このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
ここから本文です

リモートコンシェルジュ(遠隔接客) バージョンアップ情報

日付 対象・バージョン
20/11/26
  • 店舗向けアプリケーション V2.3
  • コンシェルジュ向けアプリケーション V2.3

ダウンロードはこちら

バージョンアップ内容
  • 店舗とコンシェルジュ、双方向で書き込み
    店舗とコンシェルジュ共にサブディスプレイ(タッチ・ペンで書き込み可能なデバイス)を接続することで、双方から同一画面への書き込みができるようになりました。コンシェルジュ側からPDFファイルを提示し、店舗側のお客様ファイル内に書き込んでいただきながら、コンシェルジュが必須項目にしるしをつけるといった活用も可能です。また、書き込んだものをPDFファイルとして保存することもできます。
  • 店舗側カメラの映像をキャプチャ
    店舗側にあるカメラまたは書画カメラの映像を、コンシェルジュ側からキャプチャすることができます。お客様のお手元にある書類や身分証明書の控えとしてなど、幅広くご活用いただけます。
  • 万が一の障害時にポップアップでお知らせ
    万が一、サーバー障害などが発生した際、ポップアップ画面でお知らせいたします。
詳細資料 マニュアルダウンロード
日付 対象・バージョン
19/4/26
  • 店舗向けアプリケーション V2.2
  • コンシェルジュ向けアプリケーション V2.2

ダウンロードはこちら

バージョンアップ内容
  • 優先対応するコンシェルジュグループの割当て設定と着信転送機能の搭載
    特定店舗または店舗ごとに、優先して対応するコンシェルジュ(サブグループ)を割り当てることができるようになりました。
    優先設定がされている店舗では、お客様がボタンを押した際にはまず設定されているコンシェルジュ(サブグループ)が呼び出され、万が一その誰も応答することが不可能な場合は、設定されているサブグループ以外で応答可能なコンシェルジュ全員に自動転送されます。
    これにより、より店舗ごとに特色を持たせた接客体制の構築や、応答できずに機会損失してしまうリスクの低減が可能になります。
詳細資料 マニュアルダウンロード
日付 対象・バージョン
18/11/20
  • 店舗向けアプリケーション V2.1
  • コンシェルジュ向けアプリケーション V2.1

ダウンロードはこちら

バージョンアップ内容
  • サブカメラの接続および切替に対応
    自画像を映すカメラの他に、書画カメラなどを接続し、必要に応じて接客中でも切り替えることができます(店舗側のサブカメラはコンシェルジュ側から切替を行います)
  • RICOH THETA接続による360°全天球映像のライブ中継に対応
    サブカメラにRICOH THETAを接続すれば、360°での映像が共有でき、受信側で自由に画面を動かして見ることが可能です
  • コンシェルジュ側から、共有している資料への書き込み機能を搭載
    パンフレットや説明資料などを画面共有している際、その上から一時的に書き込みをすることが可能です(サブディスプレイを接続していることが必須です)
  • 録音機能を搭載
    接客の開始から終了案で自動で録音するか、必要に応じて手動で録音するか、管理者によって選択・設定することが可能です
  • 管理コンソールで、管理者設定の登録・編集・削除も可能に
    店舗・コンシェルジュのほかに管理者も一元管理できるようになりました
    また、各アカウントの最終ログイン日時や使用しているアプリケーションのバージョンも管理コンソールから確認できます
  • その他、軽微な不具合などに対応しました
詳細資料 ダウンロード

お問い合わせ

この製品に関するお問い合わせを受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