主な活用用途 試作・デザイン 治具 生産・最終部品

価格帯:500万円~1,000万円未満

INDUSTRIAL X7

header_deco01

本製品の開発コンセプト

header_deco01
  • ・本格的な少量生産を目的とした工業向け3Dプリンター
  • ・ものづくりのあらゆる場面での活用を考えた高強度造形
  • ・レーザー計測器搭載による高精度造形
  • ・長繊維ファイバーを含むマルチマテリアル対応

ここがポイント

header_deco01
  • カーボンファイバー対応による高強度造形

    Photo

    カーボンファイバーを代表とした4種類の長繊維ファイバーに対応した、Markforged社独自のプリント技術によって、アルミ並みの強度を実現し、これまでの3Dプリンターの中では一線を画す、高強度造形を実現いたしました。

  • レーザーを搭載した高い品質管理

    Photo

    本体ヘッドにレーザー計測器を搭載し、造形テーブルをレーザー測定する機能により、水平・高さの調整が誰でも簡単に実施することができます。更にレーザー計測器を使用して、造形中に内部形状の寸法検査を行うことができます。
    これらの機能により造形品質の差や人によるバラツキを最小限に抑え、高品質な造形を可能にしております。

  • UL規格対応の難燃性材料

    Photo

    難燃性材料「Onyx FR」はUL94規格のV-0レート認証の難燃性を持ち、従来の樹脂3Dプリンターでは難しかった航空宇宙産業・自動車産業・防衛産業等での、高い難燃性が必要とされる部品をも造形することが可能です。

本展示会ご来場いただいたお客様だけの特典

header_deco01
  • 日本ものづくりワールド2020にてご講演予定であった
    Markforged社 CEO
    Greg Mark氏の特別講演を視聴 特典1
  • メーカーにて公開されている
    海外事例の日本語化PDFを
    プレゼント 特典2
特典に応募する

メーカーのご紹介:Markforged社

マサチューセッツ工科大学卒のGreg Mark氏によって2013年に設立。長繊維ファイバーを実用化した最初の3Dプリンタメーカーです。実用レベルの強度のマテリアルと洗練されたクラウドベース ソフトウェアにより製造業の治具や最終製品の分野で幅広く導入が進んでいます。

協力パートナー:株式会社データ・デザイン