このページの本文へ このサイトのメインメニューへ
言語切替メニュー

RICOH imagine. change.

日本 - ソリューション・商品サイト Change
このページの本文へ ここからこのサイトのメインメニュー Menu
現在地

Share

ここから本文です

お客様導入事例 竹田運輸倉庫株式会社 様

お客様の声が「バージョンアップや新機能」の形で随時反映。
ネットバンキングとシームレスな連携が可能となり、
「全銀形式」アップロードまで楽に完結!

RICOH Cloud OCR for 請求書(以下、Cloud OCR)」は、紙やPDFの請求書を文字データ化するクラウド型の AI帳票認識OCRソリューションです。今回は 2019年12月に「Cloud OCR」を導入された竹田運輸倉庫株式会社様に、導入の背景や効果についてお聞きしました。竹田運輸倉庫様は産業廃棄物・一般廃棄物処理業(収集運搬業並びに特別管理産業廃棄物を除く処分業)、県市町村からの業務委託ならびに一般貨物自動車運送事業を中心とした事業を展開され、主に製薬会社、電力会社、大手臨床検査サービス業、大手自動車グループ部品メーカー、大手製紙会社、清涼飲料水製造業並びに県市町村とお取引きをされている会社です。各民間企業から産業廃棄物処理(収集運搬業並びに処分業)、県市町村から一般廃棄物収集運搬の受託や富山市上下水道局から下水道管(長寿命化計画)内の洗浄及びカメラ調査、製造会社の工場内での特殊洗浄業務も行われています。

「RICOH Cloud OCR for 請求書」のAI技術で、ヒューマンエラーの激減、飛躍的な作業効率の向上。

導入の背景

●「Cloud OCR」を導入されたきっかけ、またその理由をお教えください。

紙媒体のIT化に興味があり、2005年(「e文書法」の施行年)から、リコーの「Ridoc Document System*」というサービスを使って、受け取った請求書も含めペーパーレス化には取り組んでいました。しかし、当社には総務部門もなく、事務員が不在の際は私自身で社会保険や給与の計算をしていたため、担当者の退職や、様々な業務が錯綜し、ペーパーレス化を見合わせていました。さらに最近、目視による数字の読み間違えが散見され何とかしたいという思いがあり、「Cloud OCR」の導入を考えました。

●「Cloud OCR」を導入される以前の業務フローや課題を教えてください。どのような課題がありましたか?

請求書処理は1ヵ月あたり55件ほどで、取引先はほぼ決まっています。非定型的なものは月2~3件でしょうか。従来の作業の流れとしては、請求書内容を確認してから Excel®の一覧表を作成し、請求書原本を目視で突合せ処理後に、ネットバンキングによる銀行口座に直接金額入力と振込承認を行っていました。入力のチェックは、担当者各々、他の業務の隙間時間に行っていたため、全体の工程で5日間くらいは要していたと思います。入力ミスが頻発していたので、その対策としてチェック体制を2名から3名に増員しましたが、それでもヒューマンエラーは無くなりませんでした。

竹田運輸倉庫株式会社 経営管理本部本部長 取締役 曽我 泰典様 経営管理本部財務会計部 経理課課長 中村 宙史様

竹田運輸倉庫株式会社
代表取締役 竹田 正和 様

●「Cloud OCR」を導入されるまでの経緯をお聞かせください。

リコーのWEBサイトで「Cloud OCR」のニュースリリースを見て、即、営業担当者に連絡し、ペーパーレス化と全銀システムの連携を構想し、その解決策を投げかけました。最初からリコーに相談したのは、以前からサービスマンの対応が良かったので、信頼できると考えたからです。
「Cloud OCR」は設計が容易なこと、クラウドなので導入しやすいことだけでなく、ユーザーの声が機能に随時反映されており、継続的な操作性の向上も期待できることも決め手となりました。また当社は「Cloud OCR」で抽出するのは、「請求元」と「金額」のみに止めています。抽出する項目数を増やすと煩雑にもなりかねないので、全銀形式ファイルに必要な情報のみに削ぎ落とすことができ、誰でも易しく隙間時間にテンポよく扱える点も評価のポイントでしたね。あと、無償トライアル期間中、処理を重ねる毎にAI(人工知能)の読取り精度が的確になっていくのが解り、「Cloud OCR」に期待できると感じました。技術の進化に合わせ、アップデートしたペーパーレス化を実現させたかったですね。AI×OCRによる業務の自動化構想が楽しくなっていました。サービスを選定するにあたっては、全国銀行データ通信システム(全銀システム)にデータを取り込めることが大前提でした。

今後の展望

●業務についての今後の展望や、構想などがありましたらお教えください。

まずは、「Cloud OCR」の応用・創意工夫から既存ツールと業務書類等のデジタル化を構想しています。「ヒューマンエラーと労力」の最小化、「AI(人工知能)と共存した働き方」の仕組みを「着眼大局・着手小局」で進めていく考えでいます。

* Ridoc Document System:https://www.ricoh.co.jp/ridoc_ds/rds/
※ Excelは米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。
※ その他の会社名および製品名は、それぞれ各社の商号、商標または登録商標です。

お客様プロフィールと導入製品

お客様情報

■お客様名称:竹田運輸倉庫株式会社様

■本社所在地:富山県富山市大泉中町8番16号

■創業:1955年4月

■従業員:25名

■事業内容: 1.産業廃棄物収集運搬業
2.産業廃棄物中間処理業
3.特別管理産業廃棄物収集運搬業
4.一般廃棄物収集運搬業
5.一般廃棄物中間処理業
6.下水道管路のカメラ調査
7.下水道管路の更正工事及び止水工事(スナップロック工法、マグマロック工法、EPR工法)
8.貯水槽清掃及び道路側溝清掃
9.一般貨物自動車運送事業
10.倉庫業

■URL:https://www.i-takeda.co.jp/

竹田運輸倉庫株式会社様

導入ソリューション

■RICOH Cloud OCR for 請求書


  • 本ページに掲載されている情報は、2020年10月現在のものです。

「RICOH Cloud OCR for 請求書」導入検討ガイド

PDF版無料ダウンロード

イメージ

RICOH Cloud OCR for 請求書の特長、メリット、業務改善例、製品詳細を
わかりやすくまとめた “「RICOH Cloud OCR for 請求書」導入検討ガイド” を
ご用意いたしました。ぜひご一読ください!

以下のような内容を掲載しています。

  • RICOH Cloud OCR for 請求書とは
  • 製品概要
  • 改善提案事例
  • サービス価格 など

ダウンロード

この事例を印刷用にダウンロードしてご利用いただけます。

お問い合わせ

お問い合わせ

ソリューションに関するお問い合わせをお気軽にご利用ください。

お問い合わせ