このページの本文へ このサイトのメインメニューへ

オフィスサイネージ
社内コミュニケーションを活性化

働き方改革を促進する4つのメリット

サービス詳細を知りたい方

オフィスサイネージ
活用シーン
UTILIZATION SCENE

例えばオフィスの
“こんなところ”
活用できます

  • 食堂やエレベータ前などの
    共有スペース

    社内の周知事項や各部門の活動情報を伝達

  • 工場や倉庫

    社用PCを個別に貸与されていないスタッフへの情報提供手段

  • 受付(エントランス)

    企業や商品案内、待ち時間にニュースや天気予報を配信

  • 居室内

    目標達成の意識づけや周知事項の共有手段として

  • 居室内

    設置スペースが確保しづらい場合には、超短焦点プロジェクターで投影

  • BCP対策の情報共有ボードとして

    災害などの緊急時には、割り込み機能を活用して、社員に情報を共有

リコーのデジタルサイネージのご紹介ABOUT DIGITAL SIGNAGE

11業種・600種類のテンプレートが用意されたクラウド型デジタルサイネージ

インターネットに接続するだけで利用でき、サーバーの設置や管理の手間要らずのリコーのクラウド型デジタルサイネージ(電子看板)。約600種類の業種別テンプレートやニュース・天気予報配信機能を搭載し、Webブラウザでコンテンツ作成から配信設定まで可能。クラウド型配信なので、離れた拠点のコンテンツを一括で配信することはもちろん、拠点や時間ごとに配信コンテンツを変えることもできます。
コンテンツ制作・運用管理のアウトソースも対応しています。是非、お気軽にお問い合わせください。

リコーのデジタルサイネージが選ばれる理由

  • 11業種600種類の
    テンプレート

    コンテンツ制作での負荷を軽減すべく、豊富なテンプレートをご用意しています。

  • クラウド型配信だから
    ローコスト

    サーバーの構築や保守は不要。すぐにサイネージを始めることができます。

  • 分かりやすい管理画面で
    簡単運用

    全てWebブラウザからの操作だからだれでも簡単に運用できます。

  • 全国を網羅した
    一括
    サポート

    無料のコールセンターやお客様先での、個別の操作教育メニュー(有料)をご用意しています。

  • 機種選定から運用まですべてリコーにお任せ

    ディスプレイの選定から、コンテンツ作成、配信運用まですべて請け負うことも可能です。

コンテンツCONTENTS

約600種類のテンプレートをご用意!
ニュースやくつろぎコンテンツと合わせて、リッチなコンテンツを簡単に作成
現在、コロナウイルス関連情報コンテンツも期間限定でご提供しています!

ニュース・天気予報配信ニュースや天気予報の配信

リコーのデジタルサイネージ(電子看板)は、写真やテキストを置き換えるだけで簡単にコンテンツが作成できるテンプレート(約600種類)やニュース、天気予報、くつろぎコンテンツを提供するデイリーコンテンツを配信できます。期間限定で新型コロナウイルス関連情報コンテンツも無料でご利用いただけます。
さらに、Web画面上で簡単にタッチパネル向けコンテンツも作成可能です(有料オプション)。お客様の利用シーンに合わせたコンテンツを簡単に作成できます。

コンテンツ制作サービス

コンテンツ制作サービス

お客様のニーズに合わせたオリジナルコンテンツの制作も可能です。コンテンツで訴求したい内容や、ご利用用途をお伺いし、最適なオリジナルコンテンツをご提案・制作します。例えば更新頻度が高いコンテンツは運用負荷が軽微なように企画・設計して制作します。

デジタルサイネージ コンテンツ制作・配信運用サービスページについてはこちら

防災/災害情報コンテンツをご用意(有料オプション)

  • 緊急災害コンテンツ(地震情報/津波情報/避難情報/その他緊急情報)を自動で配信します。
    災害レベルに応じて、表示方法(全画面表示/テロップ表示)を自動選択して配信します。
    事前に地域設定をすることで、その対象地域の災害情報を配信します。
  • 防災教育コンテンツ(平常時の防災意識を高める内容)もセットでご利用いただけます。
  • 本機能に音声はございません。

画像:緊急災害情報(全画面)

緊急災害情報(全画面)

画像:緊急災害情報(テロップ)

緊急災害情報(テロップ)

画像:防災教育コンテンツ

防災教育コンテンツ

機能の詳細は、こちらをご確認ください。

約700台を活用しているリコーグループの
オフィスサイネージ取り組み事例
RICOH GROUP’S CASE

リコーグループでは2010年からオフィスサイネージを本格導入。現在では約700台のデジタルサイネージを自社内で活用しています。
自社活用しているリコーグループならではの具体的な活用ノウハウ、ポイントを貴社にご提案します。

オンプレミス クラウド(リコーデジタルサイネージ)海老名事務所への導入 リコー全社へ展開(10拠点)リコージャパンへ展開(5拠点)リコーグループ各箇所へ展開中 700台導入

利用例

お客様向けの会社紹介から、全社への情報周知の徹底、事業所内、各部門内の情報共有と、様々な利用シーンでサイネージを活用しています。

  • エントランス

    お客様向け

    お客様向けの会社紹介やくつろぎコンテンツをディスプレイに投影

  • 食堂

    全社共通事業所

    人が多く集まる場所には社内の周知事項や事業所イベントを配信

  • エレベータホール

    全社共通事業所

    社員の視聴率が高いエレベータ前には、プロジェクターを使って簡単設置

  • 社内の伝達事項の周知
    (居室の空きスペースで)

    全社共通事業所部署単位

    周知事項はもちろん、新製品や業績速報など、部門独自の情報を配信

  • 社内の伝達事項の周知
    (コピー機の上に設置して)

    全社共通事業所部署単位

    印刷中の待ち時間に情報が目に入るコピー機に設置

  • BCP対策として居室中央に設置

    全社共通事業所

    災害時に備えた情報は、皆が目にしやすい場所で配信

導入事例CASE

企業でのサイネージ活用事例をご紹介します。オフィスサイネージ導入により、情報共有の促進を図ることができます。

お見積り・導入のご相談はこちら

無料
ダウンロード

リコーグループ社内でのコンテンツサンプル付き!

働き方改革を成功に導く
オフィスサイネージ4つの狙い

オフィスサイネージ
実践ガイド
PDF版(全23ページ)無料ダウンロード

働き方改革を成功に導くために、デジタルサイネージを導入する狙いを
わかりやすくまとめてご用意いたしました。
導入までの流れについてもぜひ、ご参考にしてください!

資料内容

  • オフィスサイネージで目指す姿
    - リコーが考える4つの狙い
  • オフィスサイネージ導入から運用の進め方
    - リコーグループ社内でのコンテンツサンプル付き
  • リコーのデジタルサイネージ 概要編
  • リコーのデジタルサイネージ オフィスで役立つ機能編