
・ Windows 10では、ITスタッフによる復旧作業を要するセキュリティ関連業務が最大33%削減または回避。「The Total Economic Impact™ of Microsoft Windows 10」2016年Forrester社実施調査。https://query.prod.cms.rt.microsoft.com/cms/api/am/binary/RWrHjm。絶対的なセキュリティを保証できる製品はありません。

日本マイクロソフト株式会社
所在地: 〒108-0075 東京都港区港南2-16-3 品川グランドセントラルタワー
Tel: 03-4332-5300