このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
      
月額
1.5万円~

AIを搭載したクラウド型OCRで経理・仕入業務の作業時間を大幅削減!

届いた請求書・納品書の記載情報をAIが抽出!
面倒な手作業のデータ入力が不要に!
  1. 毎月の請求書の入力業務で
    お困りの経理業務の方に
    RICOH Cloud OCR
    for 請求書
    特集ページはこちら!
  2. 毎月の納品書の入力業務で
    お困りの仕入業務の方に
    RICOH Cloud OCR
    for 納品書
    特集ページはこちら!

請求書や納品書の処理業務で
こんなお悩みはありませんか?

  • 紙の伝票を
    ひたすら手入力
    時間もコストも膨大に
    かかっている

    紙の伝票を見ながら、記載内容を手入力。同じ内容の複数システムへの入力や、項目が多いなど、想像以上に業務時間がかかる。

  • リモートワークが
    取り入れられない
    オフィス以外で働けない

    紙の伝票があるオフィスでしか、作業ができない。働き方改革としてリモートワークを導入したくても、経理部門や仕入れ部門では取り入れにくい。

  • データ入力
    のミス
    入力ミスやチェック作業が発生

    大量のデータを手入力する為ミスを誘発してしまい、修正作業が通常業務を圧迫する。チェック業務にストレスがかかる。

RICOH Cloud OCRで解決!

  • 伝票の記載内容を
    自動で抽出

    難しい作業は無し!請求書や納品書をクラウドにスキャンまたはアップロードするだけで、記載情報をリコーのAIがテキスト化します。

  • 帳票の事前定義
    が不要

    フォーマットの異なる請求書でも、「RICOH Cloud OCR」のAI技術は、事前の帳票定義をせず帳票に記載された情報を自動的に抽出します。

  • 15,000円/月からの
    低価格

    クラウド型サービスなので、大きな初期投資は不要。月額15,000円(消費税別)からの低コストで利用できます。

  • 働く場所を選ばない
    クラウドサービス

    クラウド型サービスなので、働く場所を選びません。働き方の幅を広げるのはもちろん、災害などの有事のときにもテレワークに対応できます。

  • 安心のサポート体制

    専任のサポートスタッフが運用上のお困りごとやお問い合わせに対応するので、安心してご利用いただけます。

  • 人の目による
    データ修正

    より高い精度の「人の目」による修正代行サービス(BPOサービス)を用意。AIによる請求書処理に加え、リコーが人の目で確認/修正を実施します。

選ばれる理由

  • 月額15,000からの低価格

    クラウド型サービスなので、大きな初期投資は不要。月額15,000円(消費税別)からの低コストで利用できるので、システムを導入したいがコストがないというお客様のお悩みを解決します。

  • 複合機で培った技術

    請求書や納品書の読み取り精度を向上させるため、画像の歪み補正や白抜き文字、社印の除去等、複合機メーカーとして蓄積した様々な画像処理技術を搭載しています。

  • 定期的な機能改善でお客様の要望を反映

    お客様からのご要望をもとに、定期的な機能改善(バージョンアップを実施。常にお客様に最適なサービスをご利用いただけるよう努めてまいります。

  • 無料トライアルをご用意

    導入前にお試しいただけるよう、無料トライアルをご用意。請求書/納品書を100枚または翌月末までお試しできるので、導入への不安が解消だれます。

  • お客様の業務に精通

    リコージャパンでは強みである複合機やプリンターを始め、ITサービスやコミュニケーション領域まで、約100万社のお客様と取引を行っています。お客様の課題解決に役立つ商品やサービスをワンストップで提供しています。

  1. 毎月の請求書の入力業務で
    お困りの経理業務の方に
    RICOH Cloud OCR
    for 請求書
    特集ページはこちら!
  2. 毎月の納品書の入力業務で
    お困りの仕入業務の方に
    RICOH Cloud OCR
    for 納品書
    特集ページはこちら!

紙の伝票をAIがテキスト化!伝票入力業務を大幅に効率化!

「RICOH Cloud OCR シリーズ」は、紙やPDFの請求書・納品書を文字データ化するクラウド型AI帳票認識OCRソリューションです。リコー独自の帳票解析技術と画像処理技術を搭載したAIが、事前の帳票定義を必要とせず帳票に記載された情報を自動認識し一括データ化します。データ化した情報は、CSVファイルの出力にて会計システムや仕入管理システムと連携できるので、帳票の入力作業を大幅に効率化します。

  • ※1 対応機種は、各製品ごとにご確認ください。
  • ※2 BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)サービスは、OCR結果の確認・修正をリコーがサポートするアウトソーシングサービスです。
  • STEP1 帳票をアップロード

    複合機やWebブラウザーから請求書/納品書をクラウドにアップロード。

  • STEP2 OCR処理

    アップロードした帳票は、AIが自動認識し、一括データ化。

  • STEP3 帳票の修正・確定

    お客様がOCR結果を確認・修正し、確定処理を実行。

  • STEP4 CSVダウンロード

    確定したデータをCSVファイルに出力。会計ソフト・仕入管理ソフト等の後方処理へ。

導入事例

AI+OCRで紙の伝票処理業務の効率化と働き方改革を推進する
「RICOH Cloud OCR」の実践事例をご紹介します。

よくある質問

  • OCR結果の出力形式を教えてください。

    CSV形式で出力されます。

  • 手書き文字は読み取れますか。

    活字のみの対応となります。

  • BPOサービスを利用する場合と利用しない場合の違いを教えてください。

    BPOサービスを利用することで、OCR処理で正しく認識できない部分を人の目で確認し、データを補正いたします。
    (受付後2営業日程度のお時間いただきます。)

  • 対応している帳票は何ですか。

    請求書と納品書に対応したサービスをご用意しております。

  1. RICOH Cloud OCR for 請求書
  2. RICOH Cloud OCR for 納品書