カーボンファイバー対応のコンポジット積層。
高強度・耐熱性で、最終部品をオンデマンド生産
世界初のカーボンやナイロンにファイバー素材を織り込んだ独自の造形材料により、
極めて高い強度と高精細な造形を実現した本格的な工業向け3Dプリンターです。

100~1000万円未満

画像:INDUSTRIAL SERIES X3/X5/X7
  • 用途
  • 材料特性
  • 中空構造

オフィスでも運用可能なカーボンファイバー対応3Dプリンター

造形するカーボンやナイロンに長繊維を織り込むこで金属並の強度をもち、最小0.05mmの積層ピッチにて高精細なパーツの造作を可能とする産業用3Dプリンターです。
最上モデルのX7にはレーザー計測による積層行程内自動検査機構も装備し、造形品質にもこだわった本格的な3D積層製造支援装置です。

特長

他に類を見ない高性能な材料

強靭なナイロンに微小なカーボンを加え強化した「ONYX」を中心に、「ケプラー(X7)」、「ファイバーグラス(X5、X7)」や独自に設計された高温高耐熱の「HSHTファイバーグラス」等の特徴ある材料に対応します。

レーザー型 造形テーブルのレベリング調整

Xシリーズに組み込まれている造形テーブルのレベリング調整システムは、レーザーマイクロメーターを利用して±1マイクロンの精度で造形テーブルを測定し、平面を精密に調整します。
これにより 0.05mm の造形レイヤー高さをより高精度の寸法、高品質の表面を実現できます。

レーザー型 インプロセス インスペクション(X7 のみ)

X7 プリンターには、造形中の断面をレーザースキャンし、オペレータがプリントソフトウェア「Eiger」の形状モデルと比較し、造形物の精度を確認できますので、最高レベルの品質管理が可能になります。

造形サンプル

高い強靭性や強度、耐熱性、安定性、復元力により治具やエンドパーツに最適です。

  • ONYXONYX
  • ファイバーグラスファイバーグラス
  • カーボンファイバーカーボンファイバー

関連動画

The Industrial Series

Markforged: Manufacturing Reinvented

主な仕様

  INDUSTRIAL X3 INDUSTRIAL X5 INDUSTRIAL X7
造形方式 材料押出堆積法/FDM 材料押出堆積法/FDM 材料押出堆積法/FDM
ヘッド数 1 2 2
最大造形サイズ
(x, y, z)
330mm x 270mm x 200mm 330mm x 270mm x 200mm 330mm x 270mm x 200mm
Z軸解像度
最小積層ピッチ
0.05mm 0.05mm 0.05mm
使用材料 ONYX ONYX、ファイバーグラス ONYX、カーボンファイバー、ファイバーグラス、強度耐熱ファイバーグラス、ケプラー
サポートOS Windows 7/8.1/10 Windows 7/8.1/10 Windows 7/8.1/10
ソフトウエア
制御ソフトウエア
Eiger Eiger Eiger
本体重量 48 kg 48 kg 48 kg
外形寸法(l, w, h) 584mm x 483mm x 914mm 584mm x 483mm x 914mm 584mm x 483mm x 914mm
入力電圧 100-240V 50/60Hz 100-240V 50/60Hz 100-240V 50/60Hz
消費電力 最大150W 最大150W 最大150W
付属品 プリンター本体
・材料キャビネット
・材料ドライボックス
800cc Onyx プラスチック材
1 TrueBed 造形テーブル
メンテナンスキット
プリンター本体
・材料キャビネット
・材料ドライボックス
800cc Onyx プラスチック材
50cc ファイバーグラス
1 TrueBed 造形テーブル
メンテナンスキット
プリンター本体
・材料キャビネット
・材料ドライボックス
800cc Onyx プラスチック材
50㏄ カーボンファイバー x2
50cc ファイバーグラス
50cc ケブラー
50cc HSHTファイバーグラス
1 TrueBed 造形テーブル
メンテナンスキット

※製品は、改良のため予告なしに、外観・仕様等を変更させていただく場合がございます。

詳細仕様を確認する

よくある質問

どんなメリットがありますか?

昨今の国内モノづくり市場における多品種小ロットニーズの高まりから、モノづくりの各工程において、3Dプリンターの活用が急速にすすみ、ものづくりを支える重要な役割を担っています。3Dプリンターをモノづくり工程に活用するメリットしては、主に、「開発期間の短縮」、「開発、製造コストの削減」、「業務の効率化」、「製品品質の向上」というメリットがあります。
詳細はこちら

ショールームはどこにありますか?

品川・名古屋・大阪・福岡の4カ所に3Dプリンターショールーム「RICOH Rapid Fab」があります。3Dプリンターの実機のほか、メーカーや造形方式、材料を問わず多数の造形サンプルを展示しています。
また3Dプリンターに精通した専任担当と技術者が、3Dプリンターの導入から運用まであらゆるご相談に対応させて頂くことも可能です。来場は無料ですので、ぜひお気軽にお越しください。(事前予約が必要です)
「見て・触れて・相談できる 3Dプリンター体感ルーム RICOH Rapid Fab」の詳細はこちらをご覧ください。

購入のご相談はお気軽にお問い合わせください!

商品選定やお見積りなど、お客様のお悩みにお答えします。
まずはお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ
0120-310-462受付時間:9:30~17:00
土日・祝日を除く平日に営業しています