Raise3D Pro3 / Pro3 Plus

  • Raise3D Pro3 100万円未満
  • Raise3D Pro3 100~500万円未満

Raise3D Proシリーズの最高峰となる最新機種
ヘッドの軽量化によりスピード造形の精度が向上

用途
デザイン確認
試作・機能評価
治具・型・生産設備
素材特性
強度
耐熱性
高精細
ゴムライク
帯電防止材
耐候性
耐薬品性

※薬品の種類によって反応が異なります。

Raise3D Pro3 / Pro3 Plusの特長

Raise3D Pro2 / Pro2 Plus の後継機種です。比較的安価な価格帯でありながら、大きな造形サイズ、多種多様なフィラメントへの対応、デュアルヘットの搭載などで大好評だった同シリーズですが、Raise3D Pro3 / Pro3 Plus ではヘッドの軽量化により造形の安定性が向上している他、ドア開閉センサーによる造形の一時停止などユーザビリティの面も更に改善されています。

大きなワークサイズ

  • Raise3D Pro3造形エリア
    シングルヘッド造形時:300mm(W)x300mm(D)x300mm(H)
    デュアルヘッド造形時:255mm(W)x300mm(D)x300mm(H)
  • Raise3D Pro3 Plus造形エリア
    シングルヘッド造形時:300mm(W)x300mm(D)x605mm(H)
    デュアルヘッド造形時:255mm(W)x300mm(D)x605mm(H)

大型造形だけではなく小さいものの一括造形も可能です。

多種多様のフィラメントに対応

ABS、PLAはもちろん、TPUやPCなど様々な材料に対応しています。またRAISE3D純正のフィラメントに限らず、サードパーティーのフィラメントについても、日本国内で造形テストを実施後、造形パラメーターをお客様に提供しており、保証内で使用いただけます。利用目的によって最適な材料を選択することで、お客様の求める用途を満たすことができます。

デュアルヘッドを搭載

ディアルヘッドを搭載しており、モデル材とサポート専用材による造形が可能です。複雑な形状でも、サポート材除去の手間を楽にすることができます。またRaise3D Pro2シリーズと比べて、左のヘッドが固定となり、基本的に高さ調整が不要になったため、より安定した造形が可能となりました。

Raise3D Pro3 / Pro3 Plus と Pro2 / Pro2 Plusの違い

エクストルーダーヘッドの軽量化による造形精度向上

ヘッドの金属パーツを樹脂に変更したりケーブルの種類を変えるなどして150gの軽量化を実現し、寸法精度とスピード造形精度を向上させています。精密な動きが要求されるヘッドは重ければ重いほどブレが発生し不安定になるため、軽量化により安定した造形が可能となります。

フレキシブルプレートの導入でラフト除去の手間を解消

プレートが曲げられるような柔らかな素材に変更されています。従来コテを使っていたようなプレートからのラフト除去ですが、プレートを曲げることで端から簡単に外すこともできるようになりました。

カートリッジ式ホットエンドによる利便性の向上

ワンタッチ差し込み式で誰でも簡単に交換できるようになりました。

Raise3D Pro3 / Pro3 Plusの主な造形材料

リコーの3Dプリンター担当からのおすすめポイント!

当社でも販売実績が大きかったRaise3D Pro2 / Pro2 Plusの後継機種となります。比較的大型の造形ができること、BASF 社製あるいはPolymaker 社製樹脂など含め様々な材料が使えることから、様々な用途に使っていただける機種となっています。

