Studio System™ 2

  • 金属3Dプリンター
    • 3,000万円以上

Studio System™をより手軽にした
Studio System™ 2
ツーステップで容易に金属造形

Studio System™ 2の写真

Studio System™ 2の特長

Studio System™の後継システムです。従来のStudio System™で造形したパーツは、溶剤による脱脂が必要でしたが、
Studio System™ 2では、加熱による脱脂を可能にしたことで、3Dプリンターによる造形後は、パーツは焼結炉にセット。
焼結炉で加熱脱脂を行った後に焼結を行うため、ツーステップで容易に金属造形が行えます。

Studio System™ 2の機種構成

  • プリンターの写真
    プリンター
  • ファーネス(焼結炉)の写真
    ファーネス(焼結炉)

Studio System™ 2の造形ステップ

ステップ1
造形
プリンター

BMD(Bound Metal Deposition™)押出し方式は、MIM(Metal Injection Molding 金属射出成形法)の技術を応用したシステムになります。 

造形は金属粉末とバインダーが混錬された丸棒形状の材料を3Dプリンターで加熱し溶解させ、ノズル部より押し出して積層していきます。

ステップ2
加熱脱脂、焼結
ファーネス(焼結炉)

3Dプリンターにより造形されたパーツには、金属とバインダーが混ざっているため、次の加熱脱脂のステップでバインダーを除去し、焼結して金属を固めます。

なお、3Dプリンターにより造形されるパーツは、最終寸法よりも大きく造形されています。これは脱脂後の焼結によりパーツが収縮するためで補正量は自動計算され造形時に反映されます。脱脂によりバインダーが除去された体積分が収縮し溶融に近い温度に加熱された金属は高密度化します。

  1. プリントしたら焼結炉にセット

  2. 加熱脱脂後に焼結

Studio System™ 2の造形材料

材料は、金属粉末とバインダーを調合した丸棒形状で在庫量の確認もしやすく,
詰め替え可能なカートリッジシステムを採用しており材料交換が簡単にできます。

  • SUS316L
    ステンレス鋼

    オーステナイト系(18Cr-8Ni系)です。
    化学工業設備、建築材料、食品製造設備、半導体製造装置、各種機械部品、車両工業などに広く使用されているのがSUS304です。そこにモリブデンを添加し、非酸化性の酸などに対する耐食性を強めたのがSUS316です。そこから炭素含有量を極度に低くして、耐粒界腐食性を増大したのがSUS316Lで、極低炭素型のステンレス鋼です。

  • D2
    工具鋼

    D2はアメリカ規格で日本のJIS規格ではSKD11(合金工具鋼)に相当します。冷間金型用鋼の標準的な鋼種として使われており、クロムを多く添加し常温における耐摩耗性を高くした鋼です。プレス金型、ゲージ類、金属刃物、治具などに多用されています。

  • 17-4PH
    高強度ステンレス鋼

    17-4PHはアメリカ規格で、日本のJIS規格ではSUS630(析出硬化系)に相当します。一般のオーステナイト系ステンレスは軟らかい特性を有していますが、 17-4PH はCuの添加で析出硬化を持たせ、高い硬度を得られています。シャフト類、タービン部品、スチールベルトなどに使われている材料です。

※クロムモリブデン鋼(4140) 加熱脱脂対応予定

溶剤脱脂を経て焼結できる材料もございます。
別途、デバインダーが必要になりますので、詳細はお問い合わせください。

溶剤脱脂対応材料

銅(Cu)・インコネル(Inconel625)・工具鋼(H13)
クロムモリブデン鋼(4140)・チタン合金(Ti64)

Studio System™ 2の主な仕様

プリンター
造形方式 BMD(Bound Metal Deposition)押出し方式
積層ピッチ 50 µm - 150 µm(高解像度プリントヘッド)
150 µm - 300 µm(標準プリントヘッド)
造形エリア 300 × 200 × 200 mm
入力電源 100 - 130V 単相15A、50/60Hz
220 - 240V 単相10A、50/60Hz
本体寸法 823 × 529 ×(H)948 mm
本体重量 97 kg
制御パネル 7インチタッチパネル
内蔵監視カメラ LED照明付き
ファーネス(焼結炉)
分圧焼結炉(真空対応)
最高温度 1,400℃
熱均一性 焼結時 ±50℃
ワークスペース 300 x 200 x (H)170mm
入力電源 200-220V 3相3線24A 50/60Hz
380-415V 3相4線16A 50/60Hz
ガスタイプ 3%H2/Ar混合ガス(金属の種類による)
本体サイズ 1,380 × 931 ×(H)1,628 mm
開閉時最大高さ 2,195mm
本体重量 733kg
制御パネル 7インチタッチパネル
金属加工35年を超える特級機械技能士
リコーの金属3Dプリンター担当からのおすすめポイント!

Studio System™ 2はMIM(Metal Injection Molding 金属射出成形法)の技術を取り入れたStudio System™ よりも、さらに手軽な金属3Dプリンターを目指したシステムです。材料は、金属粉末とバインダーを混錬した丸棒形状のため、在庫管理もしやすく材料交換も簡単です。粉末の取り扱いはないので、安全性が高く、粉末飛散の心配もありません。

リコージャパンはサブリセラーとして
Desktop Metal社の製品を販売しています。

ご購入までの流れ

  • 1

    お問い合わせ

    すでにご希望の機種が決まっている方はもちろん、「どの機種を選べばよいかわからない」というお客様も、お問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。お電話でも承ります。

  • 2

    事前ヒアリング

    まずはお電話やメールにて大まかにご要望をお伺いします。お客様のご要望から、造形物に求められる品質(強度・精度・審美性など)を整理し、最適な機種を選定します。

  • 3

    ご提案・見積もり&テスト造形

    事前ヒヤリングの内容をもとに最適な3Dプリンターを選定し、お見積を行います。必要に応じて、実機見学やサンプル出力にも対応いたします。

  • 4

    ご発注&商品発送

    ご発注頂けましたら、ご指定のお届け先に3Dプリンターを配送致します。ご担当者様がご在席の日取りをご指定頂きます。

  • 5

    機材セッティング

    搬入した3Dプリンターを開梱し、ソフト面も含めて各種初期設定を行い、いつでも造形物が出力できる状態にします。
    ※一部商品では機材セッティングは対象外となります。

  • 6

    操作説明

    起動から造形までの、基本的な操作説明を行います。
    ※操作説明内容は機種によって異なることがあります。
    ※一部商品では操作説明は対象外となります。

購入のご相談はお気軽にお問い合わせください!

商品選定やお見積もりなど、お客様のお悩みにお答えします。
まずはお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ
電話番号
0120-310-462 受付時間:9:30~17:00
土日祝日を除く平日に営業しています
Webでのお問い合わせ
この製品に関する
お問い合わせ・お見積もり依頼はこちら
お問い合わせ

関連商品