地方自治体窓口のDX支援

Caora 申請書作成ソリューション

※タブレットPC・Caoraの画面表示はイメージです。

自治体への申請書作成を自動化
「書かない窓口」の第一歩に

申請書を作成するたびに記入が必要となる、個人情報(氏名・住所・生年月日・性別)を自動転記します。

地方自治体の窓口で住民が申請書を作成する際に、マイナンバーカード・運転免許証などに記載されている個人情報があらかじめ印字された申請書を、その場で手軽に印刷。氏名・住所などの記入作業が不要となり、必要事項を追記するだけで提出できます。申請者の手間を軽減するとともに、窓口での応対・確認工数を削減し自治体DXの推進をご支援します。

〈ご利用イメージ〉

画像:タブレットPCで必要な申請書の種類を選択

タブレットPCで
必要な申請書の種類を選択

画像:顔認証付き本人確認装置で本人確認書類の読み取りと顔認証

顔認証付き本人確認装置で
本人確認書類の読み取りと顔認証

画像:個人情報が記載済みの申請書が印刷されるので必要事項を追記し窓口に提出

個人情報が記載済みの申請書が印刷されるので
必要事項を追記し窓口に提出

Caora 申請書作成ソリューションの4つの特長

運転免許証・在留カードなどの、多券種に対応!

本人確認書類5券種に標準対応しているため導入しやすく、幅広い住民の利用が可能です。また、在留カード対応により外国人の住民にもサービスを手軽にご利用いただけます。

画像:運転免許証・在留カードなどの、多券種に対応!

面倒なパスワード入力無しで、情報を読み出し!

本人確認書類から自動で文字情報を抽出し、パスワードを自動で生成。申請者は面倒なパスワードを意識することなく、スピーディーな操作が可能になります。

  • マイナンバーカードのパスワードは自動入力します。

画像:面倒なパスワード入力無しで、情報を読み出し!

顔認証機能による、セキュリティ準拠!

万一の、拾ったカードなどによる、悪意のある第三者のなりすまし操作・申請を防止。また、窓口で必要とされている顔確認についても、申請者へのマスク取り外し依頼といった職員の方の負担を軽減しながら実現できます。

画像:顔認証機能による、セキュリティ準拠!

職員の方ご自身で、簡単に申請書への印字項目を設定可能!

ノーコードで簡単に設定できる申請書作成アプリケーションを無償でご提供。職員の方ご自身で導入時の設定はもちろん、サービス開始後の申請書変更も可能です。

画像:職員の方ご自身で、簡単に申請書への印字項目を設定可能!

Caora 申請書作成ソリューション システム構成

手書き申請書を取り扱う自治体の窓口業務を
既存システムに手を加えることなく、簡単にDX!

画像:Caora 申請書作成ソリューション システム構成

  • 機器はお客様のご要望に合わせた組み合わせでご提供します。詳細は販売担当者にご確認ください。

お見積り・お問い合わせ

ご質問・お問い合わせはこちらから受け付けています。お気軽にご相談ください。