Raise3D Pro3 / Pro3 Plusの主な仕様

Raise3D Pro3 Raise3D Pro3 Plus
造形方式 MEX / 材料押出法(FDM)
ヘッド数 2個
最大造形サイズ(x, y, z) 300 × 300 × 300mm
( シングルヘッド造形時 )
255 × 300 × 300mm
( デュアルヘッド造形時 )
300 × 300 × 605mm
( シングルヘッド造形時 )
255 × 300 × 605mm
( デュアルヘッド造形時 )
Z軸解像度 最小積層ピッチ 0.01mm
※全ての造形で10ミクロンの積層を保証するものではありません
最大積層ピッチ 0.65mm
使用材料 ABS / ASA / PLA / PA( ナイロン ) / PC( ポリカーボネート ) / カーボン / PETG / PVA / TPU( ゴムライク ) / 木質 ( 竹 ) /
BASF 社製樹脂 / Polymaker 社製樹脂 等
サポートOS Windows® 7, Windows® 8, Windows® 8.1, Windows® 10,
Mac OS10.7 以降, Ubuntu14.04 以降
ソフトウエア(スライサーソフト) ideaMaker
入力データ形式 STL / OBJ
本体重量 約52.5kg 約61.2kg
外形寸法( l, w, h ) 620mm × 626mm × 760mm 620mm × 626mm × 1105mm
入力電圧 100-240V、50/60Hz
消費電力 600W、24V
付属品 電源ケーブル、六角レンチ、フィラメント×2、保護用発泡材付きビルドプレート、USBメモリ、耐熱手袋、フィラメントホルダー、スクレーパー、ノズルクリーニングキット、ピンセット、ヒューズ、ツマミネジ、その他付属品(予備品)

※製品は、改良のため予告なしに、外観・仕様等を変更させていただく場合がございます。

ご購入までの流れ

  • 1

    お問い合わせ

    すでにご希望の機種が決まっている方はもちろん、「どの機種を選べばよいかわからない」というお客様も、お問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。お電話でも承ります。

  • 2

    事前ヒアリング

    まずはお電話やメールにて大まかにご要望をお伺いします。お客様のご要望から、造形物に求められる品質(強度・精度・審美性など)を整理し、最適な機種を選定します。

  • 3

    ご提案・見積もり&テスト造形

    事前ヒヤリングの内容をもとに最適な3Dプリンターを選定し、お見積を行います。必要に応じて、実機見学やサンプル出力にも対応いたします。

  • 4

    ご発注&商品発送

    ご発注頂けましたら、ご指定のお届け先に3Dプリンターを配送致します。ご担当者様がご在席の日取りをご指定頂きます。

  • 5

    機材セッティング

    搬入した3Dプリンターを開梱し、ソフト面も含めて各種初期設定を行い、いつでも造形物が出力できる状態にします。
    ※一部商品では機材セッティングは対象外となります。

  • 6

    操作説明

    起動から造形までの、基本的な操作説明を行います。
    ※操作説明内容は機種によって異なることがあります。
    ※一部商品では操作説明は対象外となります。

購入のご相談はお気軽にお問い合わせください!

商品選定やお見積もりなど、お客様のお悩みにお答えします。
まずはお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ
電話番号
0120-310-462 受付時間:9:30~17:00
土日祝日を除く平日に営業しています
Webでのお問い合わせ
この製品に関する
お問い合わせ・お見積もり依頼はこちら
お問い合わせ

100万円未満の業務用
3Dプリンターを徹底解説!

安価な3Dプリンターは使いものにならない、そう考えていらっしゃる方は多いのではないでしょうか。

しかし、実は100万円以下の機種でも業務用として使えるものが増えてきています。リコージャパンが提案活動を行う中で実感している、低価格帯の3Dプリンターの実力と、お勧めのラインナップについてご紹介します。

低価格帯機種の解説ページを見る

よくあるご質問

Q
どんなメリットがありますか?
A
昨今の国内モノづくり市場における多品種小ロットニーズの高まりから、モノづくりの各工程において、3Dプリンターの活用が急速にすすみ、ものづくりを支える重要な役割を担っています。3Dプリンターをモノづくり工程に活用するメリットしては、主に、「開発期間の短縮」、「開発、製造コストの削減」、「業務の効率化」、「製品品質の向上」というメリットがあります。
Q
ショールームはどこにありますか?
A
品川・名古屋・大阪・福岡の4カ所に3Dプリンターショールーム「RICOH Rapid Fab」があります。3Dプリンターの実機のほか、メーカーや造形方式、材料を問わず多数の造形サンプルを展示しています。
また3Dプリンターに精通した専任担当と技術者が、3Dプリンターの導入から運用まであらゆるご相談に対応させて頂くことも可能です。来場は無料ですので、ぜひお気軽にお越しください。(事前予約が必要です)
「見て・触れて・相談できる 3Dプリンター体感ルーム RICOH Rapid Fab」の詳細はこちらをご覧ください。