ディアルヘッドの採用や、幅広い材料への対応などで、
多様なニーズにお応えできる3Dプリンター
機械本体には工業用グレード部品を採用。
連続100時間以上の稼働が可能な高耐久性。

※1 Raise3D Pro2:50万円~100万円未満
※2 Raise3D Pro2 Plus:100万円~500万円未満

画像:Raise3D Pro2 / Pro2 Plus
  • 用途
  • 材料特性
  • 中空構造

Raise3D Pro2 / Pro2 Plus | 業界水準を上げる低価格・高精度3Dプリンター

本製品は、低価格でありながら高精度と多種多様なフィラメントに対応している3Dプリンター。
比較的安価な3Dプリンターでは珍しい可動式デュアルヘッドを搭載することで、単色造形だけでなく二色造形、サポート専用材を使用した造形を安定して行えます。

Raise3D Pro2 / Pro2 Plus 3つの特長

可動式デュアルヘッド

従来のデュアルヘッドに比べ、可動式デュアルヘッドを使用することで、造形の失敗が少なくなり、2色での造形やサポート専用材(水溶性フィラメント、溶剤に溶けるフィラメント等)を用いて、造形することができます。

RAISE3D日本OFPにより多種多様のフィラメントに対応

RAISE3D純正のフィラメントに限らず、サードパーティーのフィラメントにも対応。日本国内で造形テストを実施後、造形パラメーターをお客様に提供いたします。
これまで使用可能であった樹脂に加えて非常に機能性の高い材料が使用可能になり、利用目的によって材料の選択が可能なため、お客様の求める用途を満たすことができます。
※日本OFP(オープンフィラメントプログラム)

大きなワークサイズ

・Raise3D Pro2造形エリア
シングルヘッド造形時:305mm(W)x305mm(D)x300mm(H)
・Raise3D Pro2 Plus造形エリア
シングルヘッド造形時:305mm(W)x305mm(D)x605mm(H)
ワークサイズが大きいので大型造形だけではなく小さいものの一括造形も可能です。

Raise3D Pro2 / Pro2 Plus 造形サンプル

非常に高い位置決め精度(Z軸0.078125μm、X/Y軸0.78125μm)を誇り、ビルドプレートは熱収縮の小さい特殊材料を使用しています。

Raise3D Pro2 / Pro2 Plus 関連動画

Raise3D Pro2シリーズ日本語紹介ビデオ

Raise3D Pro2 / Pro2 Plus 主な仕様

  Raise3D Pro2 Raise3D Pro2 Plus
造形方式 材料押出堆積法/FDM
ヘッド数 2個
最大造形サイズ(x, y, z) 305 × 305 × 300mm
( シングルヘッド造形時 )
280 × 305 × 300mm
( デュアルヘッド造形時 )
305 × 305 × 605mm
( シングルヘッド造形時 )
280 × 305 × 605mm
( デュアルヘッド造形時 )
Z軸解像度 最小積層ピッチ 0.01mm
※全ての造形で10ミクロンの積層を保証するものではありません
最大積層ピッチ 0.65mm
使用材料 ABS / ASA / PLA / PA( ナイロン ) / PC( ポリカーボネート ) / カーボン / PETG / PVA / TPU( ゴムライク ) / 木質 ( 竹 ) /BASF 社製樹脂 / Polymaker 社製樹脂 等
サポートOS Windows® 7, Windows® 8, Windows® 8.1, Windows® 10,
Mac OS10.7 以降, Ubuntu14.04 以降
ソフトウエア(スライサーソフト)
ideaMaker
入力データ形式 STL,OBJ
本体重量 約44kg 約52kg
外形寸法(l, w, h) 590mm × 620mm × 760mm 590mm × 620mm × 1105mm
入力電圧 100-240V、50/60Hz
消費電力 600W
付属品 電源ケーブル、六角レンチ、フィラメント×2、保護用発泡材付きビルドプレート、USBメモリ、耐熱手袋、フィラメントホルダー、スクレーパー、ノズルクリーニングキット、ピンセット、ヒューズ、ツマミネジ、その他付属品(予備品)

※製品は、改良のため予告なしに、外観・仕様等を変更させていただく場合がございます。

詳細仕様を確認する

よくある質問

どんなメリットがありますか?

昨今の国内モノづくり市場における多品種小ロットニーズの高まりから、モノづくりの各工程において、3Dプリンターの活用が急速にすすみ、ものづくりを支える重要な役割を担っています。3Dプリンターをモノづくり工程に活用するメリットしては、主に、「開発期間の短縮」、「開発、製造コストの削減」、「業務の効率化」、「製品品質の向上」というメリットがあります。
詳細はこちら

ショールームはどこにありますか?

品川・名古屋・大阪・福岡の4カ所に3Dプリンターショールーム「RICOH Rapid Fab」があります。3Dプリンターの実機のほか、メーカーや造形方式、材料を問わず多数の造形サンプルを展示しています。
また3Dプリンターに精通した専任担当と技術者が、3Dプリンターの導入から運用まであらゆるご相談に対応させて頂くことも可能です。来場は無料ですので、ぜひお気軽にお越しください。(事前予約が必要です)
「見て・触れて・相談できる 3Dプリンター体感ルーム RICOH Rapid Fab」の詳細はこちらをご覧ください。

購入のご相談はお気軽にお問い合わせください!

商品選定やお見積りなど、お客様のお悩みにお答えします。
まずはお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ
0120-310-462受付時間:9:30~17:00
土日・祝日を除く平日に営業しています
 
100万円未満で3Dプリンターを手軽に導入