本格業務用3Dプリンター
100万円未満で手軽導入

安くても素晴らしい品質の業務用3Dプリンターがあるんです!

製造業を中心に普及してきた3Dプリンター。実は100万円以下の低価格帯でも業務用として使える機種が増えてきていることをご存知でしょうか。マシン、材料、ソフトウェアのそれぞれが進化してきた結果、安定した造形ができるようになってきました。

以前の機種は造形物の反りが強かったり、積層ピッチがカタログ値を実現しなかったりということがございましたが、状況は変わってきています。

リコージャパンが提案活動を行う中で実感している、低価格帯の3Dプリンターの実力と、お勧めのラインアップについてご紹介します。

【ポイントを押さえて賢く選ぼう】 進化した低価格帯の3Dプリンターの特徴とは

1.使用できる材料の種類が増えたこと

PCやPAなどのエンジニアリングプラスチックや、 TPUなど幅広い材料が使える機種が出てきています。

また、以前はABSで造形すると反ってしまう機種もございましたが、最近の機種はABSによる造形品質も安定してきています。

ABSよりも強度が高く、反りにくいCF入り材料が使える機種をご提案することもできます。

2.造形サイズが大きくなったこと

大きいもので305×305×300 mmの造形が可能な機種もございます。

低価格帯の3Dプリンターというとホビー用途のイメージがあるのか、大きなサイズの造形はできないと思われている方が多いですが、進化しています。

サイズが大きくなればなるほど造形の難易度も上がりますが、パラメータの設定を工夫することにより期待通りの造形が可能となります。

【こんなところも決め手になる】 大事な選定のポイントとは

1.ランニングコストの面でもメリットがあること

3Dプリンターに関するコストは本体価格だけではありません。保守料と材料費も含めて検討する必要があります。

保守に関しましては、機種によって条件が異なりますが、センドバック方式などのメーカー保守があり、上位の高機能な機種より安い金額設定になっております。

また材料に関しても、上位機種と比べて比較的安い価格設定になっています。

2.部門単位での導入、初めての3Dプリンター導入で多くの実績があること

大手のお客様において、部門単位での導入に多数の実績がございます。

会社として高額のセンターマシンを導入されていても、ロケーションの問題や部門間の調整に時間がかかるということで、部門独自で購入を検討されるケースが多いという背景がございます。

また、中小企業のお客様を含め、初めての導入でも多くの実績がございます。機種選定についてはリコージャパンでお手伝いいたします。

製品ラインアップ

製品特長 最大造形サイズ
W/D/H
主な材料 使いやすさ
Markforged ONYX NE/PROMarkforged
ONYX ONE
炭素の短繊維を練り込んだ高評価のフィラメントを用いて、幅広い用途の造形にお応えできます。 320mm / 132mm / 154mm ONYX 奥行33cmのコンパクトなデスクトップ筐体。
Raise3D Pro2Raise3D Pro2 デュアルヘッドの採用や、幅広い材料への対応などで、多様なニーズにお応えできます 305mm / 305mm / 300mm PLA/ABS/ASA/rPET/PA/PP/PET CF15/PAHT CF15/HiPS/BVOH 7インチのタッチパネルで直感的な操作が可能。リアルタイムの造形進行状況把握も。
GuiderⅡsGuiderⅡs エンジニアリングプラスチック対応や庫内カメラ装備など、プロユースにも対応しています。 280mm / 250mm / 300mm PLA/ABS/PETG/PC/
PA/PA-CF/TPU
5インチのタッチパネルによる高い操作性。フィラメント検出センサーも搭載。

造形までの手順解説

低価格帯の3Dプリンターの注意点

これまで、進化した低価格帯の3Dプリンターの特徴をお伝えしてまいりました。では、高額な3Dプリンターとの違いは何でしょうか。

それは安定性や生産性です。一概には言えませんが、低価格帯の3Dプリンターは周りの湿度や温度に影響されるところがあります。

また、細かなパラメータ設定により難しい造形にも対応できますが、使いこなすには慣れが必要です。 これらの点に関しましては高額の製品の方が安定していると考えています。

3Dプリンターの実動や造形サンプルが見れる。
技術者による対面相談ができる。

RICOH Rapid Fab

「RICOH Rapid Fab」は、日本ではここでしか見られない3Dプリンターの実動や、豊富な造形サンプルを見学できることはもちろん、製造現場で3Dプリンターを長年活用してきたリコーの技術者がお客様のあらゆるご相談を承っています。
是非、お気軽に足を運んでみてください。